新作
吉祥寺ルーザーズ
吉祥寺ルーザーズ
330ポイント~

吉祥寺ルーザーズ

企画・原作 秋元康 が手掛ける新ドラマは“6人の負け組=ルーザー”たちが織りなす、シチュエーションコメディ!

2022年 12話

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 僕たちはフレンズじゃない

    吉祥寺のとあるシェアハウスに引っ越して来たワケありの6人。高校教師の安彦聡(増田貴久)や元女性誌編集長の大庭桜(田中みな実)など、性別も年齢も職業もバラバラだ。オーナー代理(皆川猿時)曰く、倍率17倍から選ばれた“負け組=ルーザー”の集まりとのこと。また鍵が掛かった部屋に絶対入らないことがここに住むルールだと…。6人はなぜ負け組に?開かずの部屋に一体何が?ルーザーだらけの奇妙な共同生活が今始まる!

  • 第2話 秘密だらけの花園

    シェアハウスへの引っ越しから6日が経ったが、負け組の6人はそれぞれが勝手に生活しているため、トラブルが絶えない。忙しい朝の洗面所争いに、放置されたキッチンの洗い物やゴミ袋など……家の中は何だかカオス状態に。そんな様子を見兼ねた大庭桜(田中みな実)は、集団生活のルールを決めるべく、安彦聡(増田貴久)に全員を集めての緊急会議を指示。だがワケありルーザーたちのルール決めが一筋縄でいくわけもなく――。

  • 第3話 容疑者Iの困惑

    安彦聡(増田貴久)と大庭桜(田中みな実)は、望月舞(田島芽瑠)を3日ほど見ていないことに気づく。LINEも既読にならず、「部屋で死んでいるのでは?」と心配になった2人は、業者(宮崎吐夢)に鍵を開けてもらうが姿はなく…。そんな中、シェアハウスの近所で連続誘拐殺人事件が発生。しかも被害者は舞と年が近い女性ばかりだという。警察が発表した犯人像はなんと池上(國村隼)とそっくり。桜が名探偵ばりの推理を始めるが…。

  • 第4話 同・窓・会

    望月舞(田島芽瑠)が帰らなくなってから約6日が経過。大庭桜(田中みな実)はかなり心配している様子だ。安彦聡(増田貴久)も舞を訪ねてきた謎の男・黒鉄真二(坪倉由幸)のことが気に掛かっていた。やがて舞から「同窓会で福岡に戻っている」との連絡が。無事だとわかり一安心する中、今流行りだという同窓会の知らせが続々と住人に届く。そこには一ヶ月先に開催予定の舞宛ての案内状も。舞はなぜウソをついたのか…?

  • 第5話 女子高生は二度ベルを鳴らす?

    ある出来事が原因で制服姿の女子高生がトラウマになった安彦聡(増田貴久)。克服に向けての一歩がなかなか踏み出せずにいたが、原因を知る秦幡多(片桐仁)は、半ば強引な方法で、なんとかオンライン家庭教師に登録させる。そんな折、大庭桜(田中みな実)は家の前で、聡の元教え子と名乗る間宮リコ(岩本蓮加)という女子高生と遭遇。聡に会いに来たという。居合わせた幡多は「今はいない」と嘘をついて追い返そうとするが…。

  • 第6話 吉祥寺ラブストーリー

    シェアハウス生活がスタートして早1カ月。初めての更新日を迎えるが、望月舞(田島芽瑠)はお金がなく家賃が払えないと土下座する。とその時、安彦聡(増田貴久)が聴いていたラジオ番組で、「ライフハックの投稿が採用されたら3万円プレゼント」との告知が。「それで舞の家賃が払える」とさっそく役に立つ生活情報ネタを探し始めるルーザーたち。ところが、それがキッカケで胡桃沢翠(濱田マリ)の過去と心の闇が明るみに――。

  • 第7話 スタンド・バイ・ミー・ばい!

