SUPERNATURAL VII <セブンス・シーズン>
SUPERNATURAL VII <セブンス・シーズン>
275ポイント~

SUPERNATURAL VII <セブンス・シーズン>

リヴァイアサンが解き放たれる!サムとディーンが全身全霊で悪魔と戦うセブンス・シーズン

初回登録で新作映画が3,000円分楽しめる

14日間無料体験

2012年 23話

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 カスティエルの暴走

    煉獄の魂を吸い上げ、カスティエルが“神”になる。彼は、サム、ディーン、ボビーの3人を殺しこそしないが、神の仕事を邪魔するなと厳しく警告する。絶対的なパワーを手にしたカスティエルが“世直し”と称して暴走する姿を目の当たりにしたディーンは、死の騎士を操り彼を殺害しようと企む。だが、カスティエルの方が一枚上手だった。ディーンは、計画を見抜かれたばかりか、死の騎士に恐ろしい事実を突きつけられてしまう。

  • 第2話 未知の侵入者たち

    神になったカスティエルは、新たに身につけた“絶対的な力”の重みに苦しんでいる。そして、再び幻覚を見始めたサムは地獄にいた頃のフラッシュバックに悩まされ、現実と幻覚の区別がつかなくなっている。カスティエルと戦い、サムを常に現実に引き戻そうとするディーンと、彼を最大限にバックアップするボビー。だが、彼らの前に煉獄の怪物“リバイアサン”が立ちはだかる。

  • 第3話 小さな恋の物語

    ディーンは、サムが書き置きを残し黙って狩りに出たのを知り激怒する。サムは、十数年前に自分が関わった事件とそっくりの記事を新聞で見つけ、同一犯なのかを探ろうとしていた。犯人は、予想どおりエイミーだった。サムが中学の頃に出会った少女エイミーは、今、母となって彼の前に現れる。そして、彼女は息子の病気を治すためには人間を襲うしかなかったと告白する。

  • 第4話 弁護人サム

    奇妙で残酷な一連の殺人事件を捜査していたサムとディーンは、それらの事件には共通点があることに気づく。被害者たちは過去に何らかの罪を犯しており、農園の納屋で裁判にかけられ死刑を宣告されている。裁判を仕切るのはエジプトの冥界の神オリシスだった。だが、ディーン自身が裁判にかけられサムが弁護を買って出ると、オリシスは思いがけない証人を呼び出すのだった。

  • 第5話 嫉妬は怖い

    サムとディーンは、町の名士が次々と変死していく事件を追っているが、現場に落ちていた古いコインから、それが強力な魔女マギーの仕業だと推理する。マギーの次のターゲットは夫のドンだとめぼしをつけた二人は、彼のもとに駆けつけるが、マギーが嫉妬に燃え、怒りを爆発させた理由は彼の不実にあることが判明する。そして、最強の魔法使い夫婦の和解を図るため、サムは意外な作戦に出る。

  • 第6話 指名手配犯サム&ディーン

    リバイアサンがサムとディーンになりすまし大虐殺を行い、全米を恐怖に陥れる。またしても“凶悪犯のお尋ね者”となった二人。彼らはボビーのつてで“逃がし屋”フランクと接触し、偽のサムとディーンを仕留める方法について教えを請う。一方、リバイアサンを退治するため独自に捜査を進めていたボビーは、偶然にも彼らの弱点を発見する。

  • 第7話 サイキック・タウン

    占いや交霊術を受ける人々が全米から集まる観光スポット、リリーデイルという町で霊能者が怪死する事件が立て続けに起きる。別々にこの事件を調べていたサムとディーンは、カフェで鉢合わせする。ディーンの説得で一緒に調査を始めた二人は、リリーデイル創成期の霊能者たちが事件に関与していることを突き止めるが、誰が幽霊をコントロールしているのかをなかなか見極められずにいた。

