新作
ザ・タクシー飯店
ザ・タクシー飯店
330ポイント~

ザ・タクシー飯店

昭和ノスタルジー溢れる町中華の名店でタクシードライバーと乗客が食す一期一会の絶品グルメを堪能あれ。

2022年 8話

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 志村坂上・丸福~チャーハンとキクラゲ玉子炒め~

    ある日の朝、「今日はどこの町中華に行こうか…」と悩みながら八巻孝太郎(渋川清彦)が古巣のタクシー会社にやってくる。若社長・増保(髙木雄也)が何か食べているのに気付き、「セキネの焼売だな。ひとつ呼ばれまーす」と食べてしまい文句を言われる。そこへドライバーの東屋敷要(宇野祥平)がやってきて、赤羽で客が集まりそうなイベントがあると有益な情報。早速、孝太郎はタクシーを出庫する。 スーツ姿の男性客を乗せ行き先を尋ねると、大事な会議と妻の出産が重なりどちらに向かうか悩んでいた…。孝太郎の助言のもと、その男は目的地を決める。客を降ろした孝太郎は、赤羽のイベント会場に向かったものの誰もいない。仕方なく車を走らせていたところ、気になる町中華店を発見。暖簾をくぐりチャーハンとキクラゲ玉子炒めを堪能するのだった。

  • 第2話 ときわ台・慶修~ラーメンと酢豚定食と半チャーハン~

    タクシードライバーの八巻孝太郎(渋川清彦)は水沼博(柳沢慎吾)と美香子(ふせえり)の夫婦を乗せた。行き先は区役所だと言い、離婚届を提出しに行くという。重苦しい雰囲気の車内の中、博は離婚届が見当たらないと言い出し、取りに戻ることになった。そして、再び夫婦を乗せ区役所に向かおうとした矢先、今度は酢豚が食べたいという博。 孝太郎は町中華の店を案内し、自分も昼食をとることに。店に入り食事をしていると、美香子は孝太郎に離婚の理由を打ち明ける。そんな中、酢豚を食べていた博は孝太郎の目線に気づき、分け与える。嬉しそうに酢豚に箸を伸ばした孝太郎だったが、箸が滑り離婚届を酢豚のあんで汚してしまう。

  • 第3話 三鷹・元祖ハルピン~焼き餃子・水餃子・スープ餃子~

    ある日の夜、タクシードライバーの孝太郎(渋川清彦)は、消毒液の匂いがする若い女性を乗せる。その女性は看護師をしているメイ(山下リオ)で、疲れた顔をしていた。孝太郎はメイに餃子のおいしい店を尋ねられると、得意気な顔でメイの好みを聞き出す。翌日、休みだというメイは、ビールに合ってガツンとパンチのある餃子をリクエストする。しかし、孝太郎の思い当たる店は定休日でメイは落胆。その姿を見た孝太郎は、焼き餃子、水餃子、スープ餃子の三種類が味わえる、とっておきの店を紹介し、その店へ向かうことに。メイに誘われ、孝太郎も店に入る。横並びに座り乾杯をすると、メイが孝太郎に仕事の悩みを打ち明ける。すると、孝太郎も過去の商売の失敗や、離婚をしたことを明かした。

  • 第4話 雑色・タイガー~町中華のカレーライスとタイガー丼~

    タクシー会社の若社長・増保健壱(髙木雄也)が母の手製の弁当を食べている中、孝太郎(渋川清彦)は自分のタクシーを洗車している。すると、元同僚の東屋敷(宇野祥平)がやってきた。増保の弁当が気になる東屋敷。その弁当は、増保が学生の時から食べている“おでん弁当”で、お袋の味だった。何かを思い出したかのように、突如、東屋敷は孝太郎を黄色いカレーが食べられる町中華に誘う。 孝太郎の運転で店に向かう二人。車内では、バツ1の孝太郎、バツ3の東屋敷が家族の話をしている。店に到着すると、孝太郎は店の名前から付けられた“タイガー丼”を注文。一方、東屋敷はカツカレーではなく、カレーライスとトンカツを別々に注文。その注文方法に孝太郎は違和感を覚え東屋敷に問うと、家族との思い出の味だということが分かった。

  • 第5話 蒲田・寳華園~五目焼きそばと肉団子~

    タクシードライバーの孝太郎(渋川清彦)は大きな荷物を抱えた青年・松尾友也(松澤匠)を乗せる。行き先は羽田空港だったが、何かを思い出したように蒲田駅の方へ行くよう依頼される。友也は「蒲田は上京して初めて住んだ町だが良い思い出ばかりではない」と話し出す。役者の夢を叶えるため上京したが、才能の格差に気付き実家に戻り農家を継ぐことにしたという。さらに蒲田にある町中華の思い出を話し出す友也。目的地で降ろした後、孝太郎は友也から聞いた町中華へと足を運ぶ。歴史を感じる店内では大将と女将が手際よく料理を作っていく。カレー飯やハムチャプスイ定食など珍しいメニューが注文されていくが、孝太郎が頼むものは決まっている。夢破れた青年・友也が頑張った時にご褒美として食べた「五目焼きそばと肉団子」だ。

