• TOP
  • >
  • 海外ドラマ
  • >
  • クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン9

お気に入りに追加

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン9

制作年:2013年/全24話/本編時間:41分

日米大ヒット!止まらないプロファイリング・アクションの傑作!

レンタル料金(税別)

ドラマセットでもポイントがご利用いただけます。(2017/12/31まで)
この機会にお得なセットでドラマをお楽しみください。

プレミアムプラン

月額900円で2,000円分の映画・ドラマが楽しめるお得なプラン

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

3840円/48時間

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

200円/48時間

  • 1話ずつレンタル
  • List
  • Grid

第1話 インスピレーション-前編-

3日間で女性2人の遺体がアリゾナ州グレンデールにあるアリゾナの公園で発見された。被害者は20代後半の独身女性で金髪、レイプされた後に心臓を撃たれ、祈りのポーズで遺棄されていた。BAUが現地入りした直後、別の公園で新たな被害者が発見された。今度は人妻で薄茶の髪、胃の中からは他人の前歯が発見された。他の被害者からも頭蓋骨の断片などが見つかったことから、犯人は殺す前、被害者に人肉を食べさせていることが分かる。リードは犯人がメスのカマキリだと妄想しているのではないかと推理するが…。

200円/48時間

第2話 インスピレーション-後編-

BAUが逮捕した犯人は誤認逮捕であったと判明した。ウォレス・ハインズだと思って逮捕した人物は彼の一卵性双生児の弟、ジェシー・ジェントリーだった。法律事務所の助手をしているジェシーには事務所の代表、マーク・アンダーソンが弁護につき、FBIを訴えると脅す。BAUが捜査を進めるうち、母のカーラが双子の父親に関する情報を隠そうとしていたことがわかる分かる。実の父親が事件解決のカギになるのか…。ひとつの顔、2つの指紋。ねじれて存在する2つの人生が交錯するとき、悲劇の第二幕が始まる。

200円/48時間

第3話 最後の銃声

JFKがダラスで暗殺されて50年。テキサス州ダラスのオフィス街で乱射事件が発生し、接点のない6名が亡くなった。現地に入ったBAUが捜査を進める中、モールに近い給油所で新たな乱射事件が発生した。一見、無差別に撃たれた事件に見えるが、実は標的がいたと判断したBAUは、両現場の被害者の接点を探る。確実に狙えるのは3人目までだと判断したBAUは3人目の被害者である福祉士のアリスについての調査を開始。アリスのメールを復元したところ給油所での被害者レベッカ・シュローダーの名が見つかった。

200円/48時間

第4話 声なき目撃者

メリーランド州ボルティモアの路上で早朝、身元不明の男が昏倒して発見された。言葉を話せないこの男は脳にロボトミー手術を受けていた。人格を変えるため、かつて行われていた禁断の手術だ。メンバーが事件の説明を受けているところに、新任のマテオ・クルーズ新部長がやってきて、BAUのメンバーたちと同行して現場に向かうと言う。病院で意識を取り戻した被害者と言葉を使わずコミュニケーションを取ろうと試みるモーガン。捜査を進めるうち、犯人は被害者のほかにも女性を捕えて監禁していることが分かった。 ?

200円/48時間

第5話 66号線

カンザス州ウィチタで16歳の高校生、サマンサ・ウィルコックスが恋人といた時に襲われ、誘拐された。犯人は仮釈放中の父親エディだ。「失踪して5時間だ。時間との勝負になる」と言った矢先、ホッチは意識を失って倒れ込み、病院に運ばれる。数年前、連続殺人犯のジョージ“リーパー”フォイエットに刺された傷跡が裂けて体内で出血したのだ。一方、現地に入ったBAUのメンバーがサマンサの母親を訪ね、娘が父親と連絡を取っていたことが判明する。大胆な逃亡劇を仕掛ける父と娘には明るい未来が訪れるのか。

200円/48時間

第6話 魔女裁判

ユタ州プロヴォの峡谷で岩の下に埋められていた女性の遺体が発見された。顔が潰され、両腕に裂傷、ノドにやけどがあり、ローブに着替えさせられていた。被害者は24歳の教員グロリアで、高校卒業後に入った宗教グループから最近抜けていたことが判明。その後、現場の周辺からは22歳のユタ大生アビーの遺体が発見され、さらに、犯罪歴のある男性の遺体が公園で発見された。リードは遺体に刻まれた焼き印と同じデザインが中世の家紋にあることを発見し、犯人は魔女狩りのつもりで天罰を下しているのではと推測する。

