新作 無料あり
兄を探して三千界 時空を超えた恋縁
兄を探して三千界 時空を超えた恋縁
0ポイント~

兄を探して三千界 時空を超えた恋縁

本国で配信再生回数10億回を突破した人気ドラマ!仙界に迷い込んだ“守られ系ヒロイン”と2人の“兄”が繰り広げる、ファンタジックなラブストーリー!!

2021年

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    「時冬(じ・とう)の情報が入った」――謎めいた電話を受けた時夏(じ・か)は、弁論大会をすっぽかして、急ぎ約束のネットカフェに向かう。だが、待っていた軽薄そうな若い男に情報提供料を支払って手に入れたのは、兄が遊んでいたと思しきオンラインゲームのアカウントだけだった。そこに残されていた「観覧車で会おう!」というメッセージを目にして、遊園地へと駆けつける時夏。観覧車のカゴの中に兄らしき人影を見つけたその時、世界は動きを止め…。

  • 第2話

    守るべき妹がいれば強くなれる――后池(こう・ち)は、突然現れた時夏(じ・か)を妹にすることに。頼りになる兄の雰囲気を漂わせながら「ここにいてもよい」と告げる后池。だが、時夏にとっては屋敷に留まる許可をもらっても嬉しいはずがない。一刻も早く、家に帰りたいのだ。その時、突然の来客が。見つかれば厄介なことになる。后池は、時夏に隠れるよう指示した後、急ぎ応対しに向かった。その隙に彼の屋敷から逃げ出そうとする時夏だが…。

  • 第3話

    熱を帯びた視線でまっすぐ時夏(じ・か)を見つめる后池(こう・ち)。てっきり告白でもされるのかと思った時夏は、“あなたを尊敬しているけど恋愛はしたくない”と先手を打つ。ところが、后池の口から出た言葉は、まさかの「兄になりたい」。予想外の事態に拍子抜けしつつも、時夏はきっぱり嫌だと断るのだった。それでも諦めきれない后池は「どうすれば兄になれる?」と食い下がる。そこで時夏は、名門・玉華学院への入学を条件にするが…。

  • 第4話

    易耀カイ(い・ようかい)が放った法蝶が時夏(じ・か)を取り巻く。法蝶は、女の気息を察知する特殊な力を持っているのだ。このままでは女であることが知られてしまう――絶体絶命となったその時、后池(こう・ち)が姿を現す。時夏に危機が迫った場合に備えて、事前に渡していた法器からの知らせで、助けに駆けつけたのだ。おかげで難は逃れたものの、200年間、屋敷に籠もっていた后池の登場に周囲は騒然。掌門たちにも屋敷を出たことがバレてしまい…。

  • 第5話

    自分は“現代”という違う世界からやってきた者で、禁足地に入ったのは、時空を自由に移動できる劃破虚空(かくはこくう)を習得し、家に帰りたかったからだと説明する時夏(じ・か)。彼女は、それが万仙盟盟主のみが使える術であることは知らなかったのだ。もう帰れないのかもと嘆く姿を見た后池(こう・ち)は、盟主になって時夏を家に帰す約束をする――ただし、帰るまで妹でいてもらうことが条件だ。時夏も納得し、2人は改めて兄妹の契約を交わし…。

  • 第6話

    口実を作って自分を外出させた時夏(じ・か)が、その間に畢鴻(ひつ・こう)と仲良くしていたことが面白くない后池(こう・ち)。「なぜ師兄と霊樹の世話を?」と、責めるような口調で時夏を問いただすが、后池のために何かしたかったという彼女の答えに、思わずニヤけてしまうのだった。機嫌の直った后池を加え、3人は協力しながら霊樹を蘇らせようとするが、思いがけない事実が発覚。そのせいで悲しむ時夏を元気づけるため、后池は畢鴻にあることを頼むのだが…。

