新作
インフォーマ
インフォーマ
220ポイント~

インフォーマ

カリスマ情報屋×ポンコツ週刊誌記者が目眩く欲望と愛憎と因果の渦に飲み込まれながらも真実を追う!

毎週水曜日12:00より最新話見逃し配信中!

2023年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 カリスマ情報屋とポンコツ記者、奇妙なバディ誕生

    主にゴシップ記事を扱う『週刊タイムズ』の記者・三島寛治(佐野玲於)は、ある日、編集長の指示で、尼崎まである人物を迎えに行く。待っていたのは、どうみてもカタギではない男・木原慶次郎(桐谷健太)。木原は元2代目西宮会の若頭補佐で、現在は情報屋の中でも都市伝説的な存在“インフォーマ”として、その名を知られる人物だった。木原は三島を自らの運転手に指名し、歌舞伎町のキャバクラへ足を運ぶ。そこで三島は木原の顔見知りのホステス・ナナ(北香那)から意味深な言葉を投げかけられる。三島が理由を尋ねようとした次の瞬間、スマホが鳴り、木原の表情が一変する。それは、前代未聞とも言える第一の殺人事件の知らせだった…。

  • 第2話 第2の火だるま事件

    国土交通副大臣が、街中で火だるまになって死んだ。その凄惨な手口から、過去に因縁のある男(森田剛)ら3人組の仕業だと確信した木原(桐谷健太)は、三島(佐野玲於)を連れて、とあるレストランへ向かう。そこで待っていた六車連合の組長・河村恭介(淵上泰史)に三島は木原からことづかったデータを渡す。そのデータを見た河村は激高。絶体絶命と思われたそのとき、木原が現れ…。3人組の居場所をつかんだ木原は潜伏先へ向かう。命の危険を察知した三島は何とか逃げ出そうと試みるが、木原がそれを許すはずもなく、同行してカメラを回せと指示される。そこで見たのは…。

作品詳細

週刊誌の“四流”記者が元ヤクザの情報屋の運転手に!?社会を裏で操る“インフォーマ”との出会いで、地獄への扉が開く――!圧倒的リアリティと、スタイリッシュかつエモーショナルな映像で描く、前代未聞のクライムサスペンス!

スタッフ

[原作・監修]沖田臥竜[脚本]酒井雅秋/澤口明宏[音楽]堤裕介[総監督]藤井道人[監督]藤井道人/逢坂 元/曽根隼人/林田浩川[協力プロデュース]岡光寛子[プロデュース]豊福陽子/角田道明[制作協力]株式会社Lat-Lon[制作著作]カンテレ

関連キーワード

小説関連作品 見逃しドラマ
(C)沖田臥竜/サイゾー文芸部/カンテレ