"インディペンデント映画の父" 孤高の映像作家ジョン・カサヴェテス作品特集

"インディペンデント映画の父" 孤高の映像作家ジョン・カサヴェテス作品特集

“インディペンデント映画の父”とも称されるジョン・カサヴェテス。今になっても世界の映画監督に影響を与え続けています。彼を代表する5作品をお楽しみにください。
  • アメリカの影

    ニューヨーク、マンハッタンに暮らす売れないジャズ歌手のヒュー、作家志望のレリア、トランペット奏者になる夢を持つベンの三人兄妹。ある日、レリアはパーティーで知り合った白人男性トニーと恋に落ちる。しかし、レリアの家を訪ねたトニーは、彼女が黒人との混血であることを知り動揺し、レリアを傷つけてしまう。それに気付いたヒューはトニーを追い出すのだが…。
  • フェイシズ

    地位も名誉もある実業家リチャードは高級娼婦ジーニーの家で一夜を過ごす。家に戻ったリチャードは妻マリアに唐突に離婚を切り出し、再びジーニーの元へ行ってしまう。とまどうマリアは、夜遊びに出かけたディスコで知り合った若者チェットをベッドを共にし、ゆきずりの夜を過ごす。翌朝、事の重大さに気づいたマリアは自殺を図るが…。
  • こわれゆく女

    土木業の現場監督ニックの妻であり、三人の子供の母親でもあるメイベルは、愛情の強さゆえに感情をコントロールできず、精神のバランスを欠きがちだった。ある夜、夫婦水入らずで過ごす約束をニックの突発的事故のために反故にされたメイベルは、街のバーで知り合った男を家に連れ込んでしまう。やがてメイベルの奇行が増え、それを周囲の人々に知られるようになり…。
  • チャイニーズ・ブッキーを殺した男

    L.A.の場末にあるストリップ・クラブのオーナー、コズモ。長年の借金を払い終え、ついに一国一城の主となった感触に浸るコズモは、踊り子たちを連れて盛大に街へと繰り出した。しかし秘密クラブのポーカー賭博でマフィアの罠に嵌められたコズモは、たちまち多額の借金を背負わされ、暗黒街のボス"チャイニーズ・ブッキー"の暗殺を引き受けざるを得なくなってしまう…。
  • オープニング・ナイト

    有名舞台女優マートルは"老い"をテーマにした新作『第二の女』に取り組んでいた。ある夜の公演後、群がるファンをかき分け、彼女にすがりつく熱狂的ファンの少女に出会うが、少女はマートルの車を見送った直後、対向車に跳ねられ即死する。以来、マートルは少女の幻影を見るようになり、次第に精神に変調を来たし始める…。