新作 無料あり
恋恋江湖~真実の愛の見つけ方~
恋恋江湖~真実の愛の見つけ方~
0ポイント~

恋恋江湖~真実の愛の見つけ方~

総再生回数32億回!イケメン夫とイケメン彼氏に囲まれ同居!?恋多き乙女の三角関係と生死を賭けた武侠の世界が交錯する笑いと涙のラブコメ時代劇!!

初回登録で新作映画が3,000円分楽しめる

14日間無料体験

2019年 24話

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    江湖に波風が立ち、聖医派は鬼域門たちの攻撃を受け危機に陥る。聖医派の于掌門は娘の盛優を守るため、宮家に嫁がせようとする。于盛優は師兄や師弟たちと共に天真爛漫に育てられたが、一方でよく騒ぎを起こす問題児。宮家は于掌門に命を救われた恩があるため、宮家の3人の息子のうち1人を盛優に選ばせ結婚させることに。だが盛優は3兄弟のうち次男は障害を持ち、三男は容姿に問題があることを知る。絶望した盛優の前に現れたのは長男の宮遠修。彼はかつて盛優を助けた美男子であった。喜んで遠修を夫に選ぶ盛優だが、結婚初夜、遠修は自分を覚えておらず、しかも以前の遠修とはまるで違うおバカだと知る。後悔先に立たず。聖医派での日々を懐かしみつつ、盛優の宮家での結婚生活が始まる。

  • 第2話

    結婚を後悔する于盛優は自害を図ることで宮家から逃れようと考え、手首を切る、放火する、服毒する、崖から飛び降りる、首を吊るなど、様々な手を考えるが、いずれも失敗に終わる。ついには夫を殺してしまおうと考えるが、宮遠修の内功が強く、これも失敗してしまう。一方、江湖には成華卿という人物が出現し、滅ぼされた門派の敵を討つべく、仲間を集めて鬼域門に対抗する。一行は砂漠の中にある鬼域門の拠点に向かうが、鬼域門の魔球功という技で打ちのめされる。宮家は結婚を後悔する盛優に「離縁しても構わない」と言うが、次男の遠涵は「屋敷を出ても宮家の嫁には変わらない」と告げる。

  • 第3話

    于盛優は宮遠修とうまくやろうと努めるうち、おバカな遠修に愛着を持つようになる。盛優は遠修を治すための薬を熱心に作り始めるが、使用人たちは盛優が病を治して早く宮家を去ろうとしていると噂する。その噂に傷ついた遠修は家出してしまう。そんな遠修を捜し当てた盛優は、自分に思いを寄せるおバカな夫の気持ちに感動し、ずっとそばにいると約束する。一方、江湖の状況を分析する鬼域門の門主は、于盛優を鬼域門に連れ帰るよう命ずる。その頃、于盛優は嫌がらせをする宮家の遠涵や遠夏たちに対抗すべく騒ぎを起こす。だが、遠修は2人の弟達に「盛優を心から愛している」と伝える。

  • 第4話

    于盛優は聖医派の技を使い、宮家の主人の誕生祝いの席で遠涵に恥をかかせる。その後、盛優は宮遠修をだまして“宮家心法”を手に入れ、遠修の素直な性格を利用して失くした耳飾りを捜させているそのすきに、使用人の宮守正は宮家心法を奪い取り、盛優の命と引き換えに書を持って逃げ出してしまう。だが幸い、宮守正が奪った心法は偽物であった。于盛優は己の非を認め、罰を受けようとするが、遠修が代わりに罰を受ける。このことで夫婦の絆は一層深まり、盛優は遠修や宮家に対する考えを改める。遠涵は宮守正が十三王子の守月山荘に逃げ込んだことを突き止め、于盛優も連れて山荘へ向かう。盛優は遠修も同行させようとするが、遠涵の反対に遭う。決まりごとが多い宮家の生活に嫌気が差し、盛優は聖医派での自由な日々を懐かしく思う。

  • 第5話

    宮遠修は泣く泣く于盛優と2人の弟達の出立を見送り、宮家で帰りを待つことに。盛優は遠涵、遠夏と守月山荘を訪れ、宮守正を捜す。目立たないよう仮装したつもりが、十三王子に身分を知られてしまう。十三王子は、盛優がかつての知り合いに似ていると言い、宮守正を差し出す条件として盛優を南海の観音参りに同行させたいと言う。盛優は十三王子の要求をのむ。3人はついに宮守正と対面するが、何も手がかりを得られぬまま、宮守正は自害してしまう。一方、宮家の人々は盛優がいた頃のにぎやかだった屋敷を懐かしむ。盛優は王子とともに南海の観音廟へ向かうが、途中で聖医派が鬼域門に襲われたと知り、十三王子に謝辞を述べて1人で聖医派へ向かう。

