新作
真夜中にハロー!
真夜中にハロー!
330ポイント~

真夜中にハロー!

「ハロー!プロジェクト」メンバー出演でパフォーマンス披露!悩める現代人にエールを送るドラマ

2022年 10話

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 漫画家、扉を開く。

    漫画家のあずみ(大野いと)は、ゲストハウス「サンプラザ朝沼」にカン詰めで宿泊している。しかし、共有スペースから聞こえてくる寮母・マリコ(菊池桃子)とその娘・ミサキ(大原優乃)の賑やかな声が気になって仕事に集中できない。サンプラザ朝沼の評判をネットで調べると、悪評が並んでいたが、その中に「扉が、開く」と謎のコメントを見つける。そして、仕事で行き詰まった時、あずみの前に突然現れた「扉」はハロプロの楽屋に繋がっていたのだった…

  • 第2話 転職組、扉を開く。

    ある日、ゲストハウス「サンプラザ朝沼」にご飯のテイクアウトはできるかとゆうは(岡本玲)が訪ねてくる。オーナー・マリコ(菊池桃子)とその娘・ミサキ(大原優乃)が詳しく話を聞くと、転職先の職場で行われるパーティでテイクアウトを用意する担当に選ばれたが、何を頼めばいいか悩み、以前サンプラザ朝沼で食べたカレーが思い浮かび訪ねてきたと言う。

  • 第3話 焦る先輩社員、扉を開く。

    あやめ(高月彩良)は仕事に専念するため、会社の近くにあるサンプラザ朝沼に宿泊していた。プロジェクトリーダーに選ばれるかもしれないと意気込んでいたが、実際に選ばれたのは後輩の七条(高石あかり)だった。あやめは直属の後輩が選ばれ嬉しい気持ちもあるが、自分とは正反対になんでも器用にこなす七条に素直に「おめでとう」と言えずにいた。

  • 第4話 新入社員、扉を開く。

    ビールメーカーに勤める乃々花(田中真琴)は研究開発部への配属を希望していたのに、研修合宿での酒豪っぷりを買われ、営業部へ配属されてしまう。配属先では仕事にも慣れず、先輩・吉門が次々と繰り出す営業トークのノリにもついていけず悩んでいた。さらに、急遽一人で任された取引先を訪れると「吉門は今日はいないのか」と聞かれてしまう始末…そんな落ち込んでいる乃々花の前に突如現れた「扉」の先には…

  • 第5話 バリキャリ女子、扉を開く。

    ゆみ(桜まゆみ)が地元のお土産として買ってきた大判焼きをマリコ(菊池桃子)とミサキ(大原優乃)が間違って食べてしまったお詫びとして、ゆみが宿泊するサンプラザ朝沼に招待されたすみれ(市川由衣)。仕事にもプライベートにも全力で、中途半端には地元には帰れないと意気込んでいたすみれだったが、仕事では企画が通らず、気分転換のため通っていたジムでは怪我をしてしまい、やる気が空回りしてしまっていた… そんな時目の前に突如現れた謎の「扉」を開くと…

  • 第6話 揺れる父、扉を開く。

    サンプラザ朝沼をレンタルオフィス代わりに使用しているユウジロウ(後藤剛範)は実際の家庭では最近娘との仲が良くなく、会話もないという。そんなある日、妻に娘の塾のお迎えを頼まれる。さらに夕飯も外で一緒に食べることになり、困惑したユウジロウはマリコとミサキに相談し、シミュレーションをすることに!いざ当日、思うように進まず落ち込むユウジロウ。そんな時目の前に「扉」が突如現れて…

  • 第7話 悩める彼女、扉を開く。

    キャリアウーマンの杏香(徳永えり)には結婚するか悩んでいる彼氏がいた…そこでマリコ(菊池桃子)とミサキ(大原優乃)に客観的な意見をもらおうと彼氏をサンプラザ朝沼に連れてくることに。杏香の彼氏ということで、ハイスペックな人を想像し期待していた2人だが、紹介された彼氏の御子柴(吉村界人)は自らのことを「夢中人」と名乗る個性的な人だった。 馴れ初めや彼の普段の様子を聞き、彼の将来性に「ない」と断言する2人だが、杏香の決断は…?

  • 第8話 恋する講師、扉を開く。

    英会話教室で講師を務めるヒビキ(剛力彩芽)は同僚のベン(中島歩)に恋をしていた。ところが同僚との雑談をきっかけにベンに彼女がいることを知ってしまい、居ても立っても居られなくなったヒビキはマッチングアプリで恋人探しを始めることに。ところがいろいろな人と会ってみてもなかなかうまくいかなかった。 そしてその原因は自分自身の過去の恋愛も関係していると言うヒビキに、マリコ(菊池桃子)はとある曲を聞かせる…

  • 第9話 朝沼家、扉を開く。(前編)

    サンプラザ朝沼のレビューの中に紛れ込む謎の「扉」という言葉に疑問を抱くミサキ(大原優乃)は母・マリコ(菊池桃子)を問い詰めると、「人生の迷子になった時、ハローの曲がきっかけになって突然現れる扉」という不思議な答えが返ってきてさらにモヤモヤしてしまう。 そして、友人・凪(黒崎レイナ)から、就職はしないのかと聞かれたことをきっかけに、父・ミノル(宮川一朗太)がいなくなってから、マリコと大事な話をなんとなく避け合ってきたことに改めて気づき…

  • 第10話 (最終話) 朝沼家、扉を開く。(後編)

    家を出ることを決心したミサキ(大原優乃)の思いを聞き、マリコ(菊池桃子)はその意思を尊重することに。引っ越しの準備を進める中で、かつてマリコの前に現れた「扉」をきっかけにハロプロに心奪われた話を初めて明かし、そこから変化していった親子の関係について懐かしく語り合っていた。そうして寂しさに駆られるも、それぞれ新しい道に進むことに。そして一人サンプラザ朝沼で新生活を迎えるマリコの前に再び「扉」が現れる…

作品詳細

ハロプロの熱狂的ファン・マリコ(菊池桃子)とその娘・ミサキ(大原優乃)はゲストハウス「サンプラザ朝沼」を運営している。口コミサイトでの評判はイマイチだが、コメントの中に、「扉が、開く」という謎の言葉が。扉は、人生に悩む宿泊客の前に突然現れ、その先はハロプロの楽屋に繋がっていた…。

スタッフ

[企画・プロデュース]北野篤[脚本]大歳倫弘/灯敦生/竹村武司[監督]原廣利/松浦健志/隈本遼平[オープニングテーマ]OCHA NORMA[エンディングテーマ]モーニング娘。'22[プロデューサー]寺原洋平/井原梓/鈴木健太郎/山科翔太郎/高岩秀明/山田久人[制作]テレビ東京/BABEL LABEL[製作著作]「真夜中にハロー!」製作委員会
(C) 「真夜中にハロー!」製作委員会