新作 無料あり
鎮魂
鎮魂
0ポイント~

鎮魂

憶えていて。僕らの交わした約束を―。一万年の時を経て再び巡り会った宿縁の2人が難事件と陰謀に挑むサスペンス超話題作!!

初回登録で新作映画が3,000円分楽しめる

14日間無料体験

2017年

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 謎の殺人事件

    地球に似た惑星・海星(かいせい)では、海星人、亜獣(あじゅう)族人、地星(ちせい)人の棲み分けができていたが、隕石衝突によって戦争が勃発。海星人は4つの聖器で星を平和へ導く。数万年後、龍城(ロンチョン)大学で謎の殺人事件が発生し、特別調査所の趙雲瀾(チャオ・ユンラン)所長が調査にやってくる。事件の目撃者 李茜(リー・チェン)の話は要領を得ないが、趙雲瀾は李茜の指導教授 沈巍(シェン・ウェイ)に興味を抱く。

  • 第2話 ペンダントの秘密

    屋上から飛び降りようとする李茜(リー・チェン)を助けた趙雲瀾(チャオ・ユンラン)と沈巍(シェン・ウェイ)。2人は李茜の祖母が数日前に死んだことを知る。入院した李茜を見張ることになった新人の郭長城(グオ・チャンチョン)は、同じように祖母に育てられたことで李茜の悲しみに共感していた。趙雲瀾は李茜が身に着けていたペンダントに秘密があると感じて調査を始める。そんな中、病室に怪しい影が現れ…。

  • 第3話 新たな事件の勃発

    龍城(ロンチョン)大学で新たな事件が発生する。被害者は今回も沈巍(シェン・ウェイ)の教え子だった。郭長城(グオ・チャンチョン)と共に沈巍の研究室を訪ねる趙雲瀾(チャオ・ユンラン)。そこに現れた張(チャン)助教は事件のことを聞いてひどく動揺する。そんな中、さらに2人の犠牲者が。3人は単位を落とされたことで張助教を恨み、彼女を襲った学生たちだった。一方、張助教を慕う地星(ちせい)人の存在が明らかになり…。

  • 第4話 深まる謎

    事件現場で沈巍(シェン・ウェイ)に遭遇した趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は、特調所で祝紅(ジュー・ホン)と楚恕之(チュー・シュージー)に沈巍の取調べをさせる。だが沈巍は動じないどころか、むしろ2人をやり込めてしまう。その様子を見ていた趙雲瀾は、沈巍よりも今回の被害者に疑惑を抱き、所員の祝紅、楚恕之、猫の大慶(ダーチン)に被害者を見張らせる。ところが、おとりのはずの祝紅が何者かに拉致されてしまう。

  • 第5話 浴室の失踪事件

    政略結婚を前にした御曹司が浴室から姿を消し、特調所の一行は黄(ホアン)家を捜査する。父親をはじめ周囲の人物全てに疑いを抱く楚恕之(チュー・シュージー)。趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は冷静すぎる婚約者を怪しんで見張らせるが、彼女も同じように浴室で行方不明に。次に黄家の執事、呉天恩(ウー・ティエンエン)に疑いを向ける趙雲瀾。黄家と呉執事の間には、呉の息子を巡ってある重大な秘密があった。

  • 第6話 鏡の向こう側

    結婚間近の周薇薇(ジョウ・ウェイウェイ)が失踪し、恋人の季小白(ジー・シャオバイ)が行方を捜していた。その後、薇薇は何事もなかったように戻ってくるが、小白は不信感をぬぐえない。その夜、趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は沈巍(シェン・ウェイ)に捜査協力を要請していた。親しげに意見を交換し合う2人。そんな中、小白は薇薇が鏡の中に消えたと言いだす。趙雲瀾が調べると、鏡は2つの世界をつなぐ扉だった。

  • 第7話 模倣殺人

    ゴロツキから沈巍(シェン・ウェイ)を助けた趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は、沈巍に特調所の顧問にならないかと持ち掛ける。だが沈巍は首を縦に振らない。翌朝、沈巍を襲ったゴロツキの1人が同じ場所で凍死体となって発見される。一緒にいた男は怯え切って話もできない。殺害の手口は人気ネット小説を模倣しているように見えた。趙雲瀾たちは作者の来蘇(ライスー)を捜し出す。

