新作
恋する星の王子様
恋する星の王子様
220ポイント~

恋する星の王子様

1000億分の1の確率で出逢った2人が3000年の時を超えて再び“運命の愛”にめぐり逢う─心がとろける最高にスイートなファンタジー・ロマンス!

2019年

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    3000年前、北斗七星の天星師(てんせいし)・赤語(チー・ユー)は地球上で紛失した日月玉(にちげつぎょく)を探すよう命じられたが、女将軍・チー婉(チーワン)に恋をし、独断で彼女の生気の流れを変えてしまう。赤語は掟を破った罪で北斗に監禁されたが、チー婉の生気を元に戻すため、刑期満了前に地球へ逃亡する。そしてチー婉の現世での身分を特定すべく、星図(せいず)館の館長を訪ねるが、赤語が探し求める相手は漫画家の林浩樹(リン・ハオシュー)という男だと告げられる。

  • 第2話

    文素汐(ウェン・スーシー)と赤語のスキャンダラスな写真が流出し、ネット上は大騒ぎとなる。火消しを急ぐ唐懋(タン・マオ)は、素汐に赤語を連れて慈善パーティーに出席し、マスコミの前で釈明するよう命じる。偶然にも赤語が親友の林浩樹の大ファンであることを知った素汐は、浩樹に赤語の説得を頼む。しかし素汐の存在こそ浩樹に不幸を招くと信じ込んだ赤語は、2人を引き離そうと「自分は文素汐に拉致されていた」と警察に通報する。

  • 第3話

    浩樹が素汐に片思いしていると知った赤語は、素汐に「浩樹を居候させてくれるなら、慈善パーティーでスキャンダルの釈明をする」と条件を出す。素汐と口裏を合わせ、現代人になりすまして会場に現れた赤語だったが、想定外のマスコミの質問攻めに遭い、頓珍漢な受け答えをする。唐懋が記者の注意をそらすため、自分と素汐の関係を発表しようとした時、赤語は誤って素汐のドレスの裾を踏んでしまう。その拍子に肩のショールがずれ、素汐の背中が露わになると、そこには…

  • 第4話

    素汐の背中にはチー婉の矢傷と同じ、3つのアザがあった。2人の関係を確かめようと星図館を訪れた赤語に、館長は「文素汐と林浩樹は悪縁。会えば災いが降りかかる」と告げる。赤語は素汐に浩樹から離れるよう説得するが、素汐は頑として聞き入れない。その頃、楽合(ラーハー)ピクチャーズでは一連のスキャンダルで注目度の高い素汐の映画を押すことが決まり、蔡舒萌(ツァイ・シューモン)の作品は公開延期となる。唐懋が素汐の肩ばかり持つことに不満を抱いた舒萌は、銭(チエン)社長に助けを求めるが…

  • 第5話

    「クレイジートリップ」のデータ流出により、世間は大騒ぎに。マスコミを避けてやってきたホテルの一室で、素汐は唐懋から思いがけないプロポーズを受ける。一方、オフィスにデータを置いていった人物を調べさせていた舒萌は、自分が相手の思惑どおりに動かされたことに気付く。星錠を取り戻した赤語は、チー婉の現世の姿を確かめるために星図館を訪ねる。その頃、賠償費用を捻出するために家を売った素汐は、犯人とおぼしき社員を見つけて追いかけるが、トラックにはねられて…。

  • 第6話

    林浩樹と王小謎(ワン・シャオミー)は映画のデータを流出させた銭寧(チエン・ニン)を追跡するが、銭寧は乗っていたタクシーが事故を起こし、命を落としてしまう。赤語が事故現場で拾った銭寧の携帯電話から履歴の番号に発信すると、唐懋の携帯に繋がった。赤語は唐懋がデータ流出事件に関わっていると確信する。素汐は幸い軽傷で済んだが、頭を打っていたため、しばらく入院することに。病室で目を覚ました素汐のところに、蔡舒萌が記者を連れてやってきて…。

  • 第7話

    素汐にとびきりの笑顔を見せて駆け寄る赤語。いつになく優しい赤語に素汐は戸惑いを隠せない。病室に戻ると素汐の父親が見舞いに来ていた。奇抜な服を着た陽気な父と大泣きする張翠悠(ジャン・ツイヨウ)の様子に呆然とする素汐だったが、赤語は、素汐を救ったことによる生気の影響だと気付く。ひそかに力を使って翠悠の気を修正するが、その姿を唐懋に見られていた。唐懋は浩樹と翠悠の前で赤語の素性を問い、2人が疑念を抱くよう仕向ける。

