新作 無料あり
ひかり男子高生徒会
ひかり男子高生徒会
0ポイント~

ひかり男子高生徒会

今、僕たちは確かに恋をしている――。

2021年 16話

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 このままでいいのかな?

    ひかり男子高2年のウ・テギョンは孤独を好む“自主的ぼっち”。友達はいなくてもいいと思っていたが、ふとした瞬間に“このままでいいのかな?”と感じるように。担任に相談したところ、生徒会に入るよう提案され…。

  • 第2話 生徒会室のタニシ姫

    副会長のノ・シヌに生徒会に入ることを認めてもらうため、テギョンは生徒会室の掃除を始める。1人で掃除を頑張るテギョンに会長のシン・ダオンは優しく声をかける。情報通のナムグン・シウンもテギョンに意味深なことを言う。

  • 第3話 誰にでも優しい彼

    生徒会長のダオンの弱点は、頼まれたら断れないこと。今日もダオンを頼って友人たちが生徒会室にやってくる。一方、あからさまにテギョンを避けようとするシヌに対し、テギョンは諦めずにどこにでもついていく。

  • 第4話 少し近づいた距離

    中学の友達に絡まれたシヌを助けたテギョンは、帰り道に寄ったコンビニでシウンに会う。何でも答えるというシウンに、シヌの秘密を聞き出そうとするが…。その後帰宅したテギョンに、シヌから電話がかかってくる。

  • 第5話 気まずい2人

    廊下で会ったシヌに避けられていると感じたテギョンは、ダオンにそのことを話す。するとダオンはシヌがてれてるだけだと言う。いつもどおり生徒会室に集まった4人。シヌとテギョンの間には微妙な空気が流れる。

  • 第6話 友達が出来た

    週末に2人でカフェに出かけ、より親しくなったテギョンとダオン。ダオンに片思いするソヒは、そんな2人を道端で偶然見かける。翌週、テギョンが教室の片づけをしていると、なぜかシヌが重い物を代わりに持とうとしてくる。

  • 第7話 小さな嫉妬心

    晴れて正式な生徒会役員になったテギョンは、生徒会のみんなから祝福される。しかし、そこにソヒがやってきて、ダオンとテギョンの間に割って入ろうとする。ダオンに懐くテギョンを見るシヌの表情も複雑で…。

  • 第8話 合宿に出発!

    雨に濡れて風邪をひいたダオンに、テギョンは薬を届けに行く。ひかり高生徒会は合宿に行くことになり、出発の朝ソヒに会ったシウンは妙なときめきを覚える。バスで隣同士に座るダオンとテギョンが気になるシヌ。

  • 第9話 思いが交錯する夜

    頭をぶつけてケガをしたテギョンを、シヌとダオンが手当てしてくれる。ダオンのことで元気がないソヒと、暗い様子のシヌをさりげなく励ますシウン。シヌに呼ばれたダオンは、テギョンに対する率直な気持ちを話す。

  • 第10話 ブレスレットの意味

    シヌはテギョンに初めて会った日のことを思い出す。それはテギョンが生徒会にやって来る前の出来事だった。ダオンがつけているブレスレットを発見した友人は、男にもらったことは言わないほうがいいと言う。

  • 第11話 すごく心配

    ダオンとテギョンが恋仲だという噂が広がり、校内のあちこちでひそひそ話が聞こえてくる。居心地が悪いダオン。テギョンはダオンを心配して3年生の教室を訪ねるが、ダオンの姿が見えない。2人を心配するシヌとシウンは…。

  • 第12話 友達の家

    シヌの家に上がらせてもらったテギョンは、シヌと2人で素直に心の内を語り合う。シヌの机にあったキーホルダーを見つけたテギョンは…。一方、ダオンに関する噂話を否定して回るソヒ。そこにダオンがやって来る。

  • 第13話 味方になるよ

    写真の流出が原因でダオンとソヒの関係がこじれてしまう。2人の間に入ったシウンが取った行動は…?ダオンはテギョンに会うため意を決して食堂に行くが、テギョンのそばにシヌが楽しそうに一緒にいるのを見つける。

  • 第14話 どんな服がいい?

    “ひかり王子コンテスト”の準備のために一緒に買い物に行くことにしたテギョンとシヌ。どんな服を着ていくか聞くシヌに、テギョンは不思議なことを言う。仲よく話す2人を後ろからただ見つめるだけのダオン。

  • 第15話 ひかり王子コンテスト

    自分の心に素直になったダオンと、一緒にベンチに座って話すテギョン。ダオンから渡された物を家に帰って見てみると…。“ひかり王子コンテスト”の当日、テギョンは用意しておいた服がなくなっていることに気づく。

  • 第16話 (最終話) 僕の初恋の話

    ひかりの日が終了したあと、シウンは弱気になっているソヒに、生徒会室にいるダオンに会いに行くよう声をかける。家への帰り道、テギョンはシヌにまだ自分のことが大嫌いなのか問いかける。シヌの返事は…?

作品詳細

「友達なんていらない」と“自主的ボッチ”で高校生活を送っていたテギョン(イ・セオン)は、このままではいけないと担任の先生に友達の作り方を相談する。 先生はそんなテギョンに、自身が担当している生徒会への参加を提案する。 生徒会メンバーの面々がテギョンを歓迎する中、一人反対する 副会長のシヌ(カン・ユソク)。テギョンのことを邪魔者扱いする彼に認めてもらおうと、テギョンは早朝から生徒会室を掃除することに。 その甲斐もあってか、テギョンは期間限定の“臨時”生徒会メンバーとして生徒会活動に参加することになる。 しかしシヌだけはテギョンのことを絶対に認めようとはしなかった。 一方、テギョンのことをいつも気にかけ優しく接する生徒会長のダオン(チェ・チャニ)。 テギョンもそんなダオンの態度に好感を抱き、二人の距離は徐々に近づいていくのだが…。

キャスト

イ・セオン カン・ユソク チェ・チャニ コ・ウジン

スタッフ

[脚本]イ・ジウム[監督]イ・ユヨン

関連キーワード

アジア作品 BL作品
(C)WHYNOT