  • 第8話 新たな敵の出現

    晴れて本採用となった郭長城(グオ・チャンチョン)に林静(リン・ジン)は特製の武器をプレゼントする。一方、事務の汪徴(ワン・ジェン)のもとには差出人不明の手紙が。不安になる汪徴。同じ頃、郭長城と楚恕之(チュー・シュージー)はお尋ね者の地星(ちせい)人、丁頓(ディン・ドゥン)に出くわす。黒袍使(こくほうし)は丁頓の捜索を特調所に依頼するが、直後に丁頓は死体で発見される。知らせを聞いて落胆する沈巍(シェン・ウェイ)。そこに新たな敵が姿を現す。

  • 第9話 西北山地の異変

    汪徴(ワン・ジェン)の故郷、北西山地に怪しい動きが確認される。故郷に帰りたいと言いだした汪徴を送るため、北西へと旅立つ所員たち。同じ頃、沈巍(シェン・ウェイ)もまた、調査のために北西へ向かっていた。途中で出会った趙雲瀾(チャオ・ユンラン)の身を案じる沈巍。趙雲瀾は沈巍が何のために北西に向かうのか気になって仕方ない。その地は瀚カツ(かんかつ)族という部族が住んでいた場所だった。

  • 第10話 瀚かつ(かんかつ)族の悲劇

    趙雲瀾(チャオ・ユンラン)が目覚めると汪徴(ワン・ジェン)の姿がない。彼女はかつて自分が処刑された場所に向かっていた。恋人の桑ザン(サン・ザン)との幸せだった日々を思い出す汪徴。桑ザンは氷柱に閉じ込められたまま生き永らえていた。汪徴の行方を捜す趙雲瀾は洞窟で幽獣に襲われるが、黒袍使(こくほうし)に救われる。2人は聖器 山河錐(さんがすい)に導かれて汪徴の居場所にたどり着く。

  • 第11話 聖器、山河錐(さんがすい)

    恋人が処刑されたことで暴君と化した桑ザン(サン・ザン)は処刑に関わった者を次々に殺し、最後には自分も周囲に裏切られてしまう。こうして山河錐(さんがすい)と共に氷柱に閉じ込められた桑ザン。地星(ちせい)人の燭九(ジュージウ)は山河錐を奪うために汪徴(ワン・ジェン)をおびき出したのだった。桑ザンと汪徴は助かるが、趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は沈巍(シェン・ウェイ)と黒袍使(こくほうし)の関係が気になって、何を言われても上の空だった。

  • 第12話 音波の威力

    山河錐(さんがすい)のことを調べていた祝紅(ジュー・ホン)と郭長城(グオ・チャンチョン)を祝紅の叔父が監禁してしまう。その頃、趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は集団自殺の謎を追っていた。死んだ鄭(ジョン)所長の知人である沈巍(シェン・ウェイ)は、彼が自殺するはずはないと言い切る。一方、鄭所長の部下だった談嘯(タン・シャオ)は特調所から山河錐を盗もうとしていた。危ういところで阻止した趙雲瀾だったが、音波により気を失ってしまう。

  • 第13話 洗脳

    黄麟奇(ホアン・リンチー)と李佳チー(リー・ジアチー)の結婚式の日がやってくる。ところが鄭意(ジョン・イー)が発する音波に洗脳され、列席者は互いに襲い合ってしまう。そこにやって来た沈巍(シェン・ウェイ)は何とかその場を収拾するが、趙雲瀾(チャオ・ユンラン)はまたもや事件現場に現れた沈巍のことを怪しむ。今回の事件も燭九(ジュージウ)が背後で操っていた。やがて趙雲瀾までも洗脳され、沈巍の目の前で連れ去られてしまう。

  • 第14話 教授の正体

    洗脳されているフリをしていた趙雲瀾(チャオ・ユンラン)。だが、惜しくも燭九(ジュージウ)を取り逃がしてしまう。沈巍(シェン・ウェイ)と2人きりになった趙雲瀾は彼の正体に気づいたことを告げる。悪びれず素直に認める沈巍に、趙雲瀾は手を組もうと誘う。沈巍が特調所を手伝うと聞いて大喜びの高(ガオ)部長は、結婚式を盗撮していたパパラッチの叢波(ツォン・ボー)が特調所を狙っていると2人に明かす。