  • 第7話

    大切な存在を命懸けで守りたい――時夏(じ・か)によって、愛護の心が何たるかを理解した后池(こう・ち)の霊力は増し、最高位に達した。万仙盟盟主の選抜試験を目前に控えての快挙達成に、玉華派の掌門・元照(げんしょう)はほっと胸を撫でおろすのだった。そんななか、またもや騒動が。后池の屋敷をのぞき見した際、后池と時夏のキス現場を目撃してしまった易耀カイ(い・ようかい)が、記憶を映し出す啓霊鏡を使って、その時の様子を皆に見せてしまい…。

  • 第8話

    とうとう時夏(じ・か)の素性がバレてしまった。玉華派は女人禁制。門規に従えば、女である時夏は火鞭の刑に処されるところだが、彼女の代わりに后池(こう・ち)が罰を受けることとなった。林奎(りん・けい)は、刑の執行を前に、后池の書庫で見つけたある物を掌門の元照(げんしょう)に渡そうとする。“魔教の物だと思う”と林奎が差し出したのは、アライグマラーメン――后池が時夏からもらった初めての贈り物である。后池はすぐさま、それを奪い返し…。

  • 第9話

    1年も行方知れずだった兄・時冬(じ・とう)は、仙界で魔派の魔尊・秋平(しゅう・へい)になっていた。思いもよらぬ再会に驚くと同時に、時冬は自分を捨てたのではなく、この世界に来てしまっていただけだと知り、時夏(じ・か)は安堵する。だが、再会を喜んでばかりもいられない。ただでさえ、玉華派の者たちから魔派の間者と疑われているのに、時冬が魔尊ということなら、本当にスパイも同然ではないか。時夏は複雑な心境になるが…。

  • 第10話

    時夏(じ・か)が兄たちと共にやってきたのは仙魔客桟――万仙盟盟主の選抜試験に参加する各門派が滞在する宿である。さっそく玉華派の部屋を訪ねた時夏だったが、まだ到着していないのか、誰の姿もなかった。1人きりの部屋で、后池(こう・ち)と会うべきか否かを思い悩む時夏。だが結局は彼の手作り人形の助言に従い、兄の目を盗んで后池を探しに出かけるのだった。その頃、玉華派では、長老の元圭(げんけい)が、時夏を殺しに行くと息巻いていて…。

  • 第11話

    時夏(じ・か)と后池(こう・ち)が同室なのが気に食わない時冬(じ・とう)。彼は妹を思うあまり、その行動にもあれこれ口出ししてしまう。だが、時冬の正体を知らず、自分こそが時夏の兄だと思っている后池からすれば、魔尊・秋平(しゅう・へい)の余計なお世話でしかない。時冬の警告など歯牙にもかけないのだった。秋平の様子を見て、彼が時夏に恋をしていると誤解している二哈(には)は、「奪えばいいんです」と助言。その言葉から時冬は、ある企みを思いつき…。

  • 第12話

    時冬(じ・とう)を「お兄様」と呼んだその女性は、魔派の聖姑・秋璃(しゅう・り)である。魔尊に扮した時冬から生き別れの妹を探していると聞いていた后池(こう・ち)は、“妹と再会できたようでよかった”と喜ぶのだった。一方、兄の嘘を知った時夏(じ・か)は、怒り心頭である。妹選びの際に后池が出場者全員を合格にしたのは、妹は女なら誰でもいいからだ――兄はそう言っていたが、実は時冬のために新たな妹を見つけてやろうとしていたというのが真相だったのだ…。

  • 第13話

    「后池(こう・ち)、抱きしめて」――時夏(じ・か)が七情六欲散を飲んだのではと心配して駆けつけた時冬(じ・とう)は、部屋から聞こえてくる妹の悩ましげな声に血相を変え、盟主の選抜試験に失格となるのを承知で、結界を破り中に押し入った。そして、顔をほてらせた時夏が后池と体を寄せ合っているのを目にすると、すぐさま后池を引きはがし、無言で時夏を連れ出すのだった。一方、時夏のことしか頭にない時冬に怒りを募らせる秋璃(しゅう・り)は…。