  • 第8話 驚きの結婚式

    毎年恒例のバケーションでラスベガスに向かうサムとディーン。だが、途中でサムがいなくなりディーンは困惑する。そこにサムからメールが届き、ディーンは教会に呼び出される。サムは、彼の熱烈なファン、ベッキーと結婚すると言う。ディーンは仕方なくガースというハンターと組んである事件を調査するが、サムの結婚とその事件には意外にも接点があることが明らかになってくる。

  • 第9話 最強の敵

    サム、ディーン、ボビーの3人は、リバイアサンの追跡から逃れるためニュージャージー州の森林公園に身を潜めていたが、公園内でキャンプ中の男性が謎の生物に襲われるという事件が起きるとすぐに捜査を開始する。そんな中、ディーンは大好きなレストラン“ビガーソン”を見つけて興奮する。だが特製サンドイッチを食べたディーンは、体内の不気味な変化に気づき、がく然とする。

  • 第10話 死の扉

    リバイアサンの秘密を知ってしまったボビーは、頭を撃たれ昏睡状態になるが、生死の境をさまよいながら、自分が目にしたリバイアサンの恐るべき計画をサムとディーンに何とか伝えようとしていた。すると、夢の中に亡き親友ルーファスが現れ、臨死状態から抜け出す方法を教えてくれる。だが、生還するためにはボビーが二度と思い出したくない過去を追体験しなければならなかった。

  • 第11話 ハンターの覚悟

    ディーンは、ボビーの身に起きたことを受け入れられず、リバイアサンのリーダー、ディック・ローマンを殺すことだけを考えていた。そんな中、ボビーの携帯にクリシーという少女から電話が掛かってくる。電話に出たサムは、行方不明になったクリシーの父親を必ず捜すと約束するが、その父親がハンターだったことが判明すると、事態は思わぬ方向に展開しサムを巻き込んでいく。

  • 第12話 時を超える殺人者

    ディーンが、時間の神クロノスとともに1944年のシカゴにワープしてしまい、銃を所持していたため直ちに逮捕される。そして、映画『アンタッチャブル』に登場する伝説の刑事エリオット・ネスがディーンを尋問する。一方、目の前でディーンとクロノスが消えるのを目撃したサムは、ディーンを現代に連れ戻す方法を探るが、それはまさに“時間との戦い”だった。

  • 第13話 危険な情事

    サムとディーンは、被害者の手足が切断され、胸には謎の紋章が彫られるという奇怪な連続殺人事件を調査する。紋章に着目したサムは地元の大学教授を訪ね、それがアマゾン族の女性戦士たちのものだと突き止める。一方、ディーンは情報収集という名目で地元のバーに行き、知り合った女性と一夜を過ごす。だが、それがディーンを恐ろしい事態に巻き込むことになるとは想像もしなかった。

  • 第14話 ようこそピエロランドへ

    サムとディーンは、カンザス州で起こった一連の変死事件を捜査するため、子供向けのピザチェーン店に向かう。被害者の子供たちが最近その店で誕生日パーティーを開いているという共通点が見つかったからだ。サムはディーンに命じられ、その店のメインキャラクター“プラッキー”というピエロを調査することになるが、サムは子供の頃からピエロが“一番怖いもの”でトラウマにもなっていた。

  • 第15話 呼び出された悪魔

    4年前、サムとディーンは小さな町で次々と女性を殺す悪魔を退治し、ノラという女性を助けたことがあった。だがその悪魔が今、黒い目の悪魔となって彼らの前に現れる。一方、二人が悪魔を打ち負かした時、どうにか救うことができたジェフリーという郵便局員は、その事件以来ずっと精神科病棟にいる。兄弟は、彼が悪魔に憑りつかれていた頃の記憶を探りに病院を訪れる。

  • 第16話 恐怖の古道具

    サムとディーンは、たくさんの“呪われた物”が誤って放出され、大混乱に陥っている町を訪れる。その町で、死ぬまで踊り続けたバレリーナの遺体が発見されたからだ。二人は、彼女のバレエシューズに注目し調査に乗り出すが、ディーンがうっかりそのバレエシューズに触れてしまう。そして、バレエシューズの呪いがディーンに襲いかかる。