  • 第15話 暴かれた秘密

    叢波(ツォン・ボー)に秘密を知られてしまった沈巍(シェン・ウェイ)。趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は林静(リン・ジン)に叢波のパソコンを初期化させてしまう。慌てる叢波。そんな叢波の腕を見込んだ趙雲瀾は彼を仲間として迎えることに。その頃、燭九(ジュージウ)は鴉(からす)族の鴉青(ヤーチン)に弱みを見られ焦っていた。翌朝、摂政官が趙雲瀾に会いにやってくる。摂政官は地星(ちせい)人の記録書、「地君冊(ちくんさつ)」を紛失したと告げる。

  • 第16話 地君冊の行方

    趙雲瀾(チャオ・ユンラン)の父で星督(せいとく)局長の趙心慈(チャオ・シンツー)が監査にやってくるが、趙雲瀾は「地君冊(ちくんさつ)」を捜すために沈巍(シェン・ウェイ)と地界に行った後だった。勝手に持ち場を離れた趙雲瀾に怒りをあらわにする趙局長。しかも龍城(ロンチョン)公園で事件が発生し、趙局長が臨時で指揮を執ることに。だが所員たちは横暴な趙局長に反発する。その頃、地界では趙雲瀾が危機に見舞われていた。

  • 第17話 父子の葛藤

    燭九(ジュージウ)は、かつて趙(チャオ)局長に妻を殺された包老三(バオ・ラオサン)をそそのかし、特調所のビルを破壊させようとする。そこに現れた趙局長は包を撃ち殺してしまう。包を見捨てて逃げた燭九をなじる鴉青(ヤーチン)。その頃、趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は丁頓(ディン・ドゥン)に襲われ気を失っていた。夢の中で母と再会する趙雲瀾。趙局長は息子との葛藤の原因を思い出していた。

  • 第18話 競技場の覇者

    地下競技場を怪しむ趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は楚恕之(チュー・シュージー)と郭長城(グオ・チャンチョン)を潜入させる。楚恕之はチャンピオンの野火(イエフオ)を挑発し対戦に持ち込む。勝手な行動に腹を立てながらも心配で対戦を見に行く趙雲瀾。競技場では野火に賭けていた連中が形勢不利と見て暴徒化し、その隙に野火は姿を消してしまう。野火には別の目的があると気づいた沈巍(シェン・ウェイ)と趙雲瀾は彼の後を追う。

  • 第19話 絶体絶命

    野火(イエフオ)を慕う若者たちを燭九(ジュージウ)から守る任務を受けた楚恕之(チュー・シュージー)と郭長城(グオ・チャンチョン)。だが用意周到な燭九に捕まってしまう。絶体絶命の楚恕之たち。趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は危険を承知で聖器を手に取る。だが闇の力によって体がむしばまれ、沈巍(シェン・ウェイ)を心配させることに。そんな中、燭九から聖器を渡せば拉致した楚恕之たちを返すと連絡が。沈巍は祝紅(ジュー・ホン)の叔父に助けを求める。

  • 第20話 天柱の封印

    燭九(ジュージウ)と対峙する沈巍(シェン・ウェイ)。若き日に邪悪な天柱の罪人に心酔した燭九は、黒袍使(こくほうし)から罰を受けたことを根に持ち報復の日を待っていた。だがそんな燭九もついに捕らえられ、楚恕之(チュー・シュージー)と郭長城(グオ・チャンチョン)も無事に助け出される。特調所に連行された燭九は聖器を盗もうとするが叶わず、自分を犠牲にして天柱の封印を解いてしまう。こうして地上に夜尊(やそん)が現れる。

  • 第21話 失われた視力

    聖器にむしばまれて視力を失ってしまった趙雲瀾(チャオ・ユンラン)。だが診察を受けても目には何の異常もなかった。沈巍(シェン・ウェイ)は趙雲瀾のことが心配で講義もうわの空。そんな中、趙雲瀾は父親の趙(チャオ)局長が事故に遭う幻を見て、慌てて駆け出していた。その頃、祝紅(ジュー・ホン)は亜獣(あじゅう)族の聖地に忍び込んで、趙雲瀾の目を治す薬を探し出そうとしていた。そこに鴉青(ヤーチン)が現れて…。

