新作 無料あり
クロスファイア
クロスファイア
0ポイント~

クロスファイア

2019年、eスポーツのプロ選手を夢見る車椅子の高校生ルー・シャオべイ(路小北)は、ある試合で不正を働いたと濡れ衣を着せられ、所属チームからも追い出されてしまう。

2020年

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 時空を超えて

    2019年、路小北(ルー・シャオベイ)はeスポーツの選手になることを夢見る高校生。2008年の交通事故で、車椅子生活を送っている。eスポーツの選手になることは、その時の事故で亡くなった兄の夢だった。一方、2008年の肖楓(シャオ・フォン)も大尉(ダーウェイ)こと許蔚(シュー・ウェイ)らとチーム“1(イー)コイン”を組み、プロのゲーマーになることを夢見ていたが、仲間たちは限界を感じてゲームをやめると言い出す。ある夜、それぞれの時代で[クロスファイア]をプレイし始めた小北と肖楓は…。

  • 第2話 失意の日々

    ゲーマーとして身を立てる夢と周囲の無理解の板挟みにあった肖楓(シャオ・フォン)は全国リーグのエントリーを取り消すが、これに猛反発した大尉(ダーウェイ)とケンカ別れに。一方、路小北(ルー・シャオベイ)は、自分のチームを結成して地区予選から全国リーグ、さらにプロリーグに参戦するという壮大な目標を掲げて選手の獲得に動き出す。学校では男勝りの転入生・楚歌(チュー・ゴー)が隣の席に。2008年の肖楓は、五輪のレースで中国選手が棄権する生中継を見て愕然とする。小北に聞いたとおりになったのだ。

  • 第3話 S+1

    夢を諦め、父親が探してきた会社で働くことを決めた肖楓(シャオ・フォン)。慣れないスーツとネクタイ姿で会社へ向かう。仕事で外出中、ネットカフェでゲームをしている大尉(ダーウェイ)の姿を見てカップ麺やソーセージを差し入れするが、拒否されてしまう。そして肖楓は、大尉に代わる新しいルームメイトを探し始める。一方、路小北(ルー・シャオベイ)は仲間集めに奔走するが、うまくいかない。大勢に断られる中、加入してくれることになったのは、腕利きの狙撃手、蘇佳意(スー・ジアイー)だった。

  • 第4話 挑戦と諦念

    美人だが傍若無人な蘇佳意(スー・ジアイー)の言動に他のメンバーが逃げ出し、路小北(ルー・シャオベイ)のチームは危機を迎えた。規定人数に満たなければ全国リーグにエントリーできない。しかし小北はトラブルメーカーの蘇佳意を残し、さらなる荒くれ者にアプローチする。学校では、小北が楚歌(チュー・ゴー)に勉強を教え、楚歌が小北に機能訓練をするよう教師から命じられる。一方、肖楓(シャオ・フォン)は社会的、経済的に恵まれた今の生活が最善だと自分を納得させつつ社会人として日々を送っていた。

  • 第5話 昔の絵葉書

    路小北(ルー・シャオベイ)は、家の冷蔵庫に貼られた肖楓(シャオ・フォン)からの絵葉書を見つける。何年も前に自分が受け取って喜んでいたと母親から聞き、2008年の肖楓の行動で未来が変わったのではないかと考え始めた。一方、かつての敵プレーヤーである路小北に何度もチームに入れと誘われながらも断り続けている王凱(ワン・カイ)は、失業した事実を祖母に伝えられないまま仕事に行くふりをして、毎日インターネットカフェでゲームをしていた。だが、目の前に蘇佳意(スー・ジアイー)が現れて…。

  • 第6話 再出発

    路小北(ルー・シャオベイ)はナタ(なた)というAKの狙撃手をスカウトし、程浩(チョン・ハオ)、王凱(ワン・カイ)、蘇佳意(スー・ジアイー)とともに無事5人で新チームを発足させる。チーム名は“継続(コンティニュー)戦隊”。「継続(Continue)」は兄に教えてもらった希望の言葉だ。しかしゲームに反対する父は、練習場所に現れては小北を連れ帰ることを繰り返し、父子の軋轢は深まる。一方、奮闘の甲斐あって、肖楓(シャオ・フォン)は上司からの信頼と正社員採用の辞令を獲得するが、同時に、ゲームの世界で生きる決意をする。

