リベンジ シーズン2
リベンジ シーズン2
220ポイント~

リベンジ シーズン2

全米を虜にした大ヒットサスペンス・ドラマ! 美しく冷酷な復讐劇が始まる―

初回登録で新作映画が3,000円分楽しめる

14日間無料体験

2012年 22話

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 運命

    ヴィクトリアの飛行機事故直後、実の母が生存していると知ったエミリーは、自分たちを引き裂いた人間を探し出し“新たな復讐”を行おうと考えていた。2か月後、復讐の師・タケダの下で更に厳しい修行を重ねた彼女は、ノーランと共にハンプトンの街に舞い戻る。母との記憶を辿り、2人が向かったのは、既に閉鎖されたある病院。そこで面会者名簿を見つけると、ヴィクトリアが精神科病棟に入院していた母カーラを訪ねた記録が残されていた。あの夏から1年…エミリーは再びグレイソン家に近づき“新たな復讐劇”を開始する。

  • 第2話 復活

    キャッツキルの隠れ家にいたヴィクトリアは、“白髪の男”の手を借り、娘シャーロットと共に国外逃亡を図ろうとしていた。しかし事態は一転。監視カメラでヴィクトリアの日常を見張るエミリーは、計画を阻止しようとある裏取引に動いていた。窮地に追いやられたヴィクトリアは、コンラッドと共謀。警察に連絡すると「“白髪の男”に誘拐され、暴行されていた」と証言し公の場に姿を現す。その頃、エミリーは“白髪の男”ことゴードンを誘き寄せ、母の情報を聞き出していた。なんとゴードンは母の殺害を命じられたという。

  • 第3話 信頼

    タケダの下で修業を共にしたエイダンに命を救われたものの、エミリーは彼の協力を頑なに拒否。しかし、エイダンはゴードンの遺体からモーテルの鍵を密かに持ち出し、調査を進めていた。モーテルの部屋には、ヴィクトリアを乗せた事故機のフライトレコーダーが隠されてあった。一方、グレイソン家ではダニエルが、母ヴィクトリアの偽造パスポートを入手。“誘拐”“暴行”といった嘘が露わになることを恐れたヴィクトリアは、メディア操作を企み、記者会見の席で娘シャーロットの実の父、そしてアマンダの存在を暴露する。

  • 第4話 直観

    グレイソン家に迎えられたアマンダは夕食の席に招かれる。しかしヴィクトリアの目的はアマンダが持つ“父の手帳”を奪うことだった。そんな矢先、グレイソン家の階段からアマンダが転落。救急搬送され緊急分娩で男の子を出産するが、アマンダは昏睡状態に陥ってしまう。偶然にもニュースで事故を知ったエミリーの母カーラは、病院へと車を走らせる。アマンダの横で「大丈夫よ…」と見守るカーラ。そんな母の姿を見たエミリーは、幼い頃に封じ込めた辛い過去を思い出していた。それは母と過ごした最後の夏の日だった…。

  • 第5話 容赦

    エイダンの調査で母がゴードンと夫婦関係にあったことを知ったエミリーは、“死んだ父のための復讐”に再び目覚めていた。そこでグレイソン・グローバル社の内部調査を行うようエイダンを送り込むと、社が危機的状況に置かれていることが判明。そんな中、アマンダの正体を追う伝記作家メイソンが、突然病室へやって来る。カーラに疑惑を抱く彼は、いきなり「なぜ20年間も死んだと嘘をついていたのか?」と直撃。その後、メイソンはグレイソン家にも押しかけると、ヴィクトリアを挑発し“ある秘密”を探ろうとする。

  • 第6話 幻想

    知り過ぎた男メイソンの気をそらすため、エミリーは彼に“白髪の男・ゴードン殺害事件”を調べるよう罠を仕掛け始める。数日後…ヴィクトリアとコンラッドの結婚式当日、メイソンはあるキャンピングカーへと向かっていた。そこで彼が発見したのはゴードンの遺体と、コンラッドのカフスボタン。警察による家宅捜索が行われ、結果コンラッドは容疑者として逮捕されてしまう。身に覚えのない容疑に困惑するコンラッドだったが、そこへ巨大な黒幕組織アメリコン・イニシアティブのヘレンが現れ、保釈を促す取引を持ちかける。

  • 第7話 贖罪

    ヴィクトリアから「エミリーは少年刑務所上がり」と聞いたメイソンは、エミリーの過去を調べ上げていた。そして刑務所時代に撮ったエミリーとアマンダの写真を入手すると、“2人は恋愛関係にあったのでは? ”と探りを入れ始める。その執拗な詮索に限界を感じたアマンダは、エミリーの忠告を無視し「全てを告白する」とメイソンの家へ乗り込んでいく。そんな中、ゴードンの死を知ったカーラは、グレイソン家への報復を心に決めていた。不穏な空気を察したヴィクトリアは「カーラに殺される」と怯えていたが、既にカーラは…。

