新作 無料あり
皇帝陛下の恋煩い
皇帝陛下の恋煩い
0ポイント~

皇帝陛下の恋煩い

男装女子の恋のお相手は、中二病の皇帝陛下!?中国大手配信プラットフォーム“iQIYI”宮廷ドラマランキング第1位を獲得した話題作!

2020年

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    都でも名の知れた大侠・玉麒麟(ぎょくきりん)―その正体は、江湖に憧れるじゃじゃ馬娘の顔知夏(がん・ちか)だった。ある日、彼女に“裏の仕事”の依頼が。しかし、依頼人である宦官の王(おう)が金を支払わずに姿を消したせいで、知夏は借金を背負うことに。約束の金を取り立てるため、宮中に忍び込んだ知夏だったが…。

  • 第2話

    「どうか私が選ばれないように尽力を」―皇帝の側仕えになりたいかと聞かれた顔知夏(がん・ちか)は即答した。目の前にいる厳錦(げん・きん)こそが皇帝陛下その人なのだが、知夏は彼を御前侍衛だと信じ込んでいるのだ。一方、知夏の答えにムッとした厳錦は、彼女の勘違いにつけ込んでからかってやろうと悪戯心が湧き起こり…。

  • 第3話

    実は厳錦(げん・きん)が皇帝だったと知り、茫然自失の顔知夏(がん・ちか)。厳錦はそんな彼女を前にして、なぜ知夏―三宝(さんぽう)を側仕えとして指名したかを語り始めるのだった。同じ頃、知夏の父・一航(いつこう)は、投獄された林(りん)丞相の孫で、娘の許婚でもある晏清(あんせい)のもとを訪ねていた…。

  • 第4話

    厳錦(げん・きん)の婚姻―それは権勢をふるう太后とその従兄であるキョウ野(きょう・や)大将軍にとっては、将来を左右する大問題。密談を重ねる2人は、キョウ野の娘・止月(しげつ)を妃とし、今後も厳錦を自分たちの思いどおりに操ろうと画策するのだった。一方の厳錦は、先頃耳にした三宝(さんぽう)についての噂話が頭を離れず…。

  • 第5話

    「こんな所へ何をしに来た?」。林珂(りん・か)は、目の前に現れた孫・晏清(あんせい)の姿に驚き、そう問いかけた。しかし、答えは明白である。濡れ衣を着せられた林丞相を、力ずくで救い出しにきたのだ。そこに、もう1人の人物が。皇帝・厳錦(げん・きん)の“師匠”である。その言葉に、今度は晏清が驚く番だった…。

  • 第6話

    幼なじみである厳錦(げん・きん)への想い―ひと度戦場に出れば怖いものなしのキョウ止月(きょう・しげつ)だったが、彼も同じように自分を想ってくれているかどうか、不安と期待に揺れていた。キョウ野(きょう・や)はそんな娘の心を利用し、厳錦が妃を迎える意思があるかを探って太后に報告するよう、娘に命じるのだった…。

  • 第7話

    「消されるとか?」。頭から大きな袋を被せられ、何者かにさらわれた顔知夏(がん・ちか)は、最悪の事態を覚悟した。ところが、連れていかれたのは安楽(あんらく)公主のもとだった。知夏―三宝(さんぽう)の秘密をネタに、一緒に遊んでと迫る安楽。仕方なしに応じた知夏だったが、ふと皇宮を脱出する方法を思いつき…。

  • 第8話

    皇宮を出た顔知夏(がん・ちか)は、許嫁である林晏清(りん・あんせい)のもとへ。女性らしく着飾ったその姿に、思わず見とれる晏清。そんな彼に知夏は、厳錦(げん・きん)から託された“ある物”を手渡すのだった。一方、知夏の去った皇宮では厳錦が塞ぎ込んでいた。その“恋わずらい”は、周囲の者がいぶかしむほどで…。

  • 第9話

    掌事太監に封じられた三宝(さんぽう)のもとを訪れた顔(がん)尚書は仰天する。目の前にいるのは娘の知夏(ちか)ではないか。驚いたのは知夏も同じこと。とっさに2人は、再会を喜ぶ友人同士ででもあるかのように笑い合ってその場をしのぐのだった。そんななかキョウ野(きょう・や)は、ある人物を陥れるための策を巡らせていた…。