  • 第7話 コインの導き

    会社を辞めた肖楓(シャオ・フォン)は、まず麒麟(チーリン)、猴子(ボウズー)、阿明(アーミン)の3人を説得することにした。麒麟と猴子はなかなか首を縦に降らなかったが、いつもどおりコインを投げると“WIN”が出続けたことで心を動かされる。だが大尉(ダーウェイ)には電話もメールも無視され頭を抱えていた。一方、路小北(ルー・シャオベイ)は全国リーグに向けて練習するため父親の監視の目をかいくぐって、とあるネットカフェへ入る。そこで客とモメ事を起こすのだが、救ってくれたのは懐かしい人物だった。

  • 第8話 仲間の輪、広がる

    肖楓(シャオ・フォン)の留守中にクロスファイアを楽しんでいた安藍(アン・ラン)だが、ネットカフェでの対戦に勝利したことがきっかけでゲームにハマり、1(イー)コインのマネージャーとして「就職」することを申し出る。一方、全国リーグの初日、路小北(ルー・シャオベイ)は強引に連れて行かれた父親の職場を脱出し、ゲームに途中参戦。チームの結束を固めると同時に、ほぼ絶望的とみられた戦いを大逆転に導く。この様子を見ていた父親と楚歌(チュー・ゴー)が、少しずつ小北とゲームに対して理解を示していく。

  • 第9話 治療施設

    突然、姿を消した阿明(アーミン)。防犯カメラを調べると、両親たちによって強制的にネット中毒者の治療施設に入れられたことが分かった。楊(ヤン)教授という怪しい男が指揮する治療センターは、法外な治療費を請求する違法の施設だった。阿明を救出するため、肖楓(シャオ・フォン)たちは施設への潜入を試みる。一方、路小北(ルー・シャオベイ)は全国リーグで苦戦を強いられつつも少しずつ順位を上げていた。久しぶりにつながった肖楓に、家に電話して兄に伝言するよう頼むのだが…。

  • 第10話 事故の当日

    阿明(アーミン)とともに治療センターから救出された常沙(チャン・シャー)が試合で大活躍し、正式に1(イー)コインのメンバーとして迎えられる。肖楓(シャオ・フォン)は路小北(ルー・シャオベイ)から、観戦に出かけようとしている兄・路小南(ルー・シャオナン)が交通事故に遭わないよう、何としても止めてくれと懇願される。肖楓はあの手この手で阻止しようとするが、小南は聞く耳を持たない。説得を断念した肖楓は事故現場となる道を通行止めにするのだが、小北を乗せた小南のバイクは別の道で事故に遭い…。

  • 第11話 あの日との決別

    病院に駆け付けた路天鳴(ルー・ティエンミン)は息子の亡骸と対面し、深い後悔の念に駆られる。一方、路小南(ルー・シャオナン)の死により不戦勝で1(イー)コインの地区優勝が決定し、当初は複雑な心境だったメンバーも徐々に優勝に浮かれるようになる。だが、事故を防げず責任を感じていた肖楓(シャオ・フォン)は、兄の死を聞かされていなかった幼い路小北(ルー・シャオベイ)を病院から連れ出し、現実と正面から向き合わせるために葬儀場へ。この経験により2019年の小北は、自分の人生を新たに踏み出す決意をする。

  • 第12話 隊長の苦悩

    同級生に冷やかされ「車いすの人間は好きにならない」と言ってしまった楚歌(チュー・ゴー)。偶然、その言葉を耳にした路小北(ルー・シャオベイ)との間で関係がギクシャクしていたが、楚歌は素直に謝罪し、小北もそれを受け入れた。小北は楚歌に焼き肉をおごり、代わりに運動部所属で団体で動くことの多い楚歌にチームをまとめるコツを聞こうとする。争いばかりで1つにまとまらないチームに頭を悩ませていた小北だったが、状況を打開するためにある作戦を立てる。

  • 第13話 解散の危機

    内紛で解散が不可避となった継続(コンティニュー)戦隊。路小北(ルー・シャオベイ)は父親や羅陽(ルオ・ヤン)からアドバイスをもらいながら、皆の心を一つにする方法を考える。蘇佳意(スー・ジアイー)が郷里に戻る日、図らずも全員が見送りに集まり、小北は皆に残留するよう訴える。一方、安藍(アン・ラン)は1(イー)コインが警察沙汰になったことに嫌気がさしてチームを離れたが、肖楓(シャオ・フォン)に説得されて正式に監督に就任することに。強豪との練習試合で実力をつけていく方針を決め、全国優勝に向けてさまざまな特訓を進める。