  • 第8話 起源

    舞台は今から6年前の感謝祭__35年ぶりに不仲の母と再会したヴィクトリアだったが、家族を前に“殺人の罪を着せられた”忌まわしい少女時代の記憶と、母への憎悪をぶちまけてしまう。そんなヴィクトリアに近づこうとしていたエミリーは、タケダの導きで初の“復讐”に着手し、ノーランは自社の株式公開日を迎える。一方、ジャックの家では事件が勃発。バーを経営するジャックの父は、ここ数日、不審な男につきまとわれ「用心棒代を払え」と脅かされていた。そして感謝祭の晩、銃の発砲音が港に響き渡るとそこには…。

  • 第9話 露見

    エミリーの計画通り、ダニエルはグレイソン・グローバル社のCEOの座を狙い、ノーランの会社ノルコープの買収に動き出していた。しかし、息子のCEO就任を許さないヴィクトリアは陰でコンラッドと結託。そんな2人の前にアメリコン・イニシアティブのヘレンが現れ、ダニエルの身に危険が迫っていると告げる。一方、息子カールの洗礼式を迎えたジャックは、そこで亡くなった父の親友マークと再会。彼との会話からバーの共同経営者ライアン兄弟に不信感を抱き始めたジャックは、彼らの素性をノーランに探ってもらう。

  • 第10話 権力

    ヘレンは「父親以上の富と権力を手に入れることができる」と誘い、グレイソン・グローバル社のCEOに就任したダニエルを操り始めていた。そんな息子の身を案じるヴィクトリアは、エミリーに助けを求めダニエルとの復縁話を持ちかける。既に、次なる“復讐”の標的をグレイソン家と懇意のバーンズ判事夫妻と決めていたエミリーは、この機会を利用しようとヴィクトリアの申し出を快諾。その頃、ジャックの弟デクランは、バーの倉庫でライアン兄弟の荷物を物色していた。すると、ある袋の中から大量の麻薬を見つけ出し…。

  • 第11話 妨害

    ヘレンがダニエルと秘密裏に連絡を取り合っていると知ったヴィクトリアは、遂にアメリコン・イニシアティブへの妨害を決意する。ほどなくしてエミリーは、“チャリティー・ワインオークション”を開催。彼女はそこにヘレンを招き、エイダンと共に“ある復讐計画”を実行しようとしていた。一方ダニエルは、ノーランが過去に研究開発した最強プログラム“キャリオン”の情報を入手する。極秘扱いで開発されたプログラムの存在を、なぜダニエルが知っているのか? ノーランはかつてのパートナー、マルコに疑いの目を向ける。

  • 第12話 結託

    “復讐”のためにダニエルとの関係を進めていくエミリー。2人は、ヘレンに指示されたストーンへブン・ユナイテッド社買収のためLAを訪れる。しかし、そこで彼らを待っていたのはヴィクトリアだった。いかなる手段を使っても契約を阻止したい彼女は、競合相手のジェイソン・プロッサーを誘い買収競争に参加させる。エイダンもまた、密かにLAに向かっていた。なんと彼はヘレンから呼び出され、生存しているという妹コリーンの命と引き換えに、「24時間以内にヴィクトリアを殺せ」と命じられていた。そしてエイダンは…。

  • 第13話 結婚

    ジャックとアマンダの結婚式を目前にしたある日。コンラッドはライアン兄弟の弟ネイトと組み、ジャックの店の権利を半分奪い取っていた。彼らの目的は港一帯の再開発計画。その事実を知ったアマンダは、エミリーのPCを盗み出しコンラッドに脅しをかける。一方、ダニエルとヘレンを引き離そうと画策していたヴィクトリアは、最終手段に出る覚悟を決める。それは、ダニエルにデヴィッド・クラーク事件の真実を語る“証拠書類”を全て見せ、巨大黒幕組織アメリコン・イニシアティブとヘレンの正体を告白することだった。

  • 第14話 犠牲

    カーペットに死体を包むコンラッドとダニエル。変装し車で出かけるヴィクトリア…。グレイソン家では、ヘレン殺害の隠ぺい工作が行われていた。翌朝、コンラッドから「今回の後始末はアマンダに押し付けよう」と提案されたヴィクトリアは、彼女をアメリコン・イニシアティブに差し出す策を練り始める。そんな中、アマンダはジャックと船でハネムーンに旅立つ。数日後、エミリーは偶然目にした写真から、2人の船にネイト・ライアンが潜んでいることに気づく。危険を感じたエミリーは、ノーランと共に海へ救出に向かう。

  • 第15話 報復

    ジャックは一命を取り留めた。しかし、アマンダの死に動揺を隠せないエミリーは、グレイソン家が黒幕と疑わず、更なる“復讐”を下そうと動き出していた。その矢先、ヘレンがいなくなったことも知った彼女は、エイダンにアメリコン・イニシアティブを調べるよう指示。一方、グレイソン家には、ヘレンの代理と名乗るトラスクという男が現れる。彼はヘレンの行方を捜索しているばかりか、アマンダの調査にも乗り出していた。そして、盗まれたPCを探しにアマンダの部屋を訪れたエミリーは、そこでトラスクの存在を知る。