  • 第14話

    魔尊は私の兄だと時夏(じ・か)から打ち明けられた后池(こう・ち)は、浮かぬ顔で溜息をついた。時夏が去っていったのは、自分ではなく魔尊を兄と認めたからだと思い込んでいる后池からすれば、既知の事実を改めて突きつけられたようなものなのだ。それでも諦められない彼は、至らぬ点があったのだとしても、良き兄になるから自分のもとに戻ってきてほしいと訴えた。この言葉で后池の勘違いに気づいた時夏は、魔尊は“実の兄”なのだと説明するのだが…。

  • 第15話

    時冬(じ・とう)は、后池(こう・ち)と自分の関係を危惧する玉華派の人たちにさらわれたのかもしれない。兄のため断腸の思いで后池と決別した時夏(じ・か)は、大ケガを負って戻ってきた時冬に何があったのか尋ねた。すると時冬は、芝居がかった口ぶりで事の次第を説明し始めたではないか。今回は助かったものの、また危険が及んだら――と心配な時夏は思わず「真面目に話してよ」と怒ってしまう。そんな時夏を見てバツの悪そうな顔をする時冬と二哈(には)。その理由は…。

  • 第16話

    后池(こう・ち)を盟主選抜試験に復帰させる許可を神官から得るため、神殿へと向かう時夏(じ・か)。途中で合流した畢鴻(ひつ・こう)と一緒に闇の森を歩いている最中、突如2人を濃い霧が包み始める。姿が見えなくなった畢鴻を探す彼女の目の前に、思わぬ人物が現れた。后池である。泥酔して寝込んでいたはずの彼がなぜ――と驚きつつも、とにかく畢鴻も連れて早く森を出ようとする時夏を引き止めた后池は、仙派と魔派の争いなど放っておいて2人でいようと言い始め…。

  • 第17話

    時夏(じ・か)の尽力により、后池(こう・ち)は無事に盟主選抜試験への復帰を果たした。だが時夏を敵視している玉華派の長老・元圭(げんけい)は、后池を復帰させたら恨みを忘れると約束したとはいえ、このまま彼女を見逃してはならないと掌門の元照(げんしょう)に訴える。ここで情けをかけようものなら、また后池は時夏に惑わされ心を乱すと思っているのだ。だが、時夏を殺すよりも后池に情を断たせるほうが効果的だと考える元照には、ある策が…。

  • 第18話

    霊秀派の弟子2人の命が奪われた。彼女らの首に残された奇妙な形の傷痕を見た青峰(せい・ほう)は、驚愕する。かつて無残に殺された家族の首にも同じ痕があったからだ。それは、魔派の秘術とされる霊根の抜き取りである。仙派の優れた霊根を狙ったのか?――皆の疑いの目が魔尊に向けられるが、確たる証拠もないため、真相究明には至らなかった。そんななか、時夏(じ・か)の仕業だと決めつけた元圭(げんけい)は、彼女を始末すると息巻いていて…。

  • 第19話

    自害すれば后池(こう・ち)を解放する――漆凌凌(しつ・りょうりょう)の言葉を信じ、突きつけられた剣で死ぬ覚悟を決めた時夏(じ・か)。すると、彼女の手に残る、后池と交わした兄妹の契約の印に異変が。次の瞬間、まばゆい光とともに、魔派の封印がかけられていた絵の中から后池が戻ってきたではないか。彼が無事だったことに安堵する時夏。その後、剣で傷ついた手の手当てを受けていた彼女は、畢鴻(ひつ・こう)が失明したと時冬(じ・とう)から聞かされ…。

  • 第20話

    公の場で時夏(じ・か)と兄妹であると認められた后池(こう・ち)は、良き兄となるべく、時夏の実兄である魔尊・秋平(しゅう・へい)こと時冬(じ・とう)に、自作した“兄の計画書”を差し出して助言を求めた。これには時夏も辟易。彼女は后池に恋をしており、兄になってほしいわけではないのだ。ひとこと言ってやろうとは思うものの、本人を前にして本音を口にできるわけもなく、“一緒に臭豆腐を食べたくて”とごまかすのが精いっぱいだった。その直後、時夏に思わぬことが…。

