新作
新・ミナミの帝王12 ~命の値段~
新・ミナミの帝王12 ~命の値段~
330ポイント~

新・ミナミの帝王12 ~命の値段~

銀次郎の命を狙う怪しい影―。竜一を人質にとり、身代金1億7千万円を要求する犯人。その背後で暗躍する恐るべき“黒幕”の正体とは!?

新作を観るならクランクイン!ビデオ新作映画5本が月額990円

14日間無料体験

2017年 1話

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 (最終話) 命の値段

    大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎(千原ジュニア)はある夜、路地裏に響く銃声を耳にする。撃たれたのは銀次郎の顧客・轟洋二郎(猪俣三四郎)。轟は大事そうに持っていた手帳を銀次郎に託すとそのまま力尽きる。その日から銀次郎に怪しい影がつきまとい始めた。ミナミの大物・沢木英雄(赤井英和)によると、ある組織が銀次郎の命を狙っているという。一方、銀次郎の舎弟・坂上竜一(大東駿介)は、カフェの美人オーナー・篠宮凜(高橋メアリージュン)に恋心を抱き、店の資金繰りに追われる凜を支えようと銀次郎から借金をしていた。そんなある日、馴染みの喫茶店を訪れた竜一は客を装って現れた男に突然拘束される。男は爆弾を仕込んだベストを竜一に着せると、1億7千万円を用意しなければ爆破すると脅迫。人質になった竜一は銀次郎に電話で助けを求めるが…。

作品詳細

スタッフ

[原作]天王寺大[劇画]郷力也[脚本]ひかわかよ[演出]瑠東東一郎[プロデューサー]南口博孝/神山明子/増田幸一郎[音楽]PE'Z/櫻井真一[主題歌]BRADIO[制作]カンテレ/メディアプルポ
(C)天王寺大・郷力也/カンテレ/メディアプルポ