新作
罠の戦争
罠の戦争
330ポイント~

罠の戦争

ハマっているのは、お前か、俺か。

毎週金曜日12:00より最新話見逃し配信中!

2023年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 弱き者の復讐劇が幕を開ける!愛する家族を守れ

    衆議院議員・犬飼孝介(本田博太郎)の第一秘書を務める鷲津亨(草彅剛)は、20年前、路頭に迷っていた自分に手を差し伸べてくれた犬飼に恩義を感じ、以来、命がけで犬飼に尽くしてきた。亨の献身的なサポートにより、犬飼は内閣府特命担当大臣にまで上り詰めたが、女性を軽視した発言で世論の反発を招き、内閣総理大臣・竜崎始(高橋克典)からも冷ややかな目で見られている。ある日、大臣就任後初の政治資金パーティーで、不穏な動きを見せる青年・蛯沢眞人(杉野遥亮)が招待客に紛れ込み、犬飼の様子をうかがっていた。そんな中、亨のもとに妻・可南子(井川遥)から、息子・泰生(白鳥晴都)がけがをして意識不明の重体だと知らせが入る。何者かによって歩道橋から突き落とされたらしいが、翌日、捜査を担当する刑事からは事故の可能性を告げられる。

  • 第2話 逆襲の時!パワハラ秘書を排除だ

    息子の命を軽んじた犬飼(本田博太郎)に激しい怒りの炎を燃やす亨(草彅剛)は、犬飼を失脚させようと決意。まずは大臣の懐刀である、政策秘書の虻川(田口浩正)を排除する作戦に打って出る。亨によれば、虻川は事務所の金庫番で犬飼も知らない金の流れをすべて把握しているため、うかつにクビにはできないという。そこで亨は、虻川の裏帳簿を手に入れようと画策。眞人(杉野遥亮)には虻川の動きを見張ってほしいと頼む。眞人は亨に言われた通り虻川の行動に目を光らせるが、そこには、今は亡き大切な家族への思いが秘められていた――。一方の虻川は、亨が自分を陥れようとしていることをすでに察知していた。亨が雑誌記者の熊谷由貴(宮澤エマ)と手を組み、犬飼の息子・俊介(玉城裕規)の不正を暴こうとしていることを知った虻川は…。

  • 第3話 ついに激突!憎き大臣の弱みを暴け

    当初事件として捜査されていた泰生(白鳥晴都)の一件は、何者かの圧力により事故扱いに。そのうえ、バスの中で老女に席を譲るよう泰生に促された男が、泰生を追うようにバスを降りたことが分かる。永田町では、亨(草彅剛)が虻川(田口浩正)に変わって政策秘書へと昇進。一方で、民政党幹事長の鶴巻(岸部一徳)が、幹部たちを集めて次の総選挙が早まりそうだと通達していた。亨は犬飼からすべてを奪うチャンスがきたと奮い立ち、必要な材料を集めようと虻川の裏帳簿のコピーを調べ始める。すると、犬飼の息子・俊介(玉城裕規)があちこちで暴力沙汰を起こし、そのたびに示談金を支払って解決していた事が判明。すぐさま泰生の事件を思い出した亨の脳裏には、ある疑惑が…。そこで、毎日犬飼と行動をともにする運転手の牛尾(矢柴俊博)に目をつける。

作品詳細

命をかけて尽くしてきた政治家に裏切られた議員秘書。ある日、突きつけられたのは、息子が瀕死の重傷を負う事件。そして“先生”からのその事件の“もみ消し”指示と、思いもよらない裏切りだった。権力を振りかざす連中から、その力を奪い取ってやる―。弱者による強き権力者への復讐劇! 知略を尽くして鮮やかな“罠”を仕掛け、悪しき政治家を失脚させるリベンジエンターテインメント!

スタッフ

[脚本]後藤法子[音楽]菅野祐悟[主題歌]香取慎吾×SEVENTEEN[プロデューサー]河西秀幸[監督]宝来忠昭[演出・プロデューサー]三宅喜重[制作著作]カンテレ

関連キーワード

見逃しドラマ
(C)カンテレ