新作
アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室
アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室
330ポイント~

アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室

SNS誹謗中傷問題に焦点を当てた、全く新しいサスペンスドラマが誕生!

初回登録で新作映画が3,000円分楽しめる

14日間無料体験

2021年 8話

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 SNS誹謗中傷問題に焦点を当てた、全く新しいサスペンスドラマが誕生!

    警視庁はSNSでの誹謗中傷によるトラブルや事件の解決を目指す架空の専門部署「指殺人対策室」=指対(ゆびたい)を新設。メンバーは万丞渉(香取慎吾)を始め一癖も二癖もある変わり者ばかり…。そんな折、誹謗中傷を苦に自殺したモデルの真田梢の両親が訪れ匿名の人間たちの心ない言葉に娘は殺されたと涙ながらに訴える。それを聞いた新人刑事の碓氷咲良(関水渚)は「絶対に犯人を逮捕してみせます!」と約束してしまうが…。

  • 第2話 SNS誹謗中傷問題に焦点を当てた、全く新しいサスペンスドラマが誕生!

    『裏K察』というサイトに、アノニマスと名乗る人物から、“親友を死に追いやった犯人”として名前を書き込まれた古賀有希は、追い詰められて重傷を負う。投稿者の“アノニマス”は警察内部の人間かも…?万丞渉(香取慎吾)ら指殺人対策室に疑念が渦巻く中、新たに芹沢亜里沙(深川麻衣)が相談に訪れる。ネットで炎上中の店員を土下座させる動画の女性が、亜里沙だというデマが拡散しているのだという。 顔写真や勤務先も晒され、世の中からひどい誹謗中傷を受けているという…。

  • 第3話 SNS誹謗中傷問題に焦点を当てた、全く新しいサスペンスドラマが誕生!

    高校生・片山蓮(青木柚)によるホームレス殺害事件…1カ月後、蓮の個人情報が特定、ネット上で晒されたことで大きな話題となっていた。事実とは異なるひどい中傷も多く、蓮の父・遼太郎(戸田昌宏)は、「指殺人対策室」に最初に情報を晒した犯人を捕まえてほしいと依頼。万丞渉(香取慎吾)と碓氷咲良(関水渚)は早速捜査にあたるが、交友関係を調べるうちに蓮の本性が浮き彫りになっていく。

  • 第4話 SNS誹謗中傷問題に焦点を当てた、全く新しいサスペンスドラマが誕生!

    元アイドルの真壁澪が、夫の清二と共に「指殺人対策室」にやってくる。既婚男性とのW不倫を報じられてしまった澪。世間から反感を買い批判が殺到、同時に誹謗中傷を伴う芸能人叩きの標的となってしまう。不倫相手は何とマッチングアプリで出会った男だった。『裏K察』という闇サイトでは次々と情報が晒され、さらには、かつて澪へのストーカー行為で逮捕された男が出所して澪をつけ回し出す…。

  • 第5話 SNS誹謗中傷問題に焦点を当てた、全く新しいサスペンスドラマが誕生!

    指対室に、大人気動画配信者さわてぃ(橋本淳)から依頼が。SNSでの誹謗中傷が1カ月前に突然増加し、ついに「死んで詫びろ」という脅迫が届き怖くなったという。その脅迫行為が晒されて大バッシングを浴びることになった星野秀一(萩原利久)は、現実世界はもちろん、ネットの世界でも居場所を失ってしまう。万丞(香取慎吾)と咲良(関水渚)は、星野の説得を試みるが、最後の望みの綱も絶たれた星野は最悪の選択をとることに…。

  • 第6話 SNS誹謗中傷問題に焦点を当てた、全く新しいサスペンスドラマが誕生!

    指対室の誰かとアノニマスが繋がっているとの噂が警察内部で広まり、中でも特に万丞渉(香取慎吾)が疑われる。そんな指対室に匿名の中傷で悩む専門学生・末松香(川島鈴遥)がやって来る。メールの中身は恋人・椚総一郎(田中偉登)への中傷ばかりだという。その相談の最中、総一郎が拉致され、監禁される生配信が始まった!「彼の全てを奪う」という脅しと共に…。

  • 第7話 SNS誹謗中傷問題に焦点を当てた、全く新しいサスペンスドラマが誕生!

    社員をパワハラで自殺に追い込んだブラック企業だとの噂で大炎上したある食品会社。そのSNSに「罪を告白しないなら爆破する」という爆破予告が届く。万丞渉(香取慎吾)らが突き止めた予告犯・小柳祐平(塩野瑛久)はアノニマスの信望者だった。するとアノニマスから裏K察に新たな動画が投稿される。「次に告発するのはこの国最大の巨悪・警察」。同じ頃、万丞は刑事部長・城ケ崎明文(高橋克実)から、アノニマスの正体を突き止めるよう指示を受けた…。

  • 第8話 (最終話) SNS誹謗中傷問題に焦点を当てた、全く新しいサスペンスドラマが誕生!

    万丞渉(香取慎吾)の元相棒・倉木セナ(シム・ウンギョン)が凶弾に倒れた2年前の事件の真相、そしてアノニマスの正体に辿り着いた指対メンバーたち。だが警察の信用を失墜させ、集合知による正義の執行を唱えるアノニマスの暴走は歯止めが効かない。ネット民だけでなく世論までもがアノニマスの支持を始める中、暴走阻止のキーパーソン・城ヶ崎刑事部長(高橋克実)までもが行方をくらまし…。対アノニマス最後の闘いが始まる!

作品詳細

SNSのトラブルが後を絶たない。警視庁は、世論の声に応えるべく試験的に専門の対策室「警視庁指殺人対策室」(通称「指対(ゆびたい)」)を新設した。SNSの情報を分析し捜査に役立てるとともに、誹謗・中傷の撲滅を目指し市民からの相談に乗る―そんな理念を掲げつつ、実際には世間に対するポーズとしての部署新設であり、集められたメンバーは、万丞渉(香取慎吾)をはじめ、出世コースから外れたクセモノばかり。そんなある日、ある夫婦が対策室を訪ねてきた。先日、一人暮らしをしていた娘が自殺したのだが、警察は「事件性なし」として早々に捜査を打ち切っていた。だが、ファッションモデルである娘がネット上で激しい誹謗中傷に遭っていたことを知り、娘を死に追いやった人たちを捕まえてほしいと依頼。「指対」の捜査が始まる。

スタッフ

[脚本]小峯裕之/玉田真也/入江信吾[監督]及川拓郎/湯浅弘章/大内隆弘[オープニングテーマ]アイナ・ジ・エンド「誰誰誰」[主題歌]香取慎吾[チーフプロデューサー]阿部真士[プロデューサー]濱谷晃一/北川俊樹/合田知弘/稲垣護/佐藤満/高橋潤[制作]テレビ東京/ギークピクチュアズ [制作協力]ギークサイト[製作著作]「アノニマス」製作委員会
(C)「アノニマス」製作委員会