  • 第6話

    愛徳御書は于盛優を砂漠の中の花園へと案内し、2人の初恋物語を語って聞かせる。宮遠修は盛優を捜そうとして悪人にだまされ、危うく売り飛ばされそうになるが、遠涵に救われる。鬼域門では肥満こそ美とされており、盛優は贅沢な食事を振る舞われる。美食と肥満の間で苦しむ盛優だが、愛徳御書が聖医派の者たちの行方を追うと言い出し、ようやく安心する。そこへ愛徳御書の遠い親戚の陸仁依がやってくる。すでに複雑な色恋沙汰に、愛徳御書に思いを寄せる仁依が加わり、盛優と取っ組み合いのケンカに。その頃、妻を捜して1人で江湖に飛び出した遠修は、道中で遠涵に見つけられ、事なきを得る。

  • 第7話

    鬼眼斜は“魔球功”の書を手に入れるため難関を突破するが、最後は愛徳御書の罠にハマり失敗に終わる。四大門派は鬼域門を追撃しようとするが、愛徳御書は門徒を連れて漠北へ逃げる。宮遠修と宮遠涵の2人は盛優を捜し続ける。その頃、盛優は鬼域門からの逃亡に失敗し、末一に連れ戻される。仁依は嫉妬心から盛優を四大門派に差し出そうとし、盛優はこの機会を利用して四大門派に鬼域門との間の誤解があることを説明する。盛優は、鬼域門の反逆者である愛一凡に捕らえられるが、その後、鬼域門の果たし状は愛一凡が盗み出したことを知り、危機を乗り越える鍵を見つける。四大門派と鬼域門が対峙した際、盛優が鬼域門の汚名をそそぎ、そこで本当の黒幕は暗影閣の暗影尊者であることが浮かび上がる。

  • 第8話

    宮遠修はついに于盛優を捜し出し、再会を喜ぶ。翌日、2人で床にいるところを愛徳御書に見つかり、初めて3人が顔を合わせる。ところが、宮遠修は太った愛徳御書を気に入ってしまう。2人とも盛優への愛を譲らないが、愛徳御書と遠修はお互いのことも認め合う。盛優は、自分は遠修の妻であると愛徳御書にきっぱり言うが、遠修はこれを見て「3人での共同生活」を提案する。盛優は激しく反対するが、おバカとおデブを前にどうすることもできない。

  • 第9話

    遠涵と仁依は愛徳御書が鬼域門へ戻るよう芝居を打ち、盛優は遠修に媚薬を飲ませて床入りを果たそうとする。だが、そんな時に鬼眼斜に襲われ、遠修が飲んだのは媚薬ではなく改良された気つけ薬であることが発覚。遠修と盛優は捕らえられるが、遠修は盛優を助けるために暗影尊者に対して“宮家心法”を読み上げる。暗影尊主は用無しとなった遠修を水中に沈めるが、遠涵と遠夏に助けられる。だが遠修は昏睡状態のまま、陸仁依が盛優の声をまねて呼び戻しても目を覚ます気配はない。一方、于盛優は地下の成玉剣荘に閉じ込められ、そこで于掌門や聖医派の師兄たちと再会する。

  • 第10話

    成華卿は不老長寿の薬の効果を見極めるため、于盛優に薬を試せと迫る。成玉剣荘を抜け出そうと、盛優と成華卿の闘いが始まる。一方、聖医派の仲間たちは鍵を盗み地下牢からの逃亡を試みる。そこへ宮家の兄弟と愛徳御書が到着し、聖医派の面々を救出。だが、魔典の力を得た成華卿の前に、遠涵も末一も歯が立たない。愛徳御書が成華卿と渡り合うが、身の危険を感じた成華卿は盛優を人質に取る。その時、危機一髪で盛優を助け出したのは遠修だった。成華卿の死後、残された魔典の残章は鬼眼斜によって本当の暗影尊者に渡される。

  • 第11話

    聖医派に送り届けられる道すがら、于掌門は盛優に夫婦円満の秘訣を説く。そして別れ際に盛優に「困った時に開けろ」と小さな袋を渡す。宮遠修が記憶を失ったことに戸惑う盛優。2人は何とか乗り越えようと試行錯誤するが、以前のようには戻れそうにない。また、盛優は徐々に遠修の記憶喪失を疑い出す。遠修は宮家でやり直そうと盛優を説き伏せる。ダメならばお互い自由にすることを条件に、盛優はこれを承諾する。