  • 第21話

    后池(こう・ち)を連れて畢鴻(ひつ・こう)のもとに戻ってきた時夏(じ・か)は、元圭(げんけい)がすでに立ち去ったと聞いて驚いた。魔派が霊根を盗んだと白状しなければ殺すとまで言っていた元圭だけに、最初は腑に落ちなかったものの、どうやら畢鴻が誤解を解いてくれたようだ。さらに彼から、闇の森の力が消えたせいか目が見えるようになったと聞き、自分の味覚も戻るかもしれないと喜ぶ時夏。畢鴻の視力が回復した真の経緯など知る由もなく…。

  • 第22話

    兄妹の情と男女の情――その違いを、ついに理解した后池(こう・ち)は、兄をやめて妹婿になると時夏(じ・か)に告げた。だが、すでに公の場で兄妹と誓っているうえ、后池の師父で掌門の元照(げんしょう)が許すはずがない。戸惑う時夏に后池は言う。“妹婿になれるなら200年の修練が無駄になってもいい。君と生涯を共にしたい”と。それでも、時夏は素直に喜べなかった。自分たちはもともと住む世界が違う。別れが訪れることは確実なのだ…。

  • 第23話

    后池(こう・ち)の心脈にはサッ気(さっき)が絡みついていた。そのため、情が動くたびに痛みが起きていたのである。根本的な治療法はなく、今できるのは薬で痛みを和らげることだけ。診察した畢鴻(ひつ・こう)から、平静を保ち悪化を防ぐよう忠告された后池は、時夏(じ・か)に心配をかけたくない一心で、この件を内密にしてほしいと頼むのだった。一方、万仙盟盟主の座だけでなく時夏まで后池に奪われ、悔しくて仕方がない時冬(じ・とう)は…。

  • 第24話

    時夏(じ・か)をかばい、秋璃(しゅう・り)の霊力針を受けて倒れた時冬(じ・とう)。兄を失うかもしれないという恐怖と不安から、目を覚ましてと念じる時夏は、眠る彼の手を取り、「小さい頃のように、また私を捨てるの?」と涙ながらに呟く。そんな妹の声が届いたのか、時冬は意識を取り戻した。ほっとした表情を浮かべる時夏に対し、時冬の心中は穏やかではない。時夏を捨てたなんて濡れ衣だ――勘違いしている理由を探ろうと、時冬は妹を問い質すが…。

作品詳細

「時冬(じ・とう)の情報が入った」―時夏(じ・か)は謎めいた電話に誘われ、弁論大会をすっぽかしてしまう。行方不明になっている兄につながる情報なら、背に腹は変えられないのだ。しかし、約束のネットカフェで待っていたのは軽薄そうな若い男。情報提供料を支払って手に入ったのは、兄が遊んでいたと思しきオンラインゲームのアカウントだけだった。そこに残されていた「観覧車で会おう!」というメッセージを目にして、遊園地へと駆けつける時夏。観覧車のカゴの中に、兄らしき人影を見つけたその時、世界は動きを止め…。

キャスト

ジャオ・インボー ダイ・ユンファン ウー・チエンイン ジャオ・ウェンハオ ガオ・ズーチー ダイ・ヤーチー ジャオ・シン ジアオ・ハオ リウ・ジーウェイ ジャン・ズージエン ウー・イージア フー・シージー ニエ・ズーハオ ジアオ・ハオ

スタッフ

[監督]チウ・ユー[脚本]ユージエ/ガオ・フイ/ソン・ヤン/ジュー・シュエン/ジョン・ジンフォン[撮影監督]ジャオ・リン[美術監督]チン・ミンシー[アクション監督]ルー・シアオドン[編集]ダイ・ゾン[ヘアメイク]ジー・ウェイホァ[音楽]ワン・コー[VFX]チャールズ・リー/イエ・レンハオ

関連キーワード

アジア作品
(C) 2021 Mango TV