• TOP
  • >
  • 邦画
  • >
  • 遺体 明日への十日間

お気に入りに追加

遺体 明日への十日間

制作年:2012年/本編時間: 105 分

2011年3月11日 あの未曾有の災害に直面し困難な状況と向き合った人々がいた 彼らには、悲しむ時間さえ無かった

レンタル料金(税別)

プレミアムプラン

月額900円で2,000円分の映画・ドラマが楽しめるお得なプラン

HD(高画質)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

400円/48時間

SD(標準画質)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

300円/48時間

作品詳細

遺体 明日への十日間

東日本大震災直後の遺体安置所での出来事を、西田敏行主演、君塚良一監督で描いた人間ドラマ。震災で甚大な被害を受けた岩手県釜石市の遺体安置所を取材した石井光太氏のルポタージュ「遺体 震災と津波の果てに」(新潮社刊)をもとに、震災直後の混乱のなか、次々と運ばれてくる多くの遺体に戸惑いながらも、被災者である釜石市民の医師や歯科医たちが、犠牲者を一刻も早く家族と再会させてあげたいという思いから、遺体の搬送や検視、DNA採取や身元確認などのつらい作業にあたる姿が描かれる。主演の西田のほか、緒形直人、勝地涼、國村隼、佐藤浩市、柳葉敏郎ら豪華俳優陣が出演する。

2011年3月11日、東日本の太平洋沿岸を大規模な津波が襲い、岩手県釜石市にも甚大な被害が発生する。一夜明け、一向に被害の全容が把握できない中、廃校となった中学校の体育館を遺体安置所として使うことが決まる。ほどなく、その遺体の多さに誰もが言葉を失ってしまう。医師や歯科医師たちによるいつ終わるとも知れない検死作業が続く中、民生委員として働く相葉常夫が遺体安置所を訪れ、ボランティアを願い出る。かつて葬儀関連の仕事をしていた相葉は遺体の扱いにも慣れ、遺族の気持ちも理解できた。運び込まれる遺体一人ひとりに優しく声を掛け、決して尊厳を損なうことなく接するその姿は、作業に当たる職員たちの模範となり、いつしか遺族たちにとっても心の拠り所となっていく。

スタッフ

[監督][脚本]君塚良一[プロデューサー]高橋正秀/古郡真也/清野真紀/前田久閑[音楽]村松崇継

この作品を見た人におすすめ

人生の約束

ラブ&ピース

武士の献立

清須会議

大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]

ステキな金縛り

はやぶさ/HAYABUSA

探偵はBARにいる

星守る犬

火天の城

ザ・マジックアワー

自虐の詩

半落ち

ゲロッパ!

花とアリス殺人事件

コドモ警察

北のカナリアたち

東野圭吾「分身」

阪急電車 片道15分の奇跡

ムサシ ロンドン・NYバージョン

最近チェックした作品

遺体 明日への十日間



PAGE TOP