新作 無料あり
逃れられない運命-在劫難逃-
逃れられない運命-在劫難逃-
0ポイント~

逃れられない運命-在劫難逃-

殺人は、繰り返す――。

2020年 12話

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 怪しい容疑者

    付吉亮(フー・ジーリャン)と名乗る謎の青年が、李瀾(リー・ラン)という女性を殺したと自首し、元刑事の張海峰(チャン・ハイフォン)だけに真相を話すと告げる。2年前に娘を亡くしてから現場を離れていた張海峰は、呼び出されて仕方なく警察へ。青年は張海峰に対し「今晩10時半にまた人が死ぬ」と新たな事件を予告する。しかし時刻が昼12時を過ぎたと知ると、青年の態度は一変し…。

  • 第2話 巻き戻された時間

    撃たれたはずの張海峰(チャン・ハイフォン)が目を覚ますと、そこは自分が営む食堂だった。しかも李瀾(リー・ラン)殺人事件の当日に逆戻りしていた。慌てて現場に駆けつける張海峰だが、一足遅く、李瀾は殺されたあとだった。事件の捜査を担当する趙敏(チャオ・ミン)の元には、本物の付吉亮(フー・ジーリャン)が爆弾を巻きつけられた動画が送られてくる。犯人の趙彬彬(チャオ・ビンビン)は張海峰を誘い出そうとするが…。

  • 第3話 忍び寄る魔の手

    別れた妻・喬シン(チャオ・シン)を趙彬彬(チャオ・ビンビン)の魔の手から守ろうとする張海峰(チャン・ハイフォン)だが、事情を知らない彼女はその申し出を突っぱねてしまう。張海峰も嫌がる喬シンに無理強いはできなかった。一方、捜査を指揮する趙敏(チャオ・ミン)は、張海峰と趙彬彬との間に何らかの関係があるとにらんでいた。その頃、趙彬彬に襲われた喬シンは何とか自力で逃げ出していたが…。

  • 第4話 家族を守れ

    爆破に巻き込まれたはずの張海峰(チャン・ハイフォン)だが、気がつくと更に時間を遡り、一人娘の朶朶(ドードー)が生きていた2年前に戻っていた。戸惑いながらも、張海峰は与えられたチャンスを生かし、二度と家族を傷つけないと誓う。趙敏(チャオ・ミン)に趙彬彬(チャオ・ビンビン)の調査を命じる張海峰。その翌日、朶朶は喬シン(チャオ・シン)に連れられ、他の親子と一緒にバスで出かけていた。

  • 第5話 変化していく現実

    趙彬彬(チャオ・ビンビン)が朶朶(ドードー)を助けたと知り、以前とは違う展開に混乱する張海峰(チャン・ハイフォン)。しかも趙彬彬に怪しいところはなかった。帰宅した張海峰に喬シン(チャオ・シン)は離婚届を差し出す。常に危険と隣り合わせの張海峰に、喬シンの我慢は限界に達していた。家族の死という未来を体験した張海峰は、やり直したいという決意を告げる。そんな中、付吉亮(フー・ジーリャン)の死体が発見される。

  • 第6話 見えないつながり

    趙敏(チャオ・ミン)は、張海峰(チャン・ハイフォン)が容疑者でもない趙彬彬(チャオ・ビンビン)を疑い、付吉亮(フー・ジーリャン)の死にも訳知り顔で、更には十方(シーファン)化学の工場長をしていた李瀾(リー・ラン)を保護させる理由が理解できない。証拠を見つけようと躍起になる張海峰に、趙彬彬は謎めいた言葉を残して立ち去る。一方、生花店の孫暁萌(スン・シャオモン)の恋人で実業家の劉雨奇(リウ・ユーチー)は、ひそかに趙彬彬のことを調べていた。

  • 第7話 糸口をつかむ

    付吉亮(フー・ジーリャン)と李瀾(リー・ラン)は同時期に十方(シーファン)化学に関与していた。張海峰(チャン・ハイフォン)は2人の車や教材にあった共通の印も、犯人が故意に残したものだと主張する。手がかりを求めて閉鎖された工場跡地を訪れた張海峰たち。その頃、劉雨奇(リウ・ユーチー)は長寧(チャンニン)貿易の社長・杜朝陽(ドゥー・チャオヤン)の画廊で商談中だった。一方、十方化学と長寧貿易の関係を知った張海峰たちも画廊に向かう。

