クランクイン!ビデオ クランクイン!ビデオ

無料あり
魔王学院の不適合者 II ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~
魔王学院の不適合者 II ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~
0ポイント~

魔王学院の不適合者 II ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~

暴虐の魔王《不適合者》が魅せる新時代への軌跡 第四章《大精霊編》

2022年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 神の授業

    「この平和な世でわざわざ俺に挑んだのだ。相応の覚悟はしていような」人と魔族の戦争を阻止したアノスの前に、四邪王族が一人、エールドメード・ディティジョンが魔王学院の教師として現れた。しかもエールドメードは自らを天父神てんぷしんノウスガリアと名乗り、暴虐の魔王を滅ぼす新たな“神の子”が魔王学院にいるという。あらゆる理不尽をものともしない《不適合者》は新たな戦いへ!

  • 第2話 魔王の知恵比べ

    「ハンデなどいくらあっても足りはしないぞ。なにせ、この俺に挑むのだ」魔王学院に潜む“神の子”を探すアノスたち。仲間たちが二千年前の魔族から襲撃を受ける中、アノスは熾死王軍参謀、ジーク・オズマと知恵比べで対決することに。アノスが“神の子”の正体を予想して相手の判定を受け、一定回数内に当てるというものだ。アノスが導き出した解答、そしてジークの真の目的とは――!?

  • 第3話 精霊の学舎

    「これからだ。お前たち、とっておきの芸を出せ」遠征試験の名目でゼーヘンブルグを訪れたアノスと一回生たち。アノスの目的は「精霊の森アハルトヘルンで待つ」と伝言を残したかつての右腕、シン・レグリアである。森への道中、アノスは情報屋の少女・リィナと出会う。同じくアハルトヘルンを目指す彼女を連れて、一行は森の深淵へと進む。そこで見たものとは…。

  • 第4話 精霊の試練

    「それがお前の真体だったわけだ―」精霊王に謁見するため、大樹エニユニエンの試練に挑み続けるアノスたち。次なる試練「グニエールの階段」は20本の道から5本の正解を選ぶという、ほとんど運試しの難問だ。しかしリィナの助言もあり、アノスたちはそれぞれ天辺を目指していく。そして精霊王の城に一番乗りしたレイとミサが、いよいよ最後の試練へ!

  • 第5話 皇族と混血の狭間で

    「せいぜい栄華の夢を見ているがよい。本物の魔王が帰るまでな。」デルゾゲードに現れたアヴォス・ディルヘヴィアは伝承と噂に支配されたミサだった。彼女はディルヘイド中の魔族に自身を信奉させ、アノスを滅ぼすことを宣言。 アノスたちはミサを救うために魔王城へ。一方、街中ではアヴォスに支配された者たちが混血の魔族を襲っていた。その脅威はアノスの両親にも及び……!

  • 第6話 母なる大精霊と魔王の右腕

    「俺の名はアノシュ。アノシュ・ポルティコーロだ。」アノスたちはデルゾゲードの地下迷宮に潜入。 アヴォス・ディルヘヴィアとの対決の前に、ミサの出生の秘密、アノスの右腕シン・レグリアの意図、そして大精霊レノの死の真相を確かめるべく、《時間遡航(レヴァロン)》で二千年前のガイラディーテへと向かう。 自身が滅びた後の世界で、アノスが見たものは――。

  • 第7話 ただ一振りの剣の如く

    「やられても愉快そうに笑っているのだから始末に負えぬ。」二千年前の大精霊の森アハルトヘルン。少年の姿に変化したアノスは旅芸人アノシュ・ポルティコーロと名乗り、しばらく滞在して調査することに。アノスたちが大精霊レノと、転生前のアノスより彼女の護衛任務を受けたシンの様子を見守る中、熾死王エールドメードが神族の情報を持ってレノを訪ねてきた。

  • 第8話 魔王のいない魔族の国

    「せめてこの夢でぐらいは、救われねば嘘だろう。」アハルトヘルンでのアノスたちの調査は続く。アヴォス・ディルヘヴィアの《暴虐の魔王》としての根源を変えることは叶わないが、レノからあるヒントを得たアノス。レイはシンを相手に剣技の修練に励んでいた。その後、アノスはエールドメードを追ってデルゾゲードへ。そこで彼らは人間を虐げる魔族たちと遭遇する。

  • 第9話 二千年後に祈りを込めて

    「目をそらすなよ、ミーシャ。俺たちはそれを見届けるために、ここまで来たのだ」 二千年後に起こりうるアノスと人間の衝突を回避するため、勇者カノンは自らが偽りの魔王となる計画を進め、シンもその決意を認める。そんなシンの変化を見て、レノはシンへの恋を自覚して結婚を申し込む! 二人の結婚式に沸き立つアハルトヘルンの森。そして役目を終えたシンの転生の日も迫り……。

