新作
悪の波動 殺人分析班スピンオフ
悪の波動 殺人分析班スピンオフ
330ポイント~

悪の波動 殺人分析班スピンオフ

大ヒットクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズの鮮烈なキャラクター“トレミー”!彼はいかにして冷酷な殺人鬼になったのか…、その原点がいま、明かされる―

初回登録で新作映画が3,000円分楽しめる

14日間無料体験

2019年 5話

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    川崎市内で、首をつられて殺害される連続“首くくり殺人”事件が発生。警察の捜査は難航していたが、捜査一課の刑事・井口(池田鉄洋)は事件の容疑者として、野木(古川雄輝)を独自にマークしていた。野木は身元を詐称しており、疑わしい男だった。野木の本名は、八木沼雅人。6歳の時に、母親とともに誘拐された痛ましい“昭島母子誘拐事件”の被害者だった。隣人の吉佳(SUMIRE)はそんな野木の正体に気付き…。

  • 第2話

    “首くくり殺人”事件の4人目の被害者が出る。井口にマークされていた野木は、取り調べを受けることに。取り調べの最中、野木は警察を忌み嫌う態度を見せ、井口らの怒りを買う。野木が必要以上に警察を嫌う理由は、過去の誘拐事件にあった。一方、吉佳は兄の剛志(平埜生成)の暴力から救ってくれた野木へ特別な感情が芽生え始めており、次第に野木と行動をともにするようになるが…。

  • 第3話

    取り調べで野木の容疑は晴れ、新たに“カナ”という人物が参考人として浮上。全体の捜査は井口とは異なる方針へ舵を切られ、次なる被害者が出るのではないかと焦燥に駆られる井口。なんとか野木の尻尾をつかむべく、相棒の矢島(深澤辰哉)もあきれる中、執拗に尾行を続ける。そんな井口の監視の目に気付いた野木は、吉佳を使いながらうまくカモフラージュし…。そんな中、聞き込みをしていた井口は新たな証言を手に入れる。

  • 第4話

    野木にめった打ちされた剛志のもとへ、吉佳と井口らが駆け付ける。変わり果てた剛志の姿に絶句する吉佳。恐怖のあまり剛志も何も語ろうとしない。野木の猟奇性がいよいよ証明され、井口は野木への捜査令状を取る。次のターゲットは吉佳だと井口に警告され、戦慄する吉佳。再び容疑者として捜査線上に浮上した野木は、必死の想いで逃れようとする。その中で、野木はある事実をつかみ、驚愕の真実にたどり着く。

  • 第5話 (最終話)

    野木は井口に用心するよう吉佳に伝えようとするが、井口は既に吉佳に接触していた。野木は吉佳の身を案じ、自宅アパート前で待ち伏せする。野木は井口と対峙するが、スタンガンで攻撃を受けて気を失ってしまう。目が覚めると野木は監禁されており…。井口は、捜査が自分の思惑通りにうまく運んだと意気揚々と捜査本部に返り咲く。そこへ1本の電話が入り…。

作品詳細

2014年、川崎市内で女性ばかりを狙った連続殺人事件が起きる。被害者は皆、首をつられて殺されており、世間では“首くくり殺人”などと呼ばれていた。犯人の手掛かりがつかめず警察の捜査は難航するが、捜査一課の刑事・井口(池田鉄洋)はこの殺人事件の容疑者として、古びたアパートに暮らす男・野木直哉(古川雄輝)をマークしていた。野木の本名は八木沼雅人。6歳のときに母親と一緒に誘拐され、瀕死の状態で発見された“昭島母子誘拐事件”の被害者だった。野木は身元を詐称してアパートに暮らし、気配を消して息を潜めながら生活していたのだが、警察はそんな野木への疑いを深めていく。そんな中、野木は隣に住んでいた吉佳(SUMIRE)と接触。お互い恵まれない環境で育った2人に、通じ合う何かが生まれてくるのだが…。

スタッフ

[監督]内片輝/山本大輔
(C)WOWOW・TBSスパークル/「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」パートナーズ