  • 第12話

    于盛優は宮遠修の記憶喪失がウソであるという確証はないものの、疑いは晴れず遠修を試し続ける。記憶が戻った遠修が宮家に戻ると、使用人たちは上下の別なく楽しげに振る舞っている。戸惑いながらも“厳しい若旦那様”に戻った遠修を迎える使用人たち。だが遠修は自分の過去とうまく向き合えずにいる。一方、宮家に戻った後の盛優の振る舞いに我慢できない遠修は、妻として分別ある行動を要求するが、盛優は遠修が記憶を失ったふりをしていると問い詰め、2人は真っ向から対立する。

  • 第13話

    于盛優は木魚児と愛ロバの小五を連れて宮家を後にするが、竹林に入ったところで待ち伏せしていた遠修に出くわす。遠修は離縁状を渡したことを謝るが、記憶喪失がウソだったことは認めない。そんな遠修を“誠意がない”と切り捨て、家出を決行する盛優。盛優が聖医派に戻ると、その夜、暗影尊者の手下に毒を飲まされ于掌門が殺されてしまう。翌朝、病気の父親を見に行き、父親が死んだことを知る盛優。打ちひしがれる盛優だが、まだ喪も明けないうちに鬼眼斜が毒に侵された十三王子を運んでくる。十三王子を生き返らせることができなければ、朝廷の神羽営を送り込み聖医派を皆殺しにすると脅す。

  • 第14話

    于盛優は過去に父親とやり取りした記憶から魔典の残章を組み直し、限られた時間の中で十三王子を生還させる。これで聖医派が皆殺しにされる危機は免れ、門徒たちは盛優の薬理の才能を認め、亡き掌門の跡を継いでほしいと言う。盛優はこれを受け、聖医派の掌門となる。山に隠れひそかに盛優を見守っていた遠修だが、盛優に見つかり、山壁越しに別れようと訴えられる。遠修は盛優の訴えに心を動かされるが、2人が顔を合わせることはなかった。

  • 第15話

    宮遠涵と陸仁依は寄ればケンカばかりしているが、2人は騒々しいやり取りを通してお互いの距離を縮めていく。また、宮遠夏と木魚児は悪人にハメられ崖から突き落とされる。腰にケガを負った遠夏を薬草で手当てする魚児。2人は助け合いながらお互いに好意を寄せていく。于盛優は遠夏と魚児が共に出かけたと聞き、1人で小五を連れて市場に出かける。縁日の人混みで悪人に絡まれるが、1人の美男子に命を助けられる。

  • 第16話

    于盛優はすっかり痩せた愛徳御書と共に鬼域門へ向かう。そこで末一に「愛徳御書は減量するために、大変な苦痛を伴う修行をした」と知らされる。盛優はそんな愛徳御書の一途さに心を動かされる。盛優と御書は徐々に絆を深め合うが、陸仁依が邪魔をするおかげで盛優は自分の気持ちを抑えていた。ある日、砂漠で倒れている宮遠修が見つかり、鬼域門へ運ばれる。目が覚めると、遠修は自分は記憶喪失ではなく、妻の盛優に思い知らせたかっただけだと言う。遠修が鬼域門に来たことで、三角関係はさらに複雑化していく。

  • 第17話

    芝居小屋にやってきた于盛優は、芝居の師匠が長年会っていなかった叔母だと知る。叔母と愛一凡は恋仲だと言う。叔母は盛優、宮遠修、愛徳御書の三角関係に驚き、3人の関係を修復しようと試みる。叔母は3人にお題を出し、それぞれの本心を試そうとする。その中で、3人の気持ちが徐々に明らかになっていく。叔母は盛優に「きちんと自分の気持ちに向かうべきだ」と助言する。

  • 第18話

    一同は鬼域門に戻り、愛徳御書と于盛優は幼少時代の思い出を語る。于盛優は愛徳御書と知り合った時のことを思い出し、末一は当時盛優が助けようとした貧しい子供であったと知る。末一はその後、愛徳御書に助けられたため、御書にこれほど忠実なのだ。于盛優、宮遠修、愛徳御書はそれぞれに問題を抱え、どう向かい合うべきか悩んでいる。そこへ宮遠涵が「暗影閣の者が子供をさらっている」という知らせを持ってくる。于盛優、宮遠修、愛徳御書は子供を救うためひとまず協力する。

  • 第19話

    愛徳御書は自分の気持ちを抑え、于盛優に宮家へ戻ることを勧める。だが自分も宮家のそばで盛優を見守り、山で一緒に魚を取って盛優を喜ばせる。2人が無邪気に遊ぶ姿を見て心を痛める宮遠修。一方、宮遠夏と木魚児は旅の道中苦労しながらも、2人の絆を深め合い、愛を育んでいく。盛優は魚児の気持ちが一方的に大きくなり、傷つくことを心配する。遠修は盛優が御書になびいてしまうことを恐れ、かつてのように薬を飲んでおバカを装い、盛優の気持ちをつかもうとする。おバカに戻った遠修をふたたびいとおしく感じ始める盛優だが、実は遠修がおバカを装っているだけだと知ってしまう。

