クランクイン!ビデオ クランクイン!ビデオ

新作
春になったら
春になったら
330ポイント~

春になったら

父と娘。3ヶ月しかない、ものがたり。

毎週木曜日0:00より最新話見逃し配信中!

2024年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 3ヶ月後に結婚する娘とこの世を去る父

    助産師の椎名瞳(奈緒)は6歳のときに母を亡くし、以来22年間、父・雅彦(木梨憲武)と反発し合いながらも支え合って暮らしてきた。助産師の仕事に誇りを持ち、日々幸せを感じている。一方の雅彦は、頑固で破天荒な自由人。瞳を心から愛し、敏腕実演販売士として働いてきた。2024年の元旦、互いに報告があった2人は同時に発表することに。すると瞳は「3ヶ月後に結婚します」、雅彦は「3ヶ月後に死んじゃいます」と告白し、互いにがく然とする。雅彦は、瞳の恋人・川上一馬(濱田岳)が10歳年上の売れないお笑い芸人だと知り、結婚に猛反対。瞳も、ステージ4の膵臓がんだという雅彦の告白をうそだと決めつけ、反対されても絶対に結婚すると言い張る。数日後、瞳は雅彦の言い分を確かめるべく、雅彦の主治医のもとを訪ねて…。

  • 第2話 娘と伊豆へ!父の死ぬまでにやりたいことリスト

    雅彦(木梨憲武)は、一馬(濱田岳)がバツイチの子持ちだと知り大激怒。瞳(奈緒)と人目もはばからず激しい言い争いを繰り広げる。怒りが爆発した瞳は雅彦のことなど構わず一度はキャンセルした結婚式を決行すると息巻くが、一方で、雅彦に祝福されて結婚したいという思いは捨てきれない。そんな中、徐々に体に異変を感じ始めた雅彦は、瞳の“結婚までにやりたいことリスト”にならい、“死ぬまでにやりたいことリスト”を作る。そこには雅彦の最後の願いが詰まっていた。それを見た瞳は、なぜ雅彦がこうも簡単に死を受け入れるのか分からなくなってしまう。そこで、主治医である阿波野弘(光石研)を訪ね、雅彦の本当の気持ちを聞き出そうとするが…。さらに、瞳は雅彦が生きることに理由を見出し治療を受ける気になるよう、ある作戦を考える。

  • 第3話 父娘で遊園地へ!婚約者はお笑い賞レースに参戦

    瞳(奈緒)とともに伊豆を訪れた雅彦(木梨憲武)が、突然激しい痛みに襲われ倒れた。幸い持っていた痛み止めの薬で事なきを得るが、雅彦の急変にうろたえることしかできず、事の重大さを感じた瞳は“結婚までにやりたいことリスト”を訂正する。そんな中、一馬(濱田岳)がお笑い賞レースに出場すると宣言。これまで予選落ちの一馬だったが、瞳は優勝して雅彦に結婚を認めてもらおうと言い出す。雅彦を怒らせ、生きることに執着させようとする作戦が失敗に終わったため、今度は一馬の実力を認めさせ安心してもらいたいと考えたのだ。そして雅彦は、次の“死ぬまでにやりたいこと”を叶えるため、瞳を遊園地に誘う。実は、そこには父親としてのある特別な思いがあったのだが、当日、遊園地には一馬と息子の龍之介(石塚陸翔)も一緒にやって来て…。

  • 第4話 親友と48年ぶりに再会!学生時代の償い

    「結婚のことは、待ってほしい」―。瞳(奈緒)は、今は雅彦(木梨憲武)のことだけを考えたいと、一馬(濱田岳)に正直な気持ちを伝える。しかし、偶然出会った阿波野(光石研)から自分の幸せも考えてほしいと諭されるが…。一方、ショックを受けながらも瞳との結婚をあきらめきれない一馬は、あることを決意する。まずは雅彦の願いをかなえようと考えた瞳は、死ぬまでにやりたいことリストの『神(じん)に謝る』を実行するため、雅彦の同級生だった“神健一郎”を見つけ出す。長年抱えていた後ろめたい気持ちを払拭するべく、瞳に背中を押された雅彦は神(中井貴一)の元を訪ねる。久しぶりに会った神は、雅彦だと分かった途端、顔をこわばらせる。さらに、「謝らなきゃいけないのは僕の方だよ」と言うが、雅彦には身に覚えがなく…。