  • 第8話 彼らの接点

    朶朶(ドードー)の展覧会に贈る花を選びに、孫暁萌(スン・シャオモン)の生花店を訪れた張海峰(チャン・ハイフォン)は見覚えのある花を見つける。趙彬彬(チャオ・ビンビン)の実家にあったのと同じ花だった。花言葉は「永遠の希望」だと孫暁萌は話す。同じ頃、趙敏(チャオ・ミン)たちは劉雨奇(リウ・ユーチー)に話を聞いていた。趙彬彬と劉雨奇、孫暁萌の接点を探る張海峰たち。そんな中、趙彬彬の家の近くで白骨死体が見つかる。

  • 第9話 暴かれゆく正体

    趙彬彬(チャオ・ビンビン)を呼び出す劉雨奇(リウ・ユーチー)。趙彬彬は、自分の望みは孫暁萌(スン・シャオモン)が普通の生活を送ることだと劉雨奇に告げる。一方、警察の捜査により白骨死体が趙彬彬の父親・趙磊(チャオ・レイ)であることが判明する。だが、薬物依存だった趙磊は趙彬彬の実の父親ではなく、趙彬彬は施設の育ちだった。張海峰(チャン・ハイフォン)たちは施設の院長から話を聞くことに。

  • 第10話 どこで間違えたのか

    2度目の機会を生かせなかった張海峰(チャン・ハイフォン)は、どこで間違ったのかと自問する。止める趙敏(チャオ・ミン)を振り切ってその場をあとにした張海峰は、孫暁萌(スン・シャオモン)の元にやってくる。彼女に趙彬彬(チャオ・ビンビン)との関係を知っているとほのめかす張海峰。一方、趙敏たちは原点に戻って捜査を再開していた。その夜、趙彬彬の実家に忍び込んだ張海峰の前に、劉雨奇(リウ・ユーチー)が現れる。

  • 第11話 呼び戻される記憶

    新たな死体が発見される。孫暁萌(スン・シャオモン)を警察署に呼び出した趙敏(チャオ・ミン)は、彼女の父親・孫晨(スン・チェン)について質問する。幼い日を思い出す孫暁萌。だが、父の死については多くを語らない。施設で出会い、心を交わしたはずの趙彬彬(チャオ・ビンビン)についても、かたくなに知らないと繰り返すばかりの孫暁萌。そんな彼女に趙敏は発見されたばかりの死体の写真を見せる。

  • 第12話 (最終話) 運命から逃れる方法

    重病を患う孫暁萌(スン・シャオモン)を助けようとした孫晨(スン・チェン)。そんな彼を陥れた者たちと、利用しようとした組織の存在を、張海峰(チャン・ハイフォン)に語る劉雨奇(リウ・ユーチー)。娘の命と引き換えに、新薬開発の研究所に監禁された孫晨は、ある日逃亡を企てる。そこに遭遇したのが張海峰だった。父の死を、張海峰のせいだと誤解してしまった孫暁萌。悲劇的な運命の発端を知った張海峰は…。

作品詳細

有能な刑事である張海峰(チャン・ハイフォン)は、娘を事故で失ったことで妻と別れ、休職して刑事の仕事からも距離を置いていた。そんな中、ある青年が殺人を犯したと自首してくる。その青年は、張海峰でなければ何も喋らないと言う。部下である趙敏(チャオ・ミン)に説得され取り調べに立ち会った張海峰に、青年は、張海峰の娘、朶朶(ドードー)の死は偶然ではないと言い出す。激昂した張海峰は青年に掴みかかり、気を失った青年は病院に担ぎ込まれた後、逃走してしまう。そして、青年は張海峰の元妻を人質にし、張海峰をあるビルの屋上に呼び出す。そこで初めて彼は自分が趙彬彬(チャオ・ビンビン)だと名乗る。しかし、張海峰はその名前に全く覚えがない。趙彬彬はビルに爆弾を仕掛けたことを告げ、仲間か元妻の命かどちらかを選べと迫るが、無情にも時限爆弾が爆発し、張海峰は仲間も元妻も亡くしてしまう-。

キャスト

ワン・チエンユエン ルハン チー・シー

スタッフ

[監督]ウー・バイ[脚本]ジェン・フーチュン/マー・スーユー
(C)BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO.,LTD.