24 -TWENTY FOUR- シーズン6
24 -TWENTY FOUR- シーズン6
165ポイント~

24 -TWENTY FOUR- シーズン6

ジャック・バウアーと引き換えに、テロ制圧…!?

初回登録で新作映画が3,000円分楽しめる

14日間無料体験

2007年 24話

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 6:00

    あれから2年―アメリカ国内では短期間でのテロ攻撃が相次ぎ、被害者数が膨れ上がっていた。頭を悩ます大統領ウェイン・パーマーは、苦渋の決断をする。それは、20ヶ月間中国政府に監禁されていたジャック・バウアーを開放させることだった。

  • 第2話 7:00

    ファイエドの拘束から逃れたジャックは、大統領にアサド急襲作戦を中止するよう呼びかける。だが大統領はジャックを信用しない。作戦が続行されようとしているのを見て取ると、ジャックは直接アサドの潜伏先へ急行し、アサドを助け出す。

  • 第3話 8:00

    ジャックの情報が正しかったことを知った大統領の元に、ファイエドから電話が入る。ファイエドは停戦を約束する代わりに、1時間以内にアメリカ政府に拘束されている自由の戦士ら110人を解放することを要求する。

  • 第4話 9:00

    ファイエドの真の目的はハッサン・ヌメールの釈放にあった。自由の身となったヌメールは、旧ソ連が開発した半径800メートルを壊滅状態にできる小型核兵器を起爆させるために動き出す。

  • 第5話 10:00

    米国土で核爆弾が爆発した。残る核爆弾はあと4つ―ファイエドは残りの核爆弾を起爆設定できる技術者を探し始める。

  • 第6話 11:00

    弟グラハムの尋問を続けるジャックは、グラハムが雇ったマッカーシーという下請け業者が核を横流ししていた事を知る。

  • 第7話 12:00

    決定的な裏切りの事実をつかんだジャックはCTUの協力の下、弟グラハムの身柄を拘束する。執拗な尋問を受けたグラハムは、自らが過去に犯した驚愕の犯行の数々を自供する。

  • 第8話 13:00

    ジャックの追跡を巧みにかわしたマッカーシーは、700万ドルの報酬に目が眩んだ女に裏切られ殺害されてしまう。マッカーシーの遺体を発見したジャックは、携帯の通話記録からファイエドの居所を突き止め、現場へと急行する。

  • 第9話 14:00

    ファイエドが核の起爆装置を持って逃亡した。グレデンコがテロ計画に深く関与していたことを突き止めたCTUは、LAに潜伏しているらしいとの情報から捜索に総力を挙げる。

  • 第10話 15:00

    グレデンコの隠れ家を知るマリリンは、ジャックの父親に息子を人質にとられてしまう。捜査に協力すれば息子を殺すと脅され仕方なくジャックを偽の住所へ連れて行くとそこで大爆発が起こる。

  • 第11話 16:00

    失脚した元大統領チャールズ・ローガンがグレデンコの行方の鍵を握っているということが分かった。探し当てた隠れ家からは何も発見出来ず手詰まり状態のCTUは、ローガンを唯一の手掛かりとし、ジャックに全ての望みを託す。

  • 第12話 17:00

    リードが仕掛けた爆弾が大統領の至近距離で爆発した。この爆発でアサドは死に、大統領は意識不明となる。代わりに実権を握った副大統領は、大統領が却下したトム・レノックス法案を推進しようと目論む。

  • 第13話 18:00

    グレデンコの居所を掴んだジャックがロシア総領事館に拘束された。CTUでは新任のドイルが中心となり、ジャックを救出するための急襲作戦が練られる。

  • 第14話 19:00

    シャドーバレーから核爆弾を搭載した1機の無人飛行機が発進された。衛星で飛行機の発射を捉えたCTUは、至急ウォルシュ将軍にF-16戦闘機での撃墜を要請する。

  • 第15話 20:00

    副大統領は中東への核による報復攻撃を命じた。攻撃までのタイムリミットは1時間―第三次世界大戦の勃発をなんとか避けたいCTUは、グレデンコを1時間以内に捕らえようと捜査に全力を挙げる。

  • 第16話 21:00

    パーマー大統領の意識が戻った。だが彼の職務復帰を何としても阻みたい副大統は、パーマーを閣僚会議にかけ、職務遂行の適性を問う。一方ファイエドの生け捕りに成功したジャックは、恩赦を条件に捜査に協力するというグレデンコの要求を呑む。

  • 第17話 22:00

    パーマー大統領の勅令により中東に向け核が発射された。標的となった国の大使は、上級司令官のハビーブ将軍がファイエドと通じ、テロに関わっていた旨を白状し、核攻撃の中止を必死で懇願する。

  • 第18話 23:00

    オードリーが生きていた。中国政府はオードリーの命と交換に、ロシア製核爆弾の起爆装置の回路基盤を持ってくるようジャックを脅迫する。

  • 第19話 24:00:00

    倒れたパーマーの代わりに政権を握った副大統領は、ジャックの作戦を全面中止し、ジャックを拘束するようCTUへ命じる。その動きを察し、基盤を持って逃走したジャックは、CTUの追跡をかわしながらオードリーと基盤との交換場所へ急ぐ。

  • 第20話 1:00

    基盤がチェンの手元に渡ってしまった。CTUはホワイトハウスの命令に背いたジャックを拘束し、オードリーにチェンの行方の手掛かりを聞く。だが、オードリーはチェンの拷問により精神障害を引き起こしていた。

  • 第21話 2:00

    CTUはオードリーの残した言葉を手掛かりに、中国工作員の拠点と思われる銅精製会社を突き止め、急襲チームを派遣する。ジャックは自らの不始末にカタを付けるため、作戦に参加できるようナディアに懇願する。

  • 第22話 3:00

    ジャックとCTU一同は中国武装部隊の拘束を何とか逃れる。ジャックは拉致されたジョシュの後を追い、無事ジョシュを取り戻すものの、あと一歩という所でチェンを取り逃がしてしまう。

  • 第23話 4:00

    副大統領は対ロシア戦争を回避するため、フィリップ・バウアーとの取引に応じることにした。スワロフ大統領が与えた、基盤奪回までの猶予は2時間。ドイルは基盤と交換するため、ジョシュをフィリップの指定した場所へと連れて行く。

  • 第24話 (最終話) 5:00

    父との確執、ついに決着!ジャックは人生を取り戻せるのか…。

作品詳細

唯一アメリカを救える男、ジャックを演じるのは、もちろんキーファー・サザーランド。拷問の跡も痛々しい、苦悩をすべて背負い込みながら闘う男を熱演。今回からは製作総指揮にも名を連ね、いつにも増して心に響く演技を披露している。

ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が中国政府に拉致されてから2年後。全米11都市で自爆テロが発生し、事態を収拾できない米国政府は手をこまねいていた。そんな折、テロ首謀者であるアサドの情報を教えてもいい、という連絡がファイエドなる男から入る。ただし、ファイエドは交換条件としてジャックを要求。ジャックはテロ制圧の“生け贄”となるために戻ってくる―。

スタッフ

[監督]ジョン・カサー/ブラッド・ターナー/ブライアン・スパイサー/ミラン・チェイロフ[企画]ジョエル・サーノウ/ロバート・コクラン
(C)2007 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.