  • 第6話 方南町・や志満~チキンライスと玉子入り野菜炒め~

    タクシードライバーの八巻孝太郎(渋川清彦)は乗客からの電話を待っていた。日曜はタクシーを必要とする人も少ない。しばらくして孝太郎のスマホが鳴るが、現在地を言ったきり電話は切れてしまった。指定された場所には誰もいない。いたずらかと車を発進させようとすると後部座席から突然声が聞こえた。驚いて振り返るとそこには子供が。子供は内田理久(かずき)といい、横浜まで向かってほしいとお金を出して見せた。孝太郎が断ると大きな声で泣き出し、その様子を偶然観ていた住民に不審がられ警察官(今井隆文)を呼ばれてしまう。すったもんだした挙句、事情を察した孝太郎は町中華で理久とお昼を食べることに。玉子入り野菜炒めと理久用にチキンライスを注文。美味しい食事で心が満たされた理久は横浜へ向かう本当の理由を孝太郎に語り出す。

  • 第7話 稲荷町・栄来軒~麻婆豆腐と蒸しパンとエビチャーハン~

    タクシードライバーの八巻(渋川清彦)は花束を抱えた男を乗せる。男は定年を迎えた大山茂(石倉三郎)で、42年間ふりかけの会社に勤めていたという。味を決める責任者だった大山は、舌の感覚を維持するため刺激の強いものを食べる事を禁止されていた。42年間麻婆豆腐を口にした事がないと話す大山に町中華好きの孝太郎は驚きを隠せない。 そんな大山から麻婆豆腐のおいしい店を尋ねられた孝太郎は、自信満々に良いお店があると紹介する。会社員のうちに麻婆豆腐を食べてサラリーマン生活を終えたいと話す大山に一緒に食べようと誘われた孝太郎はオススメの店を一緒に訪ね、麻婆豆腐を堪能する。42年振りに味わう麻婆豆腐に、昔を思い出し目頭を熱くする大山。リズミカルな中華鍋とオタマの音をBGMに、大山から衝撃の真実を聞く――。

  • 第8話 (最終話) 三鷹・安楽~ラーメンと卵めしセットとチキンライス~

    タクシードライバーの八巻孝太郎(渋川清彦)は思いがけない乗客を前に緊張していた。パリッとしたスーツを着こなし忙しそうにスマホで仕事の打ち合わせをする女性は、孝太郎の元妻・鈴原真紀(りょう)だ。1万円でお釣りはいらないと言い残し降りていった真紀を待ち、ランチに誘う孝太郎。二人は初めてデートをした町中華へ行き、 当時と同じメニューを注文する孝太郎。真紀は娘の穂波(野村碧)が好きだったチキンライスを注文する。当時の思い出が蘇った真紀は過去に抱いていた想いを語り出す。10年前同じ場所で食事をした孝太郎・真紀・穂波。楽しかった記憶を胸に、孝太郎は真紀を送り出す。一方、タクシー会社では運転手の中途採用面接が行われていた。ギターを担いで現れた新人(こだまたいち)を尻目に、八巻タクシーは再び走り出す。

作品詳細

物語の主人公は町中華をこよなく愛するタクシードライバー。タクシーという“密室”を舞台に、様々な事情を抱えた客と、人生の酸いも甘いも経験したタクシードライバーが会話劇を繰り広げます。そして、本ドラマのもう一つの主役が「町中華」。熱気や食欲をそそる油の匂い、心地よいリズムを刻む調理の音――。本作は独特な雰囲気を持ち、人を惹きつけてやまない町中華の魅力を全面に打ち出した人情"タクシードライバー飯”ドラマとなっています。主演を務めるのは、本作が在京キー局連続ドラマ初主演の渋川清彦。さらに、孝太郎(渋川)がかつて働いていたタクシー会社の若社長・増保(ますほ)健(けん)壱(いち)に、Hey! Say! JUMPの髙木雄也。孝太郎の元同僚の東屋敷(あずまやしき)要(かなめ)に宇野祥平が出演します。

キャスト

渋川清彦 髙木雄也 宇野祥平 神戸浩 伊武雅刀

スタッフ

[原案・シリーズ構成]横幕智裕/片桐健滋[脚本]横幕智裕/小嶋健作[監督]片桐健滋/清水勇気[主題歌]酔蕩天使[プロデューサー]阿部真士/齋藤大輔[制作]テレビ東京・ザフール[製作著作]「ザ・タクシー飯店」製作委員会

関連キーワード

グルメ特集
(C) 「ザ・タクシー飯店」製作委員会