  • 第14話 チームの団結

    安藍(アン・ラン)が即席麺メーカーから獲得した賛助金により、全国リーグの出場経費がまかなえることが確実に。喜んだ1(イー)コインのメンバーは、常沙(チャン・シャー)の誕生会を機にさらに結束を深める。一方、隊長としての使命に目覚めた路小北(ルー・シャオベイ)は、肖楓(シャオ・フォン)のアドバイスや父親の助けを借りて、メンバーが互いに弱点を補いつつ能力を発揮できるチーム作りを目指し、見事強豪の“狼牙(ランヤ―)戦隊”に勝利した。楚歌は学校の帰り道に路小北の父を偶然目撃し、幼い頃の記憶が蘇る。

  • 第15話 栄光と影

    全国リーグ進出を決めた1(イー)コインのもとに、スポーツ紙の記者から取材の申し込みが入る。喜ぶメンバーだが、記者の陳蓉(チェン・ロン)はゲーマーを敵視しており、偏見に満ちた記事を書こうとしていた。そんな時、準決勝の動画を見ていた肖楓(シャオ・フォン)は、ある違和感を覚える。肖楓に真実を問いただされた大尉(ダーウェイ)の口から出たのは驚くべき言葉だった。一方、路小北(ルー・シャオベイ)は肖楓とゲームの魅力について語り合ううちに、現実世界でも走りたいという思いを抱き始める。

  • 第16話 不正の後始末

    王凱(ワン・カイ)の祖母が倒れ、王凱の両親は彼と祖母をベトナムへ連れていこうとする。故郷を離れたくない祖母の面倒を見るために、ゲームをやめると言いだした王凱。程浩(チョン・ハオ)は王凱の祖母が市の施設に入れるよう、母との離婚後、疎遠だった父親に頼むことに。一方、大尉(ダーウェイ)が準決勝で不正を行ったことで、それを正直に認めるかどうか1コインはチーム内で意見が割れていた。結局、隊長である肖楓(シャオ・フォン)の決定に従い委員会に自ら報告することにするが…。

  • 第17話 下された処分

    大尉(ダーウェイ)の不正が明るみに出て、後ろ指をさされる存在となった1(イー)コインは、今度こそ堂々と戦うべく、準決勝で対戦した“双殺(ダブル・キル)戦隊”に勝負を申し込む。記者・陳蓉(チェン・ロン)は、大尉の言葉にひっかかりを覚え、1コインを密着取材することに。陳蓉が録音したデータの提出を受けた委員会は、1コインに処分を下す。一方、路小北(ルー・シャオベイ)たち継続(コンティニュー)戦隊はセミプロリーグ進出をかけた戦いに臨むことになった。予選通過を争う4チームだが、その順位にはある罠が潜んでいた。

  • 第18話 地獄試合

    志望校合格は難しいと思い込んだ楚歌(チュー・ゴー)は、進学を諦めてアルバイトを始めるが、筆記試験で頑張れば合格可能だと路小北(ルー・シャオベイ)から説得されて試験に臨む。小北はリハビリが思うように進まずにいら立つが、子供の頃の自分と対話することで心境に変化が生じる。1(イー)コインは出場停止中の大尉(ダーウェイ)に代わって猴子(ボウズー)が入り、深センでの地獄試合に参加する。指定された席は互いの声も聞こえないほど騒音がひどかったが、全員で騒音適応のための訓練を進める。

  • 第19話 現実は甘くない

    大学入試で高得点を出した路小北(ルー・シャオベイ)だが、両親を説得してゲームの道へ進むことに。継続(コンティニュー)戦隊の仲間を再結集し、深センのチーム“南方怪獣”(なんぽうモンスター)と補欠契約するが、正選手の陰湿な態度や劣悪な環境での合宿生活など、前途多難な門出となる。楚歌(チュー・ゴー)は南方体育大学に合格する。肖楓は強豪の“老虎(タイガー)戦隊”との戦いに備える日々だが、安藍(アン・ラン)と大尉(ダーウェイ)の距離が近づくのを目の当たりにして気もそぞろ。さらに小北から、未来の自分が消息不明であることを聞かされる。

  • 第20話 本当の自分

    路小北(ルー・シャオベイ)たち継続(コンティニュー)戦隊は再結集し深センでの生活をスタートさせていたが、ナタ(なた)の様子がどうもおかしい。金欠なのか、蘇佳意(スー・ジアイー)にライブ配信の方法を聞き金を稼ごうとしていた。そんなある日、蘇佳意が21歳の誕生日を迎える。チームのみんなで祝おうとしているところへ、別れたはずの恋人が現れる。王凱(ワン・カイ)は内心、穏やかではない。一方、肖楓(シャオ・フォン)たちは老虎(タイガー)戦隊との地獄試合決勝を前に、宿泊している宿で火鍋を囲んでいたが、突然、停電する。