  • 第10話

    濡れ衣を着せられた林晏清(りん・あんせい)が牢の中で暗殺されないよう、キョウ野(きょう・や)に釘を刺した厳錦(げん・きん)。相手の掌の上で踊らされているかのように振る舞いながらの見事な逆襲に、顔知夏(がん・ちか)は感心することしきりだ。しかし当の厳錦は、“許婚”である晏清の身を案じる知夏の様子が面白くないようで…。

  • 第11話

    したたかに酔って、厳錦(げん・きん)と一緒に眠り込んでしまった顔知夏(がん・ちか)。目を覚ましてみると、酒を受け付けない体質の厳錦は、息も絶え絶えの様である。慌てて胡(こ)侍医を呼んだ知夏だったが、診察の最中に太后が現れた。こんな姿の陛下は見せられないと、知夏は太后の行く手を阻もうと試みるのだが…。

  • 第12話

    男好きの陛下は三宝(さんぽう)がお気に入り―そんな噂が皇宮中に広まっていた。しかし厳錦(げん・きん)には何やら考えがあるらしく、敢えて噂を打ち消そうとはしなかった。一方、摩薩(まさつ)国の兵の多くが疫病に倒れたとの報告を受けたキョウ野(きょう・や)は、己の野望を遂げるべく、国内の地固めに乗り出すことを決心し…。

  • 第13話

    キョウ野(きょう・や)は、怪しげな奇術師・鬼元良(き・げんりょう)を配下に加えたらしい。しかも、摩薩(まさつ)軍に広まった疫病も、この奇術師と無関係ではないようだ。様々な謎が渦巻くなか、動き出す厳錦(げん・きん)。一方、林晏清(りん・あんせい)に熱を上げる安楽(あんらく)公主は、彼を救う秘策を胸に牢へ…。

  • 第14話

    中秋節の夜、“若様”に扮した厳錦(げん・きん)は、顔知夏(がん・ちか)と共に街へ出た。やってきたのは都一番の妓楼・翠春院。厳錦によると、年に一度の“花魁の夜”という催しが目当てなのだという。翠春院に足を踏み入れるや否や、女将を相手にひと悶着起こす厳錦。「あの気性の荒い女将は何者だ?」―厳錦の問いに、知夏は…。

  • 第15話

    海(かい)総管の最期―その意外な振る舞いは、厳錦(げん・きん)に困惑を、キョウ野(きょう・や)に怒りをもたらした。その死を知らぬ太后は、海総管が音信不通であることを気にかけながらも、半月後に秀女選びを執り行うことを決めるのだった。そんななか、厳錦の密命を帯びた“師匠”は、摩薩(まさつ)国の軍営を訪れていた…。

  • 第16話

    摩薩(まさつ)国の可汗・耶律銘(やりつ・めい)が都に現れ、陛下との謁見を求めている―突然舞い込んだ知らせで、秀女選びは延期に。思いがけぬ出来事に驚きながらも、キョウ野(きょう・や)はそこに厳錦(げん・きん)の企みを見抜くのだった。宴席で対面を果たした厳錦と耶律銘。そこで耶律可汗は、思いもよらぬ要求を突き付け…。

作品詳細

都でも名の知れた大侠・玉麒麟(ぎょくきりん)―その正体は、江湖に憧れるじゃじゃ馬娘の顔知夏(がん・ちか)だった。ある日、彼女に“裏の仕事”の依頼が。しかし、依頼人である宦官の王(おう)が、金を支払わずに姿を消したせいで、知夏は借金を背負うことに。約束の金を取り立てるため、宮中に忍び込んだ知夏だったが…。

キャスト

チュー・ジエン マー・モンウェイ フー・ウェイルン シオン・ユーティン タン・シアオファン ワン・シャー マー・ルイゾー クアン・グワンロン ソン・ジンヤン ホー・シエ

スタッフ

[監督]マー・ユンユー[総脚本]ハオカイシン[脚本]ジャン・バーシー/ヤン・ユエ/ワン・チョン/ファン・ユエドン[原作]ガオディンシャオシエンロウ[撮影監督]ジャン・レイ[美術監督]フー・ウェイション[アクション監督]ガオ・ウェイ[VFX総監]ジャン・ジョン[スタイリスト]リン・イン
(C)Beijing Magilm Media Share Holding Co., Ltd. Beijing Zaoshijuemei Cultural Media Co., Ltd. Iqiyi literature and MIGU READING All rights Reserved. Distributed by iQIYI, INC.