  • 第17話 癒しの力を持つ男

    ルシファーの幻覚がサムの前に現れ、彼の心をかき乱す。追い詰められ、自分にしか見えないルシファーと話し続けるサムは、とうとう精神科病棟に入れられてしまう。ディーンは、そんなサムを救い出そうと、知っているハンターすべてに声をかけ協力を求める。その中のハンターが、ディーンに一人の男を紹介する。だが、それは思いがけない昔からの友人だった。

  • 第18話 日本から来た呪いの酒

    ハンターのガースがディーンに突然電話を掛けてくる。彼は、驚くディーンに向かって「君たち二人の助けが必要だ」と言う。サムとディーンは、ガースたちが戦っている相手が日本から復讐のために送られてきた“ショウジョウ”という謎の生物であることを突き止める。だが、やっかいなことに、ショウジョウが見えるのはハンターが酔っている時だけだった。

  • 第19話 幽霊屋敷

    サムとディーンは、ハンター仲間のアニーから助けを求められ、ある幽霊屋敷に駆けつける。だが、彼らが到着した時アニーの姿はなく、二人のティーンエイジャーが無惨な姿で横たわっていた。そして、屋敷にたたずむ多くの霊は、サムとディーンにはまったく見えていない。そんな中、ボビーの携帯用酒瓶がかすかに動く。まるで、ボビーが彼らに何かを伝えようとするかのように…。

  • 第20話 ハッカーの女

    ディック・ローマンがフランクのハードディスクを手に入れ、何も知らない優秀なハッカーのチャーリーに渡す。そして、48時間以内にハードディスクのセキュリティを解除しないとクビにすると彼女を脅し、サムとディーンの極秘データを取り出そうとする。それを知った二人は、チャーリーがセキュリティを解除する前にハードディスクを取り戻そうと必死になる。一方、彼らを助けようとしていたボビーは、ディックへの怒りを爆発させてしまう。

  • 第21話 神の言葉

    カスティエルが目を覚まし、話しさえしている、とメグがディーンとサムに警告する。一方、ケビンというティーンエイジャーが雷に打たれ、全くその気がないのに預言者になってしまう。リバイアサンを倒すための鍵を握っているのはその預言者ではないかと察し、サムとディーンは、二人の大天使と戦った後、彼のもとへと向かう。大天使も兄弟と同じ目的でその預言者に近づこうとしていた。

  • 第22話 アルファの血

    ディック・ローマンとリバイアサンを倒すために、サムとディーンは3つの重要なアイテムを見つけ出さなければならない。カスティエルも手伝ってくれたが、見つけたのは1つだけだった。そして兄弟は、最も強力な敵二人と向き合うことになる。それは、ヴァンパイアのアルファと悪魔のクラウリーだった。一方、ボビーは、新しい幽霊のトリックを使おうとするが、そのため危険に陥ってしまう。

  • 第23話 (最終話) 適者生存

    ディック・ローマンとの戦いが最終段階に突入する。彼に打ち勝つため、ウィンチェスター兄弟は、ありとあらゆる手段で武装する。二人は、悪魔の血と修道女の骨を手に入れ、カスティエル、ボビー、メグ、ケビン、預言者は総動員で彼らを援助する。

作品詳細

ルシファーをはじめ本物の悪魔たちが、サムに“地獄の幻覚”を見せるという拷問にかける。そして、ウィンチェスター兄弟が絶大な信頼を寄せるボビーは、悪に倒されてしまう。二人は、無垢な人々を恐怖のどん底に陥れる悪霊たちを退治するため、アメリカの裏街道で、再びハンティングの旅を始める。だが、彼らを待ち受けているのは、二人のどんな武器にもビクともしない、煉獄から解き放たれた強力で恐ろしい“リヴァイアサン”という新たな敵だった。ボビーを失ったサムとディーンが頼れるのは、いまや彼ら自身しかいない。果たして二人は生き残れるのだろうか?セブンス・シーズンでは、想像を絶する事実が次々に暴かれる。

スタッフ

[製作総指揮]マックG/エリック・クリプキ/セラ・ギャンブル

関連キーワード

マックG
(C)2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.