  • 第22話 老化事件

    馮去病(フォン・チュービン)医師の治療でようやく視力を取り戻した趙雲瀾(チャオ・ユンラン)。その頃、ちまたでは若者が瞬時に老化する奇病が広まっていた。調査に乗り出した趙雲瀾と沈巍(シェン・ウェイ)は馮医師が闇の力に操られ、病人を治療することによって、若者を老化させていることを知る。一方、海星鑑(かいせいかん)の欧陽貞(オウヤン・ジェン)教授は沈巍の教え子の李茜(リー・チェン)を地星(ちせい)人の遺伝子研究に参加させるが…。

  • 第23話 3つ目の聖器

    3つ目の聖器・功徳(くどく)筆の謎を解くために、沈巍(シェン・ウェイ)と共に地界にやってきた趙雲瀾(チャオ・ユンラン)と大慶(ダーチン)。だが功徳筆に関する資料はすべて破棄されていた。そんな中、地君(ちくん)が殺害され、新地君の安柏(アン・バイ)が殺害犯として捕らえられる。沈巍は夜尊(やそん)に寝返った補佐官の仕業と気づいて罠を仕掛ける。補佐官は功徳(くどく)筆の資料を盗み、それに気づいた地君を殺害したのだった。

  • 第24話 リアルゲーム

    病院で譚八斗(タン・バードウ)の自殺を皮切りに、奇妙な自殺事件が頻発する。趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は譚八斗の最後をみとったゲーム中毒の祖馬(ズー・マー)の行動から、ゲームにカギがあるのではと探り始める。そんな中、病院内でリアルゲームが始まり、プレーヤーにされた趙雲瀾は腕に爆弾を仕込まれてしまう。祖馬は功徳(くどく)筆に操られていた。こうして第1ステージが開始される。

  • 第25話 変貌する人格

    突然狂暴化したタクシー運転手・朱豪(チュー・ハオ)を取り調べていた郭長城(グオ・チャンチョン)は、同じように狂暴化してしまう。一方、普段から強気の祝紅(ジュー・ホン)はいきなりおとなしくなる。人格の変貌は次々に伝染していた。沈巍(シェン・ウェイ)は原因を究明するため地界へ向かう。趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は再度朱豪を取り調べるが、そのさなか、何者かが朱豪を殺害、趙雲瀾も拉致されてしまう。

  • 第26話 猫族の蘇り

    夜尊(やそん)が力を増しているのを感じる沈巍(シェン・ウェイ)。功徳(くどく)筆の主、王向陽(ワン・シャンヤン)は新たな事件を起こそうとしていた。王向陽と親しかった郭長城(グオ・チャンチョン)は功徳筆を見せてもらったのを思い出す。王向陽は身重の妻の死に関与した者への復讐を誓っていた。その1人が朱豪(チュー・ハオ)だった。一方、夫に殺された猫族の大吉(ダージー)は何度も蘇っていた。彼女の顔に既視感を覚えた大慶(ダーチン)は…。

  • 第27話 研究所の秘密

    記憶が蘇った大慶(ダーチン)はさらに任務への情熱を燃やす。趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は所員たちと共に王向陽(ワン・シャンヤン)を追い詰めるが、鴉青(ヤーチン)に連れ去られてしまう。鴉青は次に沙雅(シャーヤー)に海星鑑(かいせいかん)の研究所を襲わせる。そんな沙雅に心を奪われた林静(リン・ジン)は隠れてデートを重ねていた。研究所で人間を変異させる血清を研究していたと知った沈巍(シェン・ウェイ)は、趙雲瀾の父・趙心慈(チャオ・シンツー)を訪ねるが…。

  • 第28話 恋人の復讐

    沙雅(シャーヤー)が捕らえられる。沙雅は協力する代わりに、華玉柱(ホア・ユージュー)を捜してほしいと言いだす。利用されていたと知っても沙雅を信じたい林静(リン・ジン)。そんな中、城東(チョンドン)区の林が伐採されるというニュースを聞いた沙雅は顔色を変える。沙雅と華玉柱は昔、古班(グー・バン)の愛を争っていた。林で死んだ古班の復讐に燃える沙雅。だが華玉柱は恨みを忘れようとしていた。

