リベンジ シーズン3
リベンジ シーズン3
220ポイント~

リベンジ シーズン3

人気のサスペンスドラマ、復讐劇が予期せぬ波乱を迎えるシーズン3!美しき復讐劇のその行方は!?

初回登録で新作映画が3,000円分楽しめる

14日間無料体験

2013年 22話

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 恐怖

    グレイソン・グローバル社が爆破され、FBIに逮捕されたノーラン。さらにエミリーは、自らの正体をジャックに告白。あれから半年―グレイソン家は崩壊寸前に陥り、ひとり屋敷に残ったヴィクトリアは息子パトリックを呼び寄せ密かに暮らしていた。一方、ノーランの釈放を機に宿敵ヴィクトリアへの“最後の復讐”に動き出すエミリー。知事に就任したコンラッドの“肖像画お披露目パーティー”を企画した彼女は、再びグレイソン家を集結させる。しかし、パーティーで演壇に立ったコンラッドが突然倒れ意識不明となり…。

  • 第2話 原罪

    ジャックに「夏の間に終わらせて、消えろ」と突き離されたエミリーは、復讐の実行に焦り始める。コンラッドの病を案じるダニエルを前に彼女は「結婚しましょう」と言い、夏中に式を挙げる段取りを整え、次なる復讐の準備にも取りかかっていた。新たな復讐相手は、グレイソン・グローバル社の元社員ポール。ところが、彼の調査に動いたノーランは、現在神父となったポールは善人で復讐に値する人間ではないと背を向ける。その頃、エミリーの元恋人エイダンは、ヴィクトリアに“エミリーへの復讐計画”を持ちかけていた。

  • 第3話 懺悔

    ノーランの前で自分の過ちを認めたエミリーは、復讐のやり直しとしてポール神父を味方につけ、コンラッドにすべての罪を告白させることを思いつく。「罪を犯して報いを受けるのは当然だもの」「カトリック教徒なら懺悔すればいい」と、エミリーは病に倒れ自責の念にかられるコンラッドを言葉巧みに操っていく。一方、ヴィクトリアはノーランの家で開かれるパーティーにエイダンを誘う。またノーランも偶然出会ったパトリックをパーティーに招いていた。そしてエイダンと腕を組みパーティー会場に現れたヴィクトリアは…。

  • 第4話 慈悲

    自首を決めポール神父と警察に向かうコンラッドだったが、事故に見舞われた2人は病院へ搬送される。ポール神父は間もなく死亡。軽傷で済んだコンラッドは「神の導きを感じた。事故は“早まるな”というお告げかも」と、自首することを思い止まってしまう。さらに、運転していたのはポールだったというコンラッドの証言のもと、警察はポールによる事故と決め捜査を打ち切ることに。しかし、コンラッドとダニエルが画策して殺人をもみ消したと疑わないエミリー。すると、ジャックが殺人を裏付ける重要証拠を見つけ出す。

  • 第5話 支配

    エイダンは車のブレーキに細工をした犯人はジャックであり「あんたを殺そうとした」とコンラッドに告げると、エミリーには「コンラッドはブレーキに細工をされたことを知らない」と嘘をつき、“復讐”の水面下で単独行動を開始する。間もなくしてコンラッドに命じられたエイダンは、銃を片手にジャックの部屋に侵入。そんな不穏な動きを察知したヴィクトリアは、この状況を利用してエミリーに罠を仕掛けようと企む。一方、パトリックは、元妻に2万ドルを渡して自分の過去を暴こうとしたノーランに激しい怒りをぶつける。

  • 第6話 分解

    8月8日の結婚式を5週間後に控えた、ある朝。エミリーは、ノーランとパトリックの親密な関係を知ってしまう。復讐計画のためにも「別れるしかない」と言い渡すエミリーに、思い悩むノーランはジャックに相談に行く。そこで彼はエミリーと“復讐の共謀関係”にあることも告白。後日、その事実を知ったエミリーはノーランに激怒し、2人は決裂の危機を迎える。その頃、グレイソン家では、ブレーキに細工をした犯人がパトリックだったと判明。コンラッドの報復を知ったヴィクトリアは、パトリックの身を守ろうと奔走する。

