新作 無料あり
虫かぶり姫
虫かぶり姫
0ポイント~

虫かぶり姫

キミは僕の宝物。愛しい“虫かぶり姫”──

毎週木曜日23:30より最新話見逃し配信中!

2022年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 見せかけの婚約者

    本好きの侯爵令嬢エリアーナと王太子クリストファーは、お互いの利点のために名ばかりの婚約者同士となる。そんなある日、エリアーナはクリストファーが子爵令嬢アイリーンと仲睦まじく語らう姿を目撃してしまう。ついに婚約解消の時が来たと、覚悟したエリアーナの心は揺れ動く……。

  • 第2話 一人芝居

    今になってクリストファーへの想いを自覚し、自分の不甲斐なさに落ち込むエリアーナ。クリストファーとアイリーンの親しげな様子から婚約解消も覚悟するが、訪れた王宮内はなぜか物々しい雰囲気に包まれていた。そんな時、大階段を上っていたエリアーナの背後で悲鳴が上がる……!

  • 第3話 そして二人は

    エリアーナが自らの妃となる者であることを、王宮内で正式に宣言したクリストファー。ここへ至るまでには、ベルンシュタイン家から出された条件や、エリアーナを陥れる者の排除など様々な課題があったが、クリストファーはそれらすべてを解決するために奔走していたのだった……。

  • 第4話 星の旅人

    世界を旅する学識者の一団「シスルの星」が、サウズリンドで本の市場を開くと聞き、エリアーナとクリストファーはお忍びで出かける。珍しい他国の本が並ぶ光景にワクワクしてしまうエリアーナだったが、その市場で本を盗もうとしていた二人の少年を、成りゆきで助けることに……。

  • 第5話 王子と彼女の宝物

    レッツィ博士はクリストファーが婚約者問題に悩んでいた頃、相談に乗ってもらった相手だった。 クリストファーは博士に「シスルの星」の長への仲介を頼み、一方のエリアーナはルネに付き添い、 仲間の子どもたちに会いに行く。そこで彼らに盗みを命じていた貴族の正体が明らかに……。

  • 第6話 狩猟祭と孤独な公務

    公務でミゼラル公国へ赴くクリストファーに、会えなくなる寂しさをうまく伝えられないエリアーナ。そんな愛しい婚約者のリボンをお守りにして、クリストファーは出立した。留守の間、エイデル領で秋の狩猟祭が開催され、エリアーナはクリストファーの名代をしっかり務めようと意気込む。

  • 第7話 エイデルの亡霊

    エイデル領主の屋敷に滞在中のエリアーナは、辺境伯令嬢のアンナが高慢なレネックから言い寄られている場に遭遇する。毅然とした態度のアンナに加勢するエリアーナ。そんなエリアーナに対し、テオドールと近衛隊長のジークは、狩猟祭を利用して近づこうとする者がいると注意を促す。

  • 第8話 花守り虫と祈りを捧げる使者

    エリアーナを敵視するソフィアの差し金により、エリアーナは古城でアーヴィンと二人きりにさせられてしまう。だが、アーヴィンに敵意はなく、彼は自らの素性とエリアーナに近づいた理由を打ち明ける。二人の仲がようやく打ち解けてきた時、突然、剣を持った男たちが現れて襲いかかる……!

  • 第9話 真珠姫からの手紙

    成婚の儀に備えて王宮に滞在するエリアーナは、ドレスや装飾品を扱う商会相手に苦労していた。アンリエッタ王妃はそんなエリアーナを厳しく指導しつつ、王家に嫁ぐ者として持たなければならない覚悟についても語る。その言葉は、エリアーナの心に小さな不安を芽生えさせた……。

作品詳細

侯爵令嬢のエリアーナは幼い頃から本に夢中で、ついたあだ名が「本の虫」ならぬ「虫かぶり姫」。そんな変わり者の姫に、王太子であるクリストファーはこう告げる。「私と婚約してほしいんだ」婚約によってクリストファーは宮廷内の派閥争いから解放され、エリアーナは王太子の婚約者として王宮書庫室への出入りを許される。これは、お互いの利点のための“名ばかりの婚約”……のはずだった。4年の歳月が流れたある日、エリアーナはクリストファーが子爵令嬢アイリーンと仲睦まじく語らう姿を目撃してしまう。ついに婚約解消の時が来たことを覚悟するエリアーナ。だが、その心には複雑な想いが交錯していた……。本好き令嬢の勘違いラブファンタジー。エリアーナとクリストファーの“本当の恋”の行方は――!?

スタッフ

[原作]由唯[キャラクター原案]椎名咲月/喜久田ゆい[監督]岩﨑太郎[シリーズ構成]広田光毅[キャラクターデザイン]高橋瑞香[サブキャラクターデザイン]阿部純子/吉川真一[美術監督]吉田ひとみ[色彩設計]大野春恵[撮影監督]酒井淳子[編集]木村佳史子[音響監督]本山哲[音響効果]古谷友二[音楽]福島祐子/大隅知宇[オープニングテーマ]井口裕香[エンディングテーマ]伊東歌詞太郎[アニメーション制作]マッドハウス[製作]虫かぶり姫製作委員会
(C)由唯・一迅社/虫かぶり姫製作委員会