  • 第10話 憎しみは過去に

    「そんなに俺とまともにやり合うのが怖いか? アヴォス・ディルヘヴィア」大精霊レノとシンが辿った悲劇を見届け、現代のデルゾゲードに戻ってきたアノスたち。そこではアヴォス・ディルヘヴィアに洗脳されたメルヘイスや魔族たちによる、混血へのさらなる迫害が行われていた。アノスは彼らを退けつつ玉座の間へ。理滅剣ヴェヌズドノアを奪わんとするアヴォスと対峙する!

  • 第11話 その宿命を断ちきるために

    「お前は心おきなく奴を滅ぼせ。後のことなど気にせずにな」 愛するミサを解放するためアヴォスに挑むレイ。しかし天父神ノウスガリアがアヴォスに加勢し、レイのエヴァンスマナの力を封じてしまった。そこにアノスがシンとともに登場。シンは亡き妻の仇を討つべくノウスガリアと対戦するが、神の強大な力に苦戦。その時、二千年ぶりに聞くあの声が――。

  • 第12話 不適合者

    「そんな神ならば、この世にいらぬ」 ついに理滅剣ヴェヌズドノアを掌握したアヴォス・ディルヘヴィア。《暴虐の魔王》のすべてを奪い君臨する敵に対し、アノスは余裕の笑みを向けるが…。さらに《神の子》でもあるアヴォスの計略により、神話の時代の《破滅の太陽》が蘇ってしまった! あらゆる命を奪うこの光を、アノスは滅ぼすことができるのか!?

  • 第13話 創造の月

    「ミリティア、お前の想いを聞かせてくれ」 神話の時代。《創造の月》を堕とさんとするアノスは創造神ミリティアと出会い、彼女と交流を重ねていく。――そして現在。世に暴虐の魔王であることを知らしめたアノスは、転入生アノシュとして魔王学院の授業に加わることに。エールドメードはより強い魔族を育成すべく、大魔王教練を宣言。手始めとしてシンによる剣術教練が始まった!

  • 第14話 選定の神

    「全員まとめて幸せにしてやると言っただろう」 竜が目撃されたアゼシオンを調べるため、学院交流を名目に勇者学院を訪れたアノスたち。勇者学院ではエミリアが教鞭を執るが、その奮闘も空しく、レドリアーノたち勇者学院生たちは交流に気乗りしない様子だ。さらには勇者学院長ザミラから竜の討伐令が下された。エミリアは理不尽な命令に抗うものの、勇者学院生たちの心は離れていき……。

  • 第15話 神代の学府

    「選定神が俺を選んだそうだが、そもそもそんな神に出会ったことがない」 エールドメードは学院生たちに竜討伐の訓練を施す。それは実際に竜を呼び寄せる危険な実戦だった! 竜の巣穴に乗り込んだアノスたちは、竜人たちが暮らす地底世界に到達。昨夜の襲撃者アヒデの案内で、神代の学府 エーベラストアンゼッタへ。そこでアノスは、自分が《選定審判》に巻き込まれていることを聞かされるのだった。

  • 第16話 ちっぽけな勇気を合わせながら

    「今日のお前は良い先生だったぞ、エミリア」 竜討伐の魔法《竜縛結界封(デ・ジェリアス)》に挑むエミリアと勇者学院生たち。しかしラオスたちと協調が取れずに失敗。そのとき彼女は、彼らの無力感を垣間見るのだった……。一方、勇者として招かれたレイは、ガイラディーテ王リシウスに謁見。病に臥せる王族を救って欲しいと頼まれるが、案内された先で出会ったものは――!?

  • 第17話 誇りの戦い

    「竜は勇者学院が討伐する。俺たちがやるべきことは、それ以外だ」 竜の大群がアゼシオンに迫る! 勇者学院生たちは自らの手で故郷を守るため、アノスたちの力を借りず竜討伐へ。エミリアの指揮の下、勇者学院生たちの死闘が始まった。一方、レイとミサはリシウスに捕縛されて苦境に……。そしてアノスは、自分たちが為すべきことのために地底世界へと向かう。そこで彼はアヒデが竜人を操っていることを知る。

  • 第18話 全能なる魔王

    「お前が滅びを願っていないのなら、俺が救ってやろう」 アヒデはミッドヘイズが滅びることを告げる。しかしその神託はアルカナの真意に反していた。シンも加わり、両者はついに対決へ! アヒデは自身にアルカナを憑依させ、全能者の剣リヴァインギルマの審判をアノスに突きつける。アヒデを滅ぼすには、鞘から抜いた者の根源が消滅してしまう神剣で、三度彼を斬りつける必要があるというが――。

  • 第19話 大魔王教練

    「明日までにお前たちの実力を桁違いに上げてやろう」 その日アノスは、少女と暮らしていた過去の夢を見た。少女は、奇しくもアルカナという名前で……。さらにサーシャとミーシャの融合体を、竜人たちが背理神ゲヌドゥヌブと呼んでいたことも引っかかっていた。数々の謎を調べるために、地底世界へ赴いての特別授業を決めるアノス。特別講師として、自ら魔王学院生たちに教えを施すが……!?