  • 第7話 復帰

    ヴィクトリアをグレイソン家に留め、自分の人生を元通りにしようと必死なコンラッドは、新たな広報担当としてビジー・プレストンを雇う。凄腕で知られるビジーは、直近の独立記念日のパーティーで“幸せなグレイソン一家”を売り込むためと、家族を調べ上げコントロールしようとしていた。それを聞いたノーランは、かつてビジーから酷い仕打ちを受けた恨みがあり、彼女への“復讐”を狙う。一方、エミリーとダニエルを別れさせるには時間がないと焦るヴィクトリアは、エイダンに「エミリーをベッドに誘って」と命じる。

  • 第8話 禁断

    シャーロットはヴィクトリアを巻き込み、ダニエルと元恋人サラとの復活愛に賭けていた。2人の思惑通り、ダニエルとサラは急接近し密会を繰り返すようになっていく。すべてを知ったエミリーは、ダニエルに気づかれぬよう尾行を開始。そしてサラの前に現れた彼女は、悲劇の婚約者を演じ、結婚式を絶対に壊さないことを約束させる。ところが、ヴィクトリアには“エミリーを陥れるもうひとつの計画”があった。なんと“花嫁の祝福パーティー”の余興でエミリーの元夫ローハンを登場させようと秘密裏に動き、準備万端に整えていた。

  • 第9話 降伏

    結婚式まで48時間に迫ったある日。マルゴーの雑誌“ヴーレ”で、エミリーとダニエルのウエディング特集が組まれることになった。結婚式の衣装で撮影に臨む2人。しかし、サラへの想いを断ち切れないダニエルの態度はよそよそしく、エミリーは彼の気持ちを取り戻そうと“ある嘘”をつき、勝負に出る。一方、ハンプトンに戻ってきたリディアはコンラッドを巧みに誘い出すと、彼の寝室にあったファイルからエミリーの正体を暴く“過去の写真”を探し当てる。不敵の笑みを浮かべるリディアは、エミリーへの“復讐”を企む。

  • 第10話 脱出

    戦意喪失したヴィクトリアを、どうにか結婚式に出席させるため、コンラッドの手を借りたエミリー。そして、ようやく結婚式の日を迎えるが、式場に向かうその時、彼女の前に“過去の写真”を持ったリディアが現れ、取引を持ちかけてくる。すぐにエイダンに助けを求めたエミリーは、取引の後始末を頼む。ところが、“家族そろってのハネムーン”の船旅にコンラッドはリディアを連れて来てしまう。しかも、リディアは船内で密かにヴィクトリアに接触。この予想外の出来事が、エミリーの“最後の復讐”を思わぬ方向に誘う。

  • 第11話 生還

    “エミリー・ソーンがハネムーン中に行方不明になった”と、メディアが大々的に報じる中、海に捜索に向かったエイダンが漁船に隠れていたエミリーを発見。病院に搬送された彼女は、腹部に2発の銃弾を受けたことから大量出血していたものの一命を取り留める。しかし、意識を取り戻した彼女は、すべての記憶を失っていることに気づきパニック状態に陥る。一方、船に同乗していた人々を調査していた警察はヴィクトリアに疑いの目を向けていくが、その裏で、アリバイがないリディアはコンラッドに偽証を頼み込んでいた。

  • 第12話 忍耐

    面会に来たジャックの話を聞くうちに記憶を取り戻したエミリーは、事件の全貌を鮮明に思い出すと、自分を撃った真犯人の名前を明かす。エミリーの身に危険が迫ると察したエイダンは、“復讐”の師であるタケダの娘ニコに「最後の頼みだ」と言い、救出を依頼する。 その矢先、パトリックがノーランの家から“秘密の箱”を盗み出す。それを受け取ったヴィクトリアは、箱に収められていた手帳や写真をエミリーに突きつけ「場違いな詐欺師を、どう追放しようかしら」と脅すが、既に“復讐再開”の決意を固めていたエミリーは…。

