クランクイン!ビデオ クランクイン!ビデオ

ライン・オブ・デューティ 汚職特捜班 3
ライン・オブ・デューティ 汚職特捜班 3
151ポイント~

ライン・オブ・デューティ 汚職特捜班 3

警察組織内部の腐敗と戦う汚職特捜班を描く、最上級の英国犯罪ドラマのシーズン3。

2016年 6話

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    ダニー・ウォルドロン巡査部長率いる捜査チーム・50班は、組織内での殺人を企てた被疑者を追って住宅街へ。被疑者は無抵抗だったが、ウォルドロンが発砲し、被疑者を銃殺。「被疑者の発砲が先で、正当防衛である」と虚偽の証言をするようチーム全員に指示するが……。銃撃の後、疑惑のチームにはフレミングが潜入して操作することに。

  • 第2話

    ウォルドロンのチームへ潜入したフレミング。新メンバーとしてチームとともに行動するうち、彼女はウォルドロンによるチームへの圧力に気付く。そこから生まれた亀裂は、チームが証言を強要されたことを裏付ける助けになるが……ある悲劇が起きてしまう。

  • 第3話

    アーノットは、ウォルドロンが幼少期に施設で虐待にあっていたこと、そして加害者のリストを作っていたことを突き止める。その中には当時、市議の役に就いていた者の名前もあった。ウォルドロン亡き後のチームは、潜入捜査中のフレミングの揺さぶりが効き、メンバーのひとりが虚偽の証言をしたことを告白する。

  • 第4話

    ウォルドロンによるチームへの圧力が明るみに出た。そして、そのウォルドロンを殺害したのは自分だと、メンバーのひとりであるベインズが証言。しかしベインズはそれも強要されたと主張する。一方アーノットは、ウォルドロンが幼少期に受けた虐待の証拠を目の当たりにして、当時の捜査に疑問を持つ。

  • 第5話

    ウォルドロンは、自身が幼少期に施設で受けた虐待の証拠を集めていた。アーノットは捜査を進めようとするが、護送車襲撃事件の被疑者リンジー・デントンの裁判でアーノットに不利な証拠が次々とあがったため、圧力がかかる。

  • 第6話 (最終話)

    児童養護施設での虐待事件の捜査線上に、パトリック・フェアバンクという人物が浮かびあがる。彼は元AC12に所属していた警察官だった。フェアバンクの画策により、アーノットはこれまで関わった汚職や殺人に関与しているという証拠が出され、殺人容疑で逮捕されてしまう。

作品詳細

今回のAC-12は、犯人を射殺した巡査部長と、そのチームによる証言の真偽を追う。

スタッフ

[監督]マイケル・キーラー/ジョン・ストリックランド

関連キーワード

ヨーロッパ作品
(C) World Productions

シリーズ作品

  • ライン・オブ・デューティ 汚職特捜班 5
  • ライン・オブ・デューティ 汚職特捜班 4
  • ライン・オブ・デューティ 汚職特捜班 2
  • ライン・オブ・デューティ 汚職特捜班

【クランクイン!コミック】新着・話題のコミック

【クランクイン!コミック】総合ランキング

【クランクイン!コミック】おすすめの期間限定無料作品

【エンタメ情報】クランクイン! 編集部おすすめ