新作 無料あり
愛の温度
愛の温度
0ポイント~

愛の温度

想いを測れたら、どんなにいいだろう

2017年 26話

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    脚本家のヒョンスは、自分の脚本通りに撮ってくれない監督と現場で言い争いになる。そんな状態の中ヒョンスはジョンソンと再会する。5年前、29歳の青春とともに去ってから片時も忘れたことがなかった彼がそこにいた。時は5年前―ランニング同好会で顔を合わせたジョンソンに、出会ったその日に告白され…。

  • 第2話

    脚本家を目指しアシスタントとして修行中のヒョンス。先生とは意見が合わず公募にも落選したヒョンスを見かね、先輩がジョンウの会社を紹介するが、ヒョンスはジョンウを前にきっぱり断る。やけ酒を飲み酔っ払ったヒョンスに会ったジョンソンは、入選した時のためにダンスの練習をしようと言い公園に連れ出す。

  • 第3話

    携帯電話を持たないジョンソンは、公衆電話からヒョンスに電話し食事に誘う。筏橋(ルビ:ポルギョ)まで遠出した2人はお互いのキョリを縮め、帰りの電車でジョンソンはヒョンスにキスをする。幸せな気分で帰宅した2人だったが、ジョンソンには一人息子を追ってきた母が、ヒョンスには先生からの嫌がらせが待っていた…。

  • 第4話

    アシスタントをクビになったヒョンスは、事務所に来ないかとジョンウに誘われる。ヒョンスは後輩のホンアにジョンソンは浮気性だと聞かされ、自分にはジョンソンのフランス行きを止める権利はないと強がる。一方、シェフの嫌がらせに失望し店を辞めたジョンソンは、5年後一緒に店をやりたいとジョンウに伝える。

  • 第5話

    ジョンソンにフランスから連絡がきたことを知ったヒョンスは思わず泣いてしまう。2人で川辺に座りジョンソンはヒョンスに待っていてほしいと話す。しかしヒョンスの答えは想像とは違っていた。ジョンソンは空港から最後の電話をかけるが、ジョンウと食事をしていたヒョンスはわざと電話に出ず、2人は離れてしまい…。

  • 第6話

    ジョンウの事務所で脚本家デビューしたヒョンスだが、ドラマの監督と衝突が絶えない。気晴らしにジョンウがヒョンスを連れて来たのは、ジョンソンがシェフを務める店だった…。5年前、ヒョンスが脚本家になりジョンウにプロポーズまでされたことを知るホンアはヒョンスに嫉妬し、フランスのジョンソンに打ち明ける。

  • 第7話

    恋人がいないのに噂を信じるのは軽率だとヒョンスはジョンソンを責めるが、逆に電話に出なかったことを責められる。過ぎた時間は取り戻せないとヒョンスを拒むジョンソン。仕事は別だと言いながらもヒョンスを見守り続けるジョンウは、フランスでジョンソンに彼女にフラれた話しをそれとなく聞きだすのだった。

  • 第8話

    ホンアはジョンウの事務所に自分の脚本を持って行き、ヒョンスより自信があると猛アピールする。脚本を担当するドラマの視聴率がダウンし元気のないヒョンスの前で、公募に入選したホンアは喜びをあらわにする。ジョンソンに祝ってもらう約束をするが、ジョンソンは店の知名度アップのため料理対決番組に出演し…。

  • 第9話

    俳優にドラマを降りると言われ落ち込むヒョンスに、手料理をふるまうジョンソン。一方ジョンソンに誘いを断られて腹をたてたホンアはヒョンスの家に向かい…。ホンアの苛立ちを知ったヒョンスは、ホンアと男を取り合うようで辛いとジョンソンに話すが、その程度の想いならあきらめろと言われ、反省する。

  • 第10話

    脚本を使ってくれないことに耐えられなくなり、ヒョンスはドラマの降板を決意。ヒョンスの決心を確かめたジョンウは「分かった」とだけ言いヒョンスを家に送る。ヒョンスは気分転換に麗水旅行に行く計画を立てるが、話しを聞いたジョンソンも旅行に同行し、ジョンウもまた麗水へと向かっていたのだった。

  • 第11話

    ヒョンスとジョンソンは2人きりで麗水を観光し、お互いの気持ちを確かめ合う。橋のほとりで2人が肩を寄せ合って座っているのを見てしまったジョンウは、ショックを受けてその場を立ち去ってしまう。一方、ジョンソンの店の料理を食べた客がアレルギーの発作を起こしてしまい、店の信用を落とすことに。

  • 第12話

    ジョンソンの家を訪ねたヒョンス、そこへジョンソンの母もやってきてジョンソンは彼女を紹介する。ホンアにけしかけられ心を固めたジョンウだったが、ヒョンスとジョンソンが手をつないで歩く姿を見てしまい…。恋人を紹介したいというジョンソンに、週末自分がプロポーズする時に同席させるようにと話す。

  • 第13話

    お酒を飲み夜遅くにヒョンスを呼び出したジョンウ。ジョンウの気持ちに気付かないヒョンスはオフィスに駆けつけ、いい人を見つけてほしいと言う。一方ジョンソンは、ジョンウのために準備をし、プロポーズの相手が誰か楽しみにテラスに上がっていく。しかしそこにいたのは何も知らずに呼び出されたヒョンスだった。

  • 第14話

    ジョンウはジョンソンとヒョンスを自分の一番好きな男と女だと改めて紹介する。ヒョンスは、5年前に好きだった相手がジョンソンで再会してつきあっていることをジョンウに打ち明けるのだが…。そんな複雑な心境の中、ヒョンスはジョンウに脚本を気に入ってくれた人気女優のユ・ヘジンを紹介してもらう。