  • 第21話 逆風の中で

    宿舎のベランダから飛び降りたナタ(なた)。仲間の身を案ずる路小北(ルー・シャオベイ)は南方怪獣の正選手・劉旭(リウ・シュー)に詰め寄り、謝罪をさせる。そして迎えたセミプロリーグの試合で劉旭たちはキング率いる“神行者(シェンシンジョー)”と対戦し、実力不足が露わになる。一方、全国リーグへ進んだ肖楓(シャオ・フォン)たち1(イー)コインは豪華なホテル生活を楽しむが、試合会場で待ち受けていたのは委員会による冷遇と不正行為をなじる観客のブーイングだった。肖楓たちは逆風の中で戦うことを強いられる。

  • 第22話 正選手への昇格

    路小北(ルー・シャオベイ)たちは不調だった正選手に代わって途中出場し、逆転勝利して正選手に昇格する。学内の歌唱コンクールに参加申し込みをした楚歌(チュー・ゴー)は、その時に知り合った音楽部部長で同じ専攻の先輩、高博松(ガオ・ボ―ソン)に親切にされる。常沙(チャン・シャー)は自分のファンである七七(チーチー)と親しくなるが、同じく七七に好意を持っていた麒麟(チーリン)も抜け駆けでデートをする。しかしチーム全員にバレて謝罪しなければ試合に出さないと迫られた麒麟は、謝罪を拒否してチーム脱退を宣言し…。

  • 第23話 揺れ動く心

    チームの要だった麒麟(チーリン)が去り、猴子(ボウズー)が代わりを務めることになった1(イー)コインは苦戦を強いられる。責任を感じて涙する安藍(アン・ラン)を慰める肖楓(シャオ・フォン)。その様子を見た大尉(ダーウェイ)は、安藍を諦め2人を応援すると肖楓に伝える。一方、路小北(ルー・シャオベイ)は南方怪獣の新隊長に就任。図らずも社長から2009年の全国リーグ優勝後、1コインが解散したことを聞かされる。そんな時、大学の歌唱コンクールの応援に向かった小北は、高博松(ガオ・ボ―ソン)と楚歌(チュー・ゴー)の親しげな様子に心を乱される。

  • 第24話 勝利への道

    安藍(アン・ラン)から想いを告げられた肖楓(シャオ・フォン)。路小北(ルー・シャオベイ)から聞いている未来の話が頭をよぎり、肖楓は安藍を遠ざけようとするが、いつものようにコインを投げて2人の運命を決めることに。一方、南方怪獣(なんぽうモンスター)は順調に勝ち上がり決勝戦まで駒を進める。小北は決勝戦のチケットを渡すため楚歌(チュー・ゴー)の大学へ向かうが、高博松(ガオ・ボ―ソン)と楽しそうに走る楚歌を見て複雑な思いを抱く。さまざまな思いが交錯する中、小北たちはプロリーグ昇格をかけて決勝に挑むのだが…。

作品詳細

夢をかなえるため、小北はクセは強いが腕がたつメンバーを集めて[継続戦隊]を結成。プロリーグを目指す。一方、eスポーツが一般的に認知されていない2008年。ゲームで食べていきたいと願う25歳・無職のシャオ・フォン(肖楓)は、仲間たちとネットカフェでゲームに明け暮れる日々を過ごしていたが、親からは就職を迫られ、将来を考える一部のメンバーは引退を言い出していた。ある晩、肖楓と小北はネット対戦ゲーム「クロスファイア」のゲーム上で、数奇な出会いを果たす。最初は敵対視していたが、異なる時代で同じ夢を追いかけていることを知り、励まし合うようになる2人。小北は兄の命と自分の足の自由を奪った交通事故を阻止できないか、過去にいる肖楓に頼むのだが……。

キャスト

ルハン ウー・レイ ダイ・ルーワー ソン・イェンフェイ リウ・シュワイリアン

スタッフ

[監督]デレク・ホイ[チーフ・プロデューサー]ジャン・モン[音楽監督]フー・シアオオウ[アクション監督]スン・ヌオ[校閲統括]ホァン・ジエ

関連キーワード

アジア作品
(C)Shanghai Youhug Media Co.,Ltd.