  • 第29話 憎しみの果て

    鴉青(ヤーチン)が残した手がかりを求めて蛇族を訪ねた沈巍(シェン・ウェイ)と趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は、祝紅(ジュー・ホン)の叔父から車のキーを渡される。見つけ出した車の中では高(ガオ)部長が倒れていた。一方、楚恕之(チュー・シュージー)と郭長城(グオ・チャンチョン)は、白素霞(バイ・スーシア)の妊娠を喜ぶ王向陽(ワン・シャンヤン)の動画を見つける。不運な偶然が重なり亡くなった白素霞だが、夜尊(やそん)にそそのかされた王向陽は趙心慈(チャオ・シンツー)のせいだと思い込み、復讐を誓っていた。

  • 第30話 存亡の危機

    古班(グー・バン)の死の真相を知った沙雅(シャーヤー)は華玉柱(ホア・ユージュー)と共に地界へ帰る。夜尊(やそん)をこのままのさばらせまいと誓う沈巍(シェン・ウェイ)。一方、海星鑑(かいせいかん)にやってきた趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は林静(リン・ジン)が欧陽貞(オウヤン・ジェン)教授のスパイだったと知る。趙雲瀾に追い出された林静は教授の研究所へ。その頃、地界は封印の解けた夜尊に支配され、黒袍使(こくほうし)も窮地に立たされていた。地上では特調所も危機に陥り…。

  • 第31話 夢の束縛

    趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は父である趙心慈(チャオ・シンツー)の言動に疑念を抱き、正体を問い詰める。父の体には地星(ちせい)人のジャン獅(ジャンシー)が共存していた。地星人との関わりが明るみに出た特調所には非難が殺到する。一方、地界に行った沈巍(シェン・ウェイ)との連絡は途絶えたままだった。そんな折、祝紅(ジュー・ホン)は鴉青(ヤーチン)らに襲われて夢から目覚めることができなくなる。趙雲瀾は祝紅を助けるため、自らも夢の中に入るが…。

  • 第32話 過去の弱み

    ネット上では地星(ちせい)人を匿っていたとして特調所への批判がエスカレートする。趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は人々に事情を説明すべきだと上層部に訴えるが、海星鑑(かいせいかん)の高(ガオ)部長は取り合わない。そんな状況に腹を立てた地星人の楚恕之(チュー・シュージー)は、沈巍(シェン・ウェイ)を連れ戻すため、郭長城(グオ・チャンチョン)と共に地界へ向かう。だが楚恕之は死んだ弟のことで夜尊(やそん)に弱みを握られていた。

  • 第33話 夢と現実

    楚恕之(チュー・シュージー)は自分が起こした事件のせいで弟を失った過去を語る。そんな彼に郭長城(グオ・チャンチョン)は聖器を使って弟を生き返らせようと提案する。しかし、それは夢を操る地星(ちせい)人 魘(えん)公子が見せた幻だった。それに気づき夢から覚めた楚恕之は、地界に行ったきり郭長城が戻っていないことを知る。事情を知った趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は自ら地界へ向かうことに…。

  • 第34話 特別調査所の閉鎖

    地界から助け出された郭長城(グオ・チャンチョン)は楚恕之(チュー・シュージー)が見守る中で目を覚まし、2人は再会を喜ぶ。しかしその頃、趙雲瀾(チャオ・ユンラン)が殺人犯を匿った容疑で指名手配され、海星鑑(かいせいかん)は特調所の閉鎖を決定する。一方、研究所では欧陽貞(オウヤン・ジェン)教授が自分の体で血清の実験をしようとしていた。そんな中、沈巍(シェン・ウェイ)に化けた夜尊(やそん)が聖器を奪おうと特調所に侵入する。

  • 第35話 世界の平和を守るため

    1万年前にタイムスリップした趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は、当時の沈巍(シェン・ウェイ)や大慶(ダーチン)らと出会い、崑崙(クンルン)と名乗って行動を共にする。一方、沈巍と同じ顔を持つ弟の夜尊(やそん)は、反乱軍のリーダーとして兄たち平和勢力と敵対していた。沈巍と趙雲瀾はそんな夜尊から全ての聖器を取り戻すことに成功する。聖器は地界で保管され、世界に平和が戻ったはずだったが…。