  • 第16話 露呈

    ジャックに相談もせず、亡きアマンダの名で慈善団体を立ち上げたグレイソン夫妻。なんと彼らは、この団体口座を利用し、資産の全てを隠そうと企んでいた。そんな中、ジャックは事件の晩の不可解さを紐解こうと、ひとりで調査に動いていた。なぜ、自分だけが助かったのか? 病院に運んだのは誰か? すると、ある男の証言から事件に関わる重要人物の名が浮かび上がる。一方、エミリーはグレイソン家で思いもよらぬ人物と再会する。イーライ・ジェームズというその男は、エミリーの正体にまつわる隠された過去を知っていた。

  • 第17話 勝利

    エミリーの乳兄弟イーライは、グレイソン夫妻が設立した“アマンダ・クラーク基金”の共同代表に選ばれる。そんな彼に不信感を拭えないエミリーだったが、ある日、彼の目的が2人にとっての養母メレディスへの“復讐”にあると聞かされる。しかもメレディスは、エミリーの父から届いた手紙を隠し持っているという。一方、パドマは拉致された父から「“キャリオン”を持ってきてくれ」とのメッセージを受け取る。引き渡しまでの猶予は2日間。ノーランは“キャリオン”のファイルに細工をし、エイダンと共に現場に向う。

  • 第18話 仮面

    グレイソン家ではハロウィーン恒例の“仮面舞踏会”が開催されようとしていた。刑務所のメイソンからヴィクトリアの新たな秘密を知ったエミリーは、真相を暴こうと次々に罠を仕掛け彼女を追いつめていく。1973年消印の手紙、黒いバラの花束…謎のメッセージと不気味な贈り物に怯えるヴィクトリアは、遂に「10代で妊娠した」「母の恋人にレイプされた」とコンラッドに告白してしまう。その頃、エイダンは行方不明のパドマを追い“アメリコン・イニシアティブ”のトラスクを待ち伏せていた。銃を手に忍び寄るエイダンは…。

  • 第19話 本性

    「隠し子は中絶した」と言うヴィクトリアは、証拠となる医療記録を取り寄せていた。州知事選も佳境を迎えたコンラッドは、その記録を目にするなり“同情票”が得られると踏み、TVインタビューの場でヴィクトリアの過去を全て公表しようと企む。一方、パドマ殺害容疑で警察に連行されたノーランが、ようやく釈放される。早速エミリーは「“ファルコン”がいたからパドマは死んだ」「私ひとりじゃ無理」と、ノーランと共に“ファルコン”を倒す決意を固める。そしてエミリーはヴィクトリアを操り、“ファルコン”を誘き寄せる。

  • 第20話 婚約

    エイダンから「結婚しろ。そしてヤツらを倒せ」と背中を押されたエミリーは、再びダニエルと婚約。2週間後にはパリへ旅立ち、そこで永住する予定も立てていた。しかし、やはり複雑な心境のエイダンは、エミリーの“復讐”を終わらせようと考える。そのために“アマンダ・クラーク基金”の口座にあるグレイソン家の資産を全て奪い取ることを計画。ノーランが刑務所にいる“ファルコン”に取引を持ちかけ、口座へのハッキングを試みる。一方、ダニエルの婚約を許さないヴィクトリアは、エミリーを呼び出し激しく問い詰める。

  • 第21話 真実 前編

    エイダンがグレイソン家の資産を引き出した途端、NY中が大停電に見舞われる。送電網だけではなく、オートメーション化されたシステム全体が停止し、通信ネットワークも全滅状態に陥った。“キャリオン”が実行されたと知ったノーランは、口座にアクセスしたエイダンが実行犯にされる仕組みになっていたことにも気づく。「第2のデヴィッド・クラークになる」と、エイダンに逃げるよう指示するエミリー。そして彼女は“アメリコン・イニシアティブ”の狙いを探りにタケダの下へと向かう。その直後、NYに再び光が戻るが…。

  • 第22話 (最終話) 真実 後編

    大停電に続いて、今度はグレイソン・グローバル社が爆破された。コンラッドが救助活動を指揮する中、次々と運び出されていく負傷者たち。エミリーは、そんな彼の目を盗みジャックを救出するためビル内に侵入する。しかし、その時ジャックは、既にノーランの下へと向かっていた。ノーランの話から、コンラッドに命を狙われていると知ったジャックは、ひとりで“復讐”することを決意。一方、ダニエルは爆発犯をエイダンと思い込み警察に通報するが、コンラッドからヴィクトリアも知らない“驚愕の真実”を告げられる。

作品詳細

美貌と頭脳、そして圧倒的な行動力を武器に、亡き父親の仇“グレイソン家”を追いつめたエミリー。しかし事態は、彼女の想定を遥かに超えて動き出す―。母親との驚愕の過去、グレイソン家を操る黒幕の存在、そしてエミリーを襲う衝撃…高級住宅地ハンプトンを舞台に、更なる陰謀とそれぞれの思惑は深まっていく。エミリーの標的は、どこへ向かうのか?

スタッフ

[製作]マイク・ケリー/マーティ・ボーウェン/ウィック・ゴッドフリー
(C) ABC Studios