  • 第5話 涙の大喧嘩再び!すれ違う父娘の想い

    再び岸(深澤辰哉)と会った雅彦(木梨憲武)は、自分の葬式を仕切ってほしいと頼む。岸は雅彦の頼みに戸惑いを隠せず、瞳(奈緒)も葬式のことなど想像したくないと怒りだすが、そんな2人をよそに最後は明るく見送られたいと話す雅彦。そして、阿波野(光石研)からすすめられた『人生ノート』を書き始めて…。その頃、学習塾の講師として働き始めた一馬(濱田岳)は、正社員としての雇用が決まる。これで雅彦にも瞳との結婚を認めてもらえるはずだと喜ぶが、それはすなわち、芸人をやめるということ。話を聞いた瞳は、雅彦に娘の花嫁姿を見せたいという一馬の優しさを理解しつつも、結婚の保留を望む自分の気持ちを置き去りにされたことで、モヤモヤが募る。一方で、一馬の決断は龍之介(石塚陸翔)との親子関係にも暗い影を落とし―。

  • 第6話 娘へのサプライズ!父が下した決断

    一馬(濱田岳)が芸人をやめ、龍之介(石塚陸翔)が家出する事態に責任を感じた瞳(奈緒)は、一馬との結婚をやめると宣言。 同じ頃、人生ノートを書き終えた雅彦(木梨憲武)は、やはり瞳と別れるのが寂しいと阿波野(光石研)に本音をこぼす。一方で、これ以上は隠し通せないと中井(矢柴俊博)と加賀屋(葵揚)に自分が末期の膵臓がんであることを告白。治療は受けないという雅彦の強い覚悟に2人は言葉を失う。婚約を解消し、心おきなく雅彦のことに専念できると思っていた瞳だったが、心はどこか落ち着かない。雅彦もまた、結婚が破談になったと聞いても手放しで喜ぶ気にはなれず、もやもやした気持ちを抱えたまま日増しに強くなる痛みと闘っていた。そんな中、瞳から結婚をやめたと報告を受けた岸(深澤辰哉)が椎名家を訪ねてきて…。

  • 第7話 ふたりで最後の家族旅行!芸人の一大決心

    雅彦(木梨憲武)がサプライズで開いた退院祝いを機に、一馬(濱田岳)との関係を修復した瞳(奈緒)。雅彦も、一馬や龍之介(石塚陸翔)の隣で幸せそうに笑う娘の姿に、もう2人の結婚に反対はしないと決める。一方で、病魔は容赦なく雅彦の体をむしばみ、できないことが増えていくことへの悔しさと不安を募らせる。そんな思いを払拭するかのように、瞳が“結婚までにやりたいことリスト”に書き足した願いを叶えるべくキャンプに行こうと提案する。瞳は、雅彦の体調が心配で躊躇するが、まき(筒井真理子)から雅彦が楽しみにしていると聞いて覚悟を決める。さらに、節子(小林聡美)のアドバイスを受け以前から行きたかったエステや料理教室に行くが、何をしていても頭に浮かぶのは雅彦のことばかり。その頃、一馬はあることを決意して…。

作品詳細

3ヶ月後に結婚する娘と3ヶ月後にこの世を去る父。母を亡くし、反発しながらも支え合ってきた父娘が、「結婚までにやりたいことリスト」と「死ぬまでにやりたいことリスト」を実現していくかけがえのない3ヶ月間を描いた、笑って泣けるハートフル・ホームドラマ。

スタッフ

[脚本]福田靖[音楽]福島節[主題歌]福山雅治[プロデューサー]岡光寛子/白石裕菜[演出]松本佳奈/穐山茉由[制作協力]ホリプロ[制作著作]カンテレ

関連キーワード

見逃しドラマ
(C)カンテレ

【クランクイン!コミック】新着・話題のコミック

【クランクイン!コミック】総合ランキング

【クランクイン!コミック】おすすめの期間限定無料作品

【エンタメ情報】クランクイン! 編集部おすすめ