  • 第36話 巻き返し

    海星鑑(かいせいかん)に現れた夜尊(やそん)は、趙雲瀾(チャオ・ユンラン)と沈巍(シェン・ウェイ)を引き渡せと高(ガオ)部長を脅す。それを知った趙雲瀾は危機感を高め、世界の人々にメッセージを配信する。その中には特調所の仲間に向けた暗号が隠されていた。その頃、研究所で林静(リン・ジン)と会った郭長城(グオ・チャンチョン)は、暗号の意味を知って血清を奪おうとする。しかし欧陽貞(オウヤン・ジェン)教授に見つかってしまい…。

  • 第37話 最後の聖器

    仲間たちと最後の聖器 鎮魂灯を捜す趙雲瀾(チャオ・ユンラン)。鎮魂灯は特調所の隅で眠っていたが、肝心の灯心がない。手がかりを求めて蛇族の森を目指す趙雲瀾たち。一方、血清によって死に際の人から遺言を聞く能力を得た郭長城(グオ・チャンチョン)は、街に残って犠牲者の言葉を聞くことに。その頃、地星(ちせい)人と鴉青(ヤーチン)が亜獣(あじゅう)族を取り囲み、神木を捜し出そうとしていた。

  • 第38話 混乱の街

    郭長城(グオ・チャンチョン)は犠牲者の言葉をライブ配信し、冷静になるよう人々に訴える。同じ頃、趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は地界への通路にいた。そこは1万年前とつながっていたが、灯心がないために通信は途切れてしまう。そんな時、変異した欧陽貞(オウヤン・ジェン)教授が襲ってくる。趙雲瀾は父の趙心慈(チャオ・シンツー)に助けられ、郭長城と共に地界で囚われの身となった沈巍(シェン・ウェイ)のもとへ向かう。

  • 第39話 希望のための戦い

    趙雲瀾(チャオ・ユンラン)をかばって倒れた沈巍(シェン・ウェイ)は、夜尊(やそん)に飲み込まれてしまう。夜尊は趙雲瀾への攻撃を緩めない。だが趙雲瀾は海星(かいせい)に希望を取り戻すと叫ぶ。地上では趙心慈(チャオ・シンツー)が蛇族や鴉族と協力態勢を作っており、趙雲瀾に恩義を感じる地星(ちせい)人たちも彼らに協力する。地上が平静を取り戻すと、趙心慈は趙雲瀾を救うため特調所の仲間たちを地界へと送る。

  • 第40話 (最終話) 海星(かいせい)を守れ

    夜尊(やそん)と戦う力を得るため、趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は危険な血清を自分の体に打つ。一方、胸に氷柱を刺された沈巍(シェン・ウェイ)は、残る力を振り絞って林静(リン・ジン)たちを助け、最後の戦いに挑む。兄である沈巍から少年時代の真実を聞かされた夜尊は、誤解が解けて安らかな表情に。しかし夜尊のエネルギーは海星爆発の危機を招く。それを阻止すべく趙雲瀾が下した決断とは…。

作品詳細

数万年前、地球によく似た“海星”という名の惑星に、人間に似た海星人と、獣と人の遺伝子を持つ亜獣人、そして地底には特殊能力を持つ地星人が暮らしていた。しかしある日、惑星に隕石が落下。食糧を求め、地底に暮らす地星人は海星人の土地を侵略しはじめ、争奪戦を繰り広げる事態に。そこで海星人は4つの特殊な力を秘めた聖器を作り出し、地星人を地中深くに封じ込めた―。 それから一万年後、生物学教授・沈巍(シェン・ウェイ)の務める龍城大学で女子学生の死体が見つかる。捜査にやってきたのは特殊事件を扱う特別調査所の所長・趙雲瀾(チャオ・ユンラン)。二人は初対面なのに、なぜかそんな気がしない。学園内で次々と不審な事件が発生する中、雲瀾が犯行現場を突き止めるとそこには常に沈巍の姿があって…。沈巍の正体に疑問を持つ雲瀾。事件の真相に迫るたび、二人に秘められた関係が明らかになっていく。

キャスト

チュー・イーロン バイ・ユー リー・イエン シン・ポン ジャン・ミンヤン ガオ・ユーアル

スタッフ

[監督]チョウ・ユェンチョウ[脚本]イェ・ファンチョウ/チー・シャオユー/ホア・リャン
(C)Youku information technology (Beijing) co., LTD