200円/48時間

第7話 地獄の門番

ボストンで男性3人の絞殺体が発見された。犯人は絞殺具を用い、夜に襲撃、財布を奪っていたが被害額は大金でなく、カードも使用していない。目撃者はいないが、3人目の被害者スコットは友人との電話中に襲われ、1時間後、遺体で発見された。現地に入ったBAUが捜査を進めるうち、犯人は被害者を監視して、特定のタイプを狙っていたのではないかと思われた。やがて犯人があるビルの住人を監視し、住人に悪影響を与えていた関係者を殺していることが判明する。犯人が被害者を狙う基準は一体何なのか…。

200円/48時間

第8話 少年兵士

イリノイ州シカゴの食堂で16歳の少年ギャヴィン・ロスラーが発砲し3人を射殺したが、たまたま居合わせた非番の警官に射殺された。向かいの防犯カメラに映っていた映像から、彼は約4年前に起きた未解決失踪事件の当事者だったことが判明。ギャビンギャヴィンを食堂まで送っていった運転手はギャビンギャヴィンの失踪後24時間以内に失踪した17歳の少年トレヴァー・マディソンだと分かり、その後彼は路上で車に立てこもり自爆した。少年たちを拉致した犯人は、何年もかけて兵士として育てあげ、機が熟すと少年たちに任務を遂行させたのだ。

200円/48時間

第9話 奇妙な果実

ワシントンD.C.に35年前から住むジョンソン家の裏庭から2体の白骨死体が発見された。夫チャールズは工務店を経営する模範市民で、妻ティナ、息子ライルの3人家族。発見された白骨は2体とも息子ライルと同年代の女性で、性器が切断され、10年前に埋められていた。DNA検査で1人の身元が判明した。ライルの高校の同級生、メアリーアン・ベックだ。BAUが取り調べ中に、さらに新たな白骨死体が発見され、それは35年前のものだと分かる。次々と発見される白骨が土の中に葬ったはずの秘密を暴いていく。

200円/48時間

第10話 いたずら電話

セントルイスで10歳のアンディが誘拐された。被害者宅には2週間前から “やっつけてやる”という男の子の声でいたずら電話が何度もあり、誘拐発覚直後には“僕がやったんだよ”という電話がかかってきた。リードは15年前のメンフィスで起こった未解決事件に似ていることに気付く。現地に急いだBAUが15年前の誘拐事件で記録されたテープをアンディの母に聞かせた結果、犯人の声が15年前の電話の声と全く同じ声だということが判明する。過去の世界から犯行を告白する謎の少年が、今夜もベルを鳴らす。

200円/48時間

第11話 怒りの鉄拳

ブレイクの故郷カンザスシティで50歳のモリソンがジョギング中に殴り殺された。1年前に起こった殺人事件と同一犯だと考えたブレイクの父親は、引退した身分だが娘にBAUの捜査協力を要請してきた。地元警察で殺人課の刑事をしているブレイクの弟スコットは2つの殺人事件は無関係だと感じているが、仕方なく協力することに。ブレイクが1年前の事件の第1発見者である犠牲者の父親から真実を聞き出すと、今回の事件との関連性が判明する。引退した老刑事のカンが、かすかな真実のかけらを集め、驚くべき真相へと導く。

200円/48時間

第12話 ブラック・クイーン

2004年、カリフォルニア州FBIサンノゼ支局。ブラック・クイーンの異名を取る指折りのハッカーであるガルシアがFBIに捕まり、ホッチから刑務所かFBIの情報分析官になるかの選択を迫られていた。ガルシアがBAUに入った頃、サム・ラッセルが8件の殺人罪で逮捕された。彼の処刑が2週間後に迫ったある日、司法省とサンノゼ警察がハッキングの被害を受けた。BAUがラッセルの有罪判決を再検証することになり、ガルシアもチームと一緒に現地に向かう。10年を経て明かされる甘く苦い記憶とは?