  • 第13話 憎悪

    “復讐再開”を始めたエミリーは、ヴィクトリアとダニエルの前で、グレイソン家に残ることを宣言。宣戦布告と受け取ったダニエルは、サラを屋敷に招き入れる。それを知ったヴィクトリアは「エミリーは我が家に心理戦を仕掛けている」「サラまで巻き込むと、捻り潰される」と、たしなめるが、ダニエルは聞く耳を持たない。一方、ノーランはパトリックへの“復讐”として、彼の出生の秘密が記された警察の調書を手に入れる。実父ジミー・ブレナンの存在を知ったパトリックは、隠された過去についてヴィクトリアを問いつめる。

  • 第14話 回帰

    突然意識が遠のき、気づくとホテルの一室で寝ていたエミリーは、ノーランに助けを求める。ホテルの監視カメラの映像には、コンラッドと酒を飲み、誰かに電話をかけているエミリーの姿があった。まったく記憶のないエミリーだったが、そこへ昨晩の電話の相手というコンラッドの前妻スティービーから連絡が入る。すると、エミリーは再び意識を失い倒れてしまう。無意識の中で凶暴化した彼女は、ノーランを罵るばかりか、エイダンの身を危険にさらしていく。そんな中、ニコは日本刀を片手に、エミリーを待ち構えていた。

  • 第15話 苦悩

    謎の“記憶障害”に襲われ続けていたエミリーは、病院へ行くことも、ハンプトンから出ることもできず、自分を追いつめていた。ひとりで苦しむエミリーの姿を見かねたノーランは、町を出ようとしていたエイダンを「彼女を救えるのは、もうおまえしかいない」と、引き留める。エイダンはタケダの教えにならって、エミリーに苦痛を与え、眠っている記憶を必死で引き出していく。そして“記憶障害”を克服したエミリーは、自分の家へと戻り、父の手帳を目にすると、スティービーが生前の父を獄中に訪ねていたことを思い出す。

  • 第16話 屈辱

    密かに探偵を雇っていたダニエルは、エミリーとエイダンの親密な関係を物語る写真を手に入れ「これで結婚を終りにできる」と、ヴィクトリアと喜びを分かち合っていた。一方、スティービーを警戒したエミリーは、彼女の素性を調査。また、スティービーもジャックの家にあった写真から、エミリーの正体に疑問を持ち始めていた。そんなある日、オペラ鑑賞会の席でエミリーの“妊娠の嘘”を知ったヴィクトリアは、観客の前で彼女を徹底的に辱める。ヴィクトリアとダニエルは勝利を確信するが、なんとその裏でエミリーは…。

  • 第17話 依存

    パスカルが事件に関与していたことを確信したエミリーは、決定的証拠をつかもうと豪華なチャリティーカジノ“モンテカルロ・ナイト”を企画し、彼への接近を試みる。そして、彼の正体を探り始めると、スティーヴィーから「パスカルはヴィクトリアと付き合っていた。でも、いつの間にか捨てられた」と、過去の2人の関係を知らされる。その頃、パスカルはヴィクトリアとの復縁を望み、コンラッドと“ある取引”を成立させようとしていた。一方、エイダンは“謎のメモ”から、自殺した父とパスカルに接点があったと気づく。

  • 第18話 帰郷

    ノーランの力を借りても、パスカルと父との関係を裏付ける証拠が見つけ出せないエイダンは、エミリーを伴いロンドンの実家を訪ねることを決める。すると2人は、父が自殺した納屋の中で、“オスカー・チャップマン”という名前が刻まれた机を発見。「親父からのメッセージだ」と疑わないエイダンは、この“謎の人物”の調査を始める。そんなある日、ヴィクトリアは伝記作家のメイソンを獄中に訪ねていた。エミリーと“197便の爆破事件”との関連性について探る彼女に、メイソンは条件付きで“ある情報”を教えると言い出す。