  • 第15話

    不安になってジョンソンを訪ねたヒョンス。そんなヒョンスにジョンソンは、過去には嫉妬しないから大丈夫と元気づける。ヒョンスは彼氏を紹介しようと両親を連れてジョンソンの店に行くが、同じく店に姿を現したヨンミと恋人も食事を始め、偶然両家の対面となり気まずい空気のなか挨拶を交わすことに。

  • 第16話

    店の見直しを促すジョンウにジョンソンは約束が違うと反発するが、ジョンウはヒョンスの愛を得るために揺さぶり続けると強気な態度を見せる。新作の企画会議をするからとジョンウの別荘に連れて来られたヒョンス。ヒョンスの帰りを待っていたジョンソンは、ヒョンスを送って来たジョンウを殴ってしまう。

  • 第17話

    ジョンウのオフィスで偶然ヒョンスを見かけたヨンミは、ジョンウとヒョンスの仲を疑い始める。店の経営が悪化していく中、ジョンソンはヨンミがジョンウからお金を借りていたことを知る。怒りで涙が止まらないジョンソン。驚いて駆けつけたヒョンスはジョンソンに一緒に暮らそうと提案するのだが…。

  • 第18話

    ジョンウに店の経営から手を引いてもらうことにしたジョンソンは、ヨンミの借金も返済すると誓う。一方ヒョンスは、難しい家族の問題を一緒に乗り越えようと明るく振る舞うが、ヒョンスが家族の話をするたびジョンソンは言葉に詰まってしまう。ジョンウに贈り物をもらったヒョンスの母は、ジョンウにお礼をする。

  • 第19話

    ヨンミの借金を精算しようとするジョンソンは、ジョンウに分割での支払いを頼む。そしてジョンソンを訪ねた父に、母に暴力を振るい家庭を壊したことをなじってしまう。ヒョンスの母は脳動脈りゅうで一刻も早い手術が必要と診断されるが、医者から手術待ちの状態だと告げられ、ヒョンスは泣き崩れる母を必死に支える。

  • 第20話

    母の手術を早めるため知り合いをあたるヒョンス。見かねたホンアがジョンウに知らせると、早速ジョンウの口利きで手術が決まる。手術当日、朝食を作ってきたジョンソンはジョンウに一歩先を越され病室に入れなかった。食事ものどを通らない父に朝食を開けるヒョンス。一緒に食事しながらジョンウは温かい雰囲気に浸る。

  • 第21話

    同棲を拒まれてから愛を感じられないヒョンスは、ジョンソンとの間に壁を感じるようになる。無事に退院したヒョンスの母はジョンウを食事に招待する。ジョンウはヒョンスのことが好きだと告げるが、あまりのストレートな言葉に両親は戸惑ってしまう。ジョンソンはヒョンスに指輪を渡し一緒に暮らそうと話すが…。

  • 第22話

    ミシュランの一つ星を獲得したジョンソンの店は大繁盛、放送が前倒しになったヒョンスも忙しい毎日を送っている。すれ違いの日々の中、ヒョンスはジョンソンを呼び出し、もらった指輪を返す。そんな中、ジョンソンの元へ香港の新店からオファーが来る。ジョンソンは香港に一緒に行こうとヒョンスに提案するが…。

  • 第23話

    香港に行くことになったジョンソンの元へと車を走らせるが、涙があふれ運転できなくなってしまうヒョンス。ジョンソンもまた一目ヒョンスに会いたくて家の前まで来てしまう。遠ざかっていた気持ちが再び一つになり距離を縮める2人。一方ホンアは、振られたジョンウの気持ちを分かってないとヒョンスを責める。

  • 第24話

    香港行きを取りやめヒョンスと寄りを戻すことにしたジョンソンに、ヨンミは泣き言を言う。ジョンソンを訪ねたジョンウは、ヒョンスが自分に振り向かなかったとジョンソンに告げ負けを認める。落ち込むヨンミと一緒にショッピングに出掛けるヒョンスに、ホンアは仕事に集中していないから張り合いがないと一喝する。

  • 第25話

    ありのままでいられるようヒョンスの携帯登録名は“イ・ヒョンス”にしているとジョンソンに言われ、自分は愛という感情を愛していたことに気づくヒョンス。指輪を持ってジョンソンに会いに行き、その指輪と引き換えに指輪を返してほしいと話す。女性の親指と男性の薬指のサイズが同じだと運命の人だと言うヒョンスだが…。

  • 第26話 (最終話)

    3ヵ月後―ドラマが成功したヒョンスとホンアとジョンウは、ジョンソンの店で内輪だけのお祝いをする。ヨンミは生花店を開き、自信を取り戻している。愛を“選択”と考えていたヒョンスと“運命”と考えていたジョンソンは、お互いの両親やお世話になった人々を店に招待し、2人で人生を共にすることを誓うのだった。

作品詳細

夢のために大企業を辞めて、脚本家のアシスタントとして働くヒョンス(ソ・ヒョンジン)。ある日、後輩のホンア(チョ・ボア)に誘われたマラソンイベントで料理人のジョンソン(ヤン・セジョン)と出会う。会ったその日に6歳下のジョンソンから告白されたヒョンスは、突然の出来事に驚き、からかわれたのかと不快感をあらわにする。後日、人生思うようにいかず落ち込んでいるヒョンスの前に現れたジョンソン。やがて2人の距離は近づいていくが、ジョンソンのフランス留学をきっかけに別れが訪れる。想いを抱えたまま離れ離れになった2人は、5年後、運命の再会をするが…。

スタッフ

[演出]ナム・ゴン[脚本]ハ・ミョンヒ
(C)SBS