  • 第20話 神竜の国

    「では、アヒデを教皇の手土産に引きずって来るとしよう」 地底世界ジオルダルの首都ジオルヘイゼに到着したアノスは、不穏な様子のエールドメードを追って教会へ。そこで彼らは竜を召喚する盟珠を得る。さらにエールドメードはナーヤの適性を見抜き、ある企みを持って彼女と盟約を結んでしまった。アノスは教会の司教からアヒデの動向を聞き、教皇に会う前にアヒデを捕えようと考える。

  • 第21話 魔王讃美歌第6番『隣人』

    「お前たちの歌が地底の民にどう響くのか、俺も見てみたいものだ」  神竜の祭礼で奉じられる来聖捧歌が、アヒデの策略で中止の危機に追い込まれた!エレンたちファンユニオンは代理を頼まれ、ディルヘイド魔王聖歌隊として舞台に立つ。彼女らの歌声に引き込まれ、一緒に歌い始める竜人たち。一方でアヒデを捕えようとするアノスは、未来神ナフタより預言を授かるアガハの王ディードリッヒと遭遇する。

  • 第22話 痕跡神リーバルシュネッド

    「振り付けなどもない歌が、俺に響くとでも思ったか」 それぞれの国の未来のために、アノスと教皇ゴルロアナが激突! ゴルロアナは音を司る福音神ドルディレッドの力による福音魔法で猛攻を仕掛ける。アノスはディルヘイド魔王聖歌隊の歌でこれに対抗。ゴルロアナを支える先代の教皇たちを巻き込んでいく。戦いが決着しても祈り続けるゴルロアナ。アノスは彼に和平を申し出るのだが……。

  • 第23話 夢で交わした約束

    「そんなものはいらぬ。可愛い妹がいてくれれば、それでいい」 アノスの父親を名乗る幻名騎士団団長セリスは、ミリティアがアノスに偽の記憶を与えたと語る。セリスが去ったあと、アノスと記憶を取り戻すことができなかったアルカナは再び夢の中へ。二千年前の記憶の中でアルカナは、セリスから己にまつわる秘密を聞く。アノスはアルカナを守るため転生させるが、その際に彼女に願ったこととは……。

  • 第24話 (最終話)

    現在準備中です。更新をお待ちください。

作品詳細

原作:秋 氏によるライトノベル。WEB小説サイト「小説家になろう」にて2017年4月より連載が開始、そして、電撃文庫(KADOKAWA刊)より2018年3月から刊行。現在までシリーズ累計部数は220万部を突破している大人気小説。イラストはしずまよしのりが担当。2020年7月にTVアニメとして第1期の放送が開始し、これまでにない主人公の圧倒的な存在感や魅力的なヒロインたちは、国内外で多くの反響を得ました。そして、放送から2年の時を経て、《不適合者》が帰ってくる!原作でも人気の高いシリーズ最大のエピソード《大精霊編》が遂にTVアニメ化。魔族と人間の戦争を阻止したアノスの前に現れたのは、暴虐の魔王を滅ぼす新たな“神の子”だったー。あらゆる理不尽をものともしない《不適合者》は新たな戦いへ。「この平和な時代に転生し、俺も一つ手加減というものを覚えた」

スタッフ

[原作]秋[キャラクター原案]しずまよしのり[総監督]大沼心[監督]田村正文[キャラクターデザイン]山吉一幸[シリーズ構成]田中仁[美術監督]込山明日香[色彩設計]吉田隼人[撮影監督]木田健斗[3D監督]江田恵一[編集]瀧川三智[音響監督]納谷僚介[音楽]井内啓二[制作スタジオ]SILVER LINK.

関連キーワード

小説関連作品 見逃し配信
(C)2023 秋/KADOKAWA/Demon King AcademyII

シリーズ作品

  • 魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~

【クランクイン!コミック】新着・話題のコミック

【クランクイン!コミック】総合ランキング

【クランクイン!コミック】おすすめの期間限定無料作品

【エンタメ情報】クランクイン! 編集部おすすめ