  • 第19話 盟友

    メイソンから“オスカー・チャップマン”の正体を聞き出したノーランは、その行方を追い、“ブレンダ・エヴァンズ”という女性の存在を突き止める。彼女は20年前に偽のIDを使用し、チャップマンの口座から金を引き出していた。共犯者と睨んだノーランとエイダンは、彼女の自宅前で張り込みを開始する。一方、エミリーは競馬場でヴィクトリアと密談をしていた、元グレイソン・グローバル社のエリート社員ルーク・ギリアムに接触。彼が“197便の爆破事件”に関する“ある切り札”を持っていることをエミリーは知っていた。

  • 第20話 革命

    「なにもかも偶然じゃない」と、エミリーの目的が“デヴィッド・クラーク事件”に対しての“復讐”だと気づいたヴィクトリア。不安を隠せない彼女に、パスカルは結婚を申し込む。しかし翌朝、国土安全保障省の捜査官を装ったエミリーに拉致された彼は、盗聴器を身に着け、コンラッドとヴィクトリアから証拠となる自白を引き出すよう命じられる。そして、パスカルが向かった場所は、雑誌“ヴーレ”が開発した新作アプリの発表会場。怪しい気配を察したコンラッドは、パスカルを屋上へ連れ出すと常軌を逸した行動に出る。

  • 第21話 監禁

    屋上でのやり取りの一部始終を見ていたエミリーは、身の危険を感じていたが「なんとしてでもトドメを刺す」と覚悟を決め、シャーロットを監禁する。カメラの前で泣き叫ぶシャーロットの映像とともに「無実の男に罪をなすりつけた事を公表しろ」と、コンラッドを脅迫。続けて、切り落としたシャーロットの片耳を送りつけると、コンラッドとヴィクトリアは記者会見を開きすべての罪を告白することを決意する。ところが、その矢先“あるDNA鑑定の結果”を手に入れたヴィクトリアは、シャーロットの誘拐を疑い始める。

  • 第22話 (最終話) 処刑

    警察に逮捕されたコンラッドは陰謀説を訴え保釈を要求するが、裁判長はすぐさま却下した上に、“デヴィッド・クラーク事件”の捜査再開の決定まで言い渡す。束の間の勝利に祝杯を挙げるエミリーたち。しかしその頃、エミリーがデヴィッドの娘であることを確信したヴィクトリアは「エミリー・ソーンにも私と同じ苦痛を味わわせてやる」と、さらなる“復讐劇”のシナリオを描き始めていた。一方、独房に閉じ込められたコンラッドは“脱獄”を計画。看守を買収し、外に出た彼を待っていたのは、まさかの…“あの男”だった!!

作品詳細

遂に復讐の終焉に向けて動き出したエミリー。しかし、復讐が新たな復讐を招き、交錯する憎悪で大波乱の展開が見逃せない!新たなキャストも登場し、裏切りと陰謀はさらに深まり予測不能な関係に!

全米で1000万人以上の視聴者を獲得し、虜にさせた大ヒット傑作サスペンス『リベンジ』。グレイソン・グローバル社が爆破され、FBIに逮捕されたノーラン。さらにエミリーは、自らの正体をジャックに告白。あれから半年―待望のシーズン3は、ウエディングドレス姿のエミリーが銃弾を浴び、クルーザーから落ちる衝撃のシーンで幕を開ける。遂にヴィクトリアにトドメを打つ“復讐”の最終プランを実行するエミリー。しかし、復讐が新たな復讐を招き、交錯する憎悪の中、エミリーは大波乱の渦に巻き込まれていく。美しき復讐の行方は…!?

スタッフ

[製作]グレッチェン・J・バーグ/アーロン・ハーバーツ/サニル・ネイヤー
(C) ABC Studios