  • 第8話

    唐懋は文素汐の病室に赤語が入らないよう見張りをつけ、秘書に銭寧(チエン・ニン)の携帯から送信されたメッセージの発信場所を調べさせる。赤語が見張りの隙を突いて病室に入ると、素汐が悪夢でうなされていた。赤語は素汐の夢の中に入り込み、追ってくる銭寧から救うと、彼女が行きたい場所へ連れていく。そして鍵を渡して、自宅に戻るようほのめかす。目が覚めた素汐は、夢に赤語が出てきて、優しくされたことに激しく動揺する。

  • 第9話

    赤語は地球人としての身分を証明するため、善財と坊爺に協力を頼む。高級車に乗り、美女を引き連れ、めかしこんだ赤語と共に素汐の病室に乗り込んだ2人は、皆の前で赤語が財閥の御曹司だと説明するが、疑う唐懋は、ひそかに部下に赤語の調査を命じる。素汐は退院後、しばらく唐懋の家に居候することに。レストランで唐懋が素汐に指輪を差し出した途端、時が止まり、赤語が現れる。なぜかいつも夢に出てくる赤語に、素汐は胸の高鳴りを覚えるが…。

  • 第10話

    ドーラは事務所の社長に、蔡舒萌のオファーを断った理由を聞かれるが、自分の仕事は自分で選びたい、文素汐のプレミア上映を観に行くと言い張る。観客の入りが期待できない上映会だったが、蓋を開けてみれば会場は超満員。赤語が密かにチケットを買い占め、慈善団体や学校に無料で配っていたのだ。赤語は記者の前で自らを文素汐の専属俳優と自己紹介し、金銭トラブルは解決したから、素汐はまもなく自宅に戻ると宣言する。

  • 第11話

    自宅に戻った素汐は、赤語が隣家を買ったことに驚く。素汐が唐懋に起業への思いを吐露するのを聞いた赤語は、林浩樹に素汐のために脚本を書くように言う。素汐は出資を頼むために、クラブを経営する周(ジョウ)社長を訪ねる。だが、下心を持つ周社長は、素汐にセーラー服を渡し、部屋に閉じ込めてしまう。何とか逃げ出してエレベーターに飛び乗った素汐だったが、そこへ周社長たちが追ってくる。絶体絶命の素汐は思わず息をのむが…。

  • 第12話

    素汐のドラマに興味を示した出資者が、スターの起用とサンプル映像の提出を求める。素汐が赤語を連れてドーラに出演を打診すると、最初は渋っていたドーラだったが、相手役が赤語と知るや、一転乗り気になる。この時、赤語はドーラのバッグについているチャームが、素汐が水中に沈んでいるシーンで持っていた物と同じだと気づく。素汐の次の災難がドーラに関係していると確信した赤語は、ドーラに素汐から離れるように言うが…

作品詳細

文素汐(ウェン・スーシー)は売れっ子映画プロデューサー。ある日、彼女は社長・唐懋(タン・マオ)と彼女のライバル・蔡舒萌(ツァイ・シューモン)が待つ新作映画のPRイベントに出席するため急いで車を走らせていた。すると突然、正体不明のイケメンが車にドスンとぶつかってきた!パニックになった彼女は気絶した彼をひとまずトランクに入れて会場へ。ところが、彼女とトランクのイケメンとの2ショットが隠し撮りされ、その写真がネットに流出して大炎上してしまう。その日以来、赤語(チー・ユー)と名乗るその謎のイケメンに付きまとわれ、ゴシップ記者に追いかけられ、順調だった仕事もトラブルの連続に!実は赤語は北斗七星からやってきた“天星師”。3000年前、彼は宇宙の生気のバランスを正すために訪れた地球で女将軍・チー婉(チー・ワン)と恋に落ちた。そして、彼女を愛したがために使命に逆らった彼は故郷の星で投獄され、生気が流出したチー婉は愛する力を失い、生まれ変わっても30年しか生きられない運命となってしまった。そして今、赤語は北斗七星から逃亡し、チー婉の生まれ変わりを探すため地球に戻ってきた。彼は今度こそ命を懸けて愛する人を不幸な運命から救おうとしていたが……。

キャスト

チャン・ミンオン シュー・ルー レン・イェンカイ ウー・シン

スタッフ

[監督]林宏杰/陶声
(C)BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.