  • 第20話

    陸仁依と愛徳御書は、于盛優の危機を知らせるため宮家に戻る。宮遠修は盛優を救うためバカを装い続けることができなくなる。暗影尊者は盛優が持つ“魔典”の順序を得るため、盛優をだまそうと画策する。盛優は十三王子の屋敷に呼び出され、そこで王子こそ暗影尊者だと知る。木魚児を聖医派に送り込んだのも王子であり、すべては聖医宝典の秘密を手に入れるためだった。真相を知って憤慨する盛優と木魚児を捕らえた十三王子。逃げ出そうとした盛優だが、見つかって刀で斬りつけられてしまう。

  • 第21話

    于盛優や宮遠修たちは二手に分かれて、さらわれた家族や村の子どもたちを助ける準備を進める。十三王子は聖医派と宮家が包囲されたと言い、四大門派を聖医派と宮家に送り込む。だがこれは十三王子のウソであった。十三王子はさらに、手下の鬼眼斜を見捨てたふりをして遠涵に近づかせる。遠涵と仁依は同情心から鬼眼斜を救うが、これは盛優と遠修を宮家へ引き戻すための策略だった。遠修と盛優は敵と戦ううち、お互いへの思いを深めていくが、上辺では相手につらく当たり本心を認めようとせず、わだかまりを消すことができない。

  • 第22話

    于盛優、宮遠修、愛徳御書たちが鬼眼斜に促されて宮家に戻ってみると、屋敷の地下に大勢の子供が囚われているのを発見する。痛めつけられた子供達のそばにいた悪人たちは、遠修たちが到着するとすぐに服毒し自害してしまう。遠涵が罠だと見破ったが、時すでに遅し。子供達を救出したところにやって来た四大門派たちは遠修が暗影尊者だと誤解する。また、鬼眼斜は遠修が自分の主人であると言い出す。こうして十三王子の極秘の計画は成功し、門派の者たちは遠修が黒幕だと信じて包囲する。

  • 第23話

    于盛優たちは東方派の掌門、東方竜城と十三王子が裏で手を組んでいることを知る。このため、東方竜城に近づいて十三王子が隠している子供達を救おうと考える。于盛優は東方竜城の愛する妻が他界したと知り、東方竜城の妻への思いを利用して、説得することに成功する。東方竜城は十三王子の計画を吐露し、盛優や遠修たちを十三王子と子供達がいる昆雪山へ案内する。皆が昆雪山に集まった時、十三王子はすでに紫悦生還の儀式を始める準備を整えていた。急ぎ子供達を救わなければ手遅れになる。

  • 第24話 (最終話)

    于盛優、宮遠修、愛徳御書たちは300人の子供を救い出す。十三王子は紫悦との愛に取り憑かれ、最後は盛優が止めたにも関わらず、紫悦の亡骸とともに心中することを選ぶ。これで戦いが終わったと思った時、愛徳御書が十三王子の手下の生き残りに刺され、崖から落ちてしまう。盛優、遠修、末一たちは悲しみ、必死で愛徳御書を捜す。すると、奇跡的にある農家の娘が愛徳御書を救い、看病していることを知る。ところが、愛徳御書は記憶を失っていた。思い出を失った愛は残酷だ。愛徳御書の記憶喪失に皆が悲しむのだった。

作品詳細

舞台は各派の武侠たちが生死を賭けて覇を競い合う架空の時代。イケメンとの恋を夢見る少女・于盛優(うせいゆう)は、真実の愛を求める中で、2つのかけがえのない特別な愛と巡り会う。一人はあまりのイケメンぶりにさっさと結婚を決めたのは良いものの、“頭のネジ”が緩かった夫の宮遠修(きゅうえんしゅう)。ただバカなほど優しく、無条件に彼女を守ってくれた。もう一人は幼馴染みで一門を率いる当主の愛徳御書(あいとくごしょ)。長年、于盛優に狂おしい思いを募らせ、彼女のためには命さえ投げ出すことも厭わなかった。“勢いで結婚した相手”か“幼馴染み”か?いけないと思いつつも二人のイケメンの間で揺れ動く女心…。ところが、宮遠修と愛徳御書は恋敵でありながら、まるで兄弟のように仲が良く、三人で一緒に住もうと提案!!こうして始まった不思議な三角関係&同居生活はハラハラドキドキがいっぱい!!その裏側で密かにドス黒い陰謀が渦巻いていたことに全く気づいていなかった…。

キャスト

ジャン・ジェンユー ヤン・シーヅァー ホー・イーチェン シュー・カイシン リー・チャハオ チャン・シュエハン ウー・チェンイン

スタッフ

[監督]リー・メイ
(C)BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO.,LTD