200円/48時間

第13話 帰郷

ロッシのベトナム時代の上官、ハリソン・スコットから“君の親切に感謝を込めて”というメッセージと共に、ロッシの自宅に高価な銃が届けられた。スコットが退役軍人支援施設で立ち直ろうとしている時にすることではないと心配したロッシは、休暇を取ってロサンゼルスに向かう。一方、BAUのチームは大量殺人が発生したクリーブランドへ。犯人は90分間に場所を変え4人を射殺した。被害者は老人を恐喝していたギャング、ひったくり強盗の高校生という犯罪者ばかり。犯罪者をその場で殺し続ける謎の犯人の存在は善か悪か。

200円/48時間

第14話 200

JJとクルーズ部長が突然失踪した。BAUのメンバーたちはJJが国務省に異動していた頃、極秘任務に就いていたことを知る。この失踪事件で司法省、国防総省、国務省が大慌てだということは、救出が優先されない可能性があるため、チームがなんとしても2人を救出するしか方法はない。リードとガルシアは国家機密区分情報施設に行き、極秘任務について調べるうち、JJがストラウス、クルーズと一緒に、中東にいる写真を発見した。誰も知らなかった空白の過去が埋まるとき、過酷な運命の歯車が回り始める。

200円/48時間

第15話 アンダーソン夫婦の悩み

ペンシルベニア州ピッツバーグで48時間に2件の殺人事件が発生。被害者たちは絞殺後、下着姿でシャワーカーテンに包まれ、ハイウェーで遺棄されていた。捜索願が出ないような女性たちを狙った犯行で、遺体にレイプの跡はない。捜査を進めるうち、犯人は男女の2人組で何らかの恋愛関係があり、殺人は彼らの前戯ではないかと思われた。BAUの依頼で地元警察が似た手口の未解決事件を探したところ、犯人は夫婦で1994年から最低13人を殺害していたことが判明。そんな中、初めて男性の遺体が発見された。

200円/48時間

第16話 天使の失踪

ミシシッピ州ハッティズバーグでギャビーという名の少女が失踪した。母親のケイトから一人娘のギャビーを預かった従妹のスーが、夜更けの駐車場に車を止め、眠っていたギャビーを車に残して店で買い物をしていた数分の間に、ギャビーは車から姿を消してしまったのだ。現地に飛んだBAUはわずかな隙を狙った犯行であることから、計画的なものだと推理し、統計的に見てケイトの元夫ダグが容疑者として浮かび上がった。無事に救出するには24時間以内に見つける必要がある。少女の命を救う24時間の闘いが始まる。

200円/48時間

作品詳細

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン9

前シーズン、新たな女性捜査官アレックス・ブレイクがBAUに着任。才色兼備のエリートだが、ある事情で出世コースから失脚したという複雑な過去を持つ。

一方、BAUは彼らを標的にストーカーのようにつきまとう“レプリケーター”と対決して辛くも勝利したが、ストラウス部長の命を奪われてしまう…。新シーズンでは、BAUのリーダーである捜査官アーロン・ホッチナーは、FBI上層部からストラウスの後任の部長の座をオファーされる。現場を去るかどうかの決断に苦悩する…。そんな時、アリゾナ州で女性の連続殺人が起こりチームは現地へ向かう。レイプ後に射殺された女性たちの遺体は全て祈るようなポーズをさせられていた…。それぞれプライベートで問題を抱えながらも、常に強い意志と勇気を持ち続け、全米各地で絶え間なく起こる異常犯罪に立ち向かうため、今日も彼らは専用ジェットに乗り込む―。

スタッフ

[製作総指揮]マーク・ゴードン

この作品を見た人におすすめ

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン8

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン7

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン6

クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン5

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン4

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン3

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン2

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン1

アンカーウーマン

ライフ・アフター・べス

クワンティコ シーズン1

グレイズ・アナトミー シーズン11

グレイズ・アナトミー シーズン10

グレイズ・アナトミー シーズン9

グレイズ・アナトミー シーズン8

グレイズ・アナトミー シーズン7

グレイズ・アナトミー シーズン6

グレイズ・アナトミー シーズン5

グレイズ・アナトミー シーズン4

最近チェックした作品

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン9



PAGE TOP