    望月舞(田島芽瑠)が彼氏と泥酔状態で帰宅する。自称博多の売れっ子ホスト海斗こと伊東正(岡宏明)と名乗り、舞に会うため上京したというが…。そこへ舞が働くコンカフェ店員のトーコ(喜多乃愛)から、舞を訪ねて怪しい男が来店していると安彦聡(増田貴久)に連絡が。その男が言うには、舞は彼氏に騙されて詐欺の片棒を担がされているとのこと…。突如現れた舞の秘密を握る男2人。果たして住人たちは無事、舞を救えるのか?

  • 第8話 男は言えないよ

    秦幡多(片桐仁)がまたもオーディションに落選。安彦聡(増田貴久)が励ます一方で、大庭桜(田中みな実)らは厳しい言葉を…。そこに結婚報告のために妹・弥生(藤井美菜)が突然来訪。「まともな仕事に就いて欲しい」と懇願する。幡多の職業によっては婚約者の両親が結婚を認めてくれないという。聡ら住人たちまで馬鹿にする弥生と口論となった幡多は「次のオーディションに合格しなかったら家族の縁を切る」と啖呵を切るが…。

  • 第9話 ニセモノの子

    大庭桜(田中みな実)の仕事相手を通じて住人たちにテレビ出演の依頼が舞い込む。シェアハウスの密着取材をしたいという。最初は乗り気でなかった安彦聡(増田貴久)たちも桜の言葉巧みな交渉術に屈服。様子のおかしい池上隆二(國村隼)以外はOKとなる。しかも「あくまで人生のウィナーとして出演」と息を巻く桜は、「ウィナーズ大作戦」なる特訓を開始して備えるが、当日やってきたディレクターを見て、態度が豹変する!

  • 第10話 マイ・インデペンデンス・デイ

    安彦聡(増田貴久)は携帯に届いたメールを見るなり絶句。教師をクビになったことを隠している母・梢(筒井真理子)が、今から家に来るというのだ。落ちこぼれを嫌う梢を“モンスター”と言い切る聡は、嘘をつき通してやり過ごそうと画策。だが時を同じくして、もう一人のモンスター間宮リコ(岩本蓮加)からも「今から行く」との連絡が…!猛獣たちが集結する事態に陥ったシェアハウス。聡は危機を乗り超えることができるのか!?

  • 第11話 素晴らしいのかな?人生

    テレビ取材があった日を境に、池上隆二(國村隼)が姿を消した…。バッグがないことに気づいた大庭桜(田中みな実)は、旅行ではないかと推理。安彦聡(増田貴久)は何か池上の秘密を知っている様子だが、頑なに口を割ろうとしない。だが秘密を書いた紙が入ったアボカド人形は、日曜日の夕食に全員が集まれなければ割る約束で、このままだと秘密はおのずと明らかに…。池上の身に一体何が?果たして日曜までに戻ってくるのか!?

  • 第12話 (最終話) 俺たちに嘘はない

    ついにオーナー万平一平の正体が判明!さらにある事情でシェアハウスからの退去命令が下る事態に。猶予は次の更新日である2週間後…ルーザーズに衝撃が走る中、安彦聡(増田貴久)、大庭桜(田中みな実)らそれぞれが、家を出ていく前に、先送りにしていた問題に向き合おうと動き出す――。突然ピリオドが打たれることになった共同生活。6人はこのまま本当にバラバラになってしまうのか!?負け組たちの奇妙な物語ついに最終回!

作品詳細

「決して、勝ってはいないけど、負けてないところだってあるんだ」東京・吉祥寺に佇む謎めいた一軒家で不可思議なシェアハウス生活開始!?6人の負け組=ルーザーたちが織りなすシチュエーションコメディ!ぜひ、ご期待ください!

スタッフ

[企画・原作]秋元康[脚本]池田テツヒロ[監督]佐藤祐市/松木創/小林義則[音楽]信澤宣明[主題歌]Awesome City Club[オープニングテーマ]NEWS[チーフプロデューサー]阿部真士[プロデューサー]稲田秀樹/橋本芙美/村木美砂[制作]テレビ東京/共同テレビ[製作著作]「吉祥寺ルーザーズ」製作委員会
(C)「吉祥寺ルーザーズ」製作委員会