新作
Life 線上の僕ら
Life 線上の僕ら
220ポイント~

Life 線上の僕ら

高校生から社会人へ…2人の男の人生を、純粋に健気に描いた感動作。

初回登録で新作映画が3,000円分楽しめる

14日間無料体験

2020年 4話

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    17歳-。下校途中の一人遊び「白線ゲーム」。そこで偶然出会った、生真面目な高校生・伊東晃(白洲迅)と無邪気な西夕希(楽駆)。いつしか自分が夕希に恋していることに気づいた晃は、同性への気持ちに戸惑いながらも、「白線の上だけの逢瀬」にもどかしさを覚え咄嗟に夕希へキスしてしまう。キスをしてしまった後悔で夕希を避ける晃だが、夕希は白線の上で待ち続けていた…。

  • 第2話

    19歳―。大学生となった晃(白洲迅)と夕希(楽駆)は順調に交際が進むが、キス以上の関係に踏み出せずにいた。ある日、夕希のアパートで一線を越えようとする晃だが、夕希に拒まれショックをうける。やがて就職活動の時期が近づき、将来の夢を見つけられずにいる夕希は、着々と目標に向かって進む晃に焦りを感じはじめる。

  • 第3話

    25歳―。社会人となり忙しいながらも仲良く暮らす2人。偶然にも晃(白洲迅)の職場に高校時代に自分に告白をしてきた白石穂香(小島藤子)が転職してくる。そのころ、話したいことがあると夕希(楽駆)は晃を週末旅行に誘い、脚本家になるために会社を辞めたいと告白する。夕希を応援すると同時に、何かが変わりはじめることに漠然とした不安を感じる晃は夕希と徐々にすれ違っていく。

  • 第4話 (最終話)

    32歳―。夕希(楽駆)と別れ、普通の幸せを求めて穂香(小島藤子)と結婚した晃(白洲迅)だが、その生活は長くは続かなかった。ある日、晃の実家に姉が外国人の結婚相手を連れてきたことで大騒動となっていた。頑なに結婚を認めようとしない母に、晃は夕希への想いを家族の前で告白する。そして、夕希を探しはじめる晃だったが、消息がつかめず3年が経っていた。

作品詳細

下校途中の一人遊び「白線ゲーム」で偶然出会った生真面目な晃と無邪気な夕希。恋に落ち、「白線の上だけの逢瀬」にもどかしさを覚えた晃は咄嗟に夕希へキスしてしまって…高校生から大学生、そして大人へ―。変わらない想いと、変わりゆく現実の狭間で誰しもが経験する、人を愛する喜びや苦しみ、葛藤を爽やかに紡ぐ。高校生から社会人へ…2人の男の人生を、純粋に健気に描いた感動作。

キャスト

白洲迅 楽駆

スタッフ

[原作]常倉三矢[監督]二宮崇[脚本]山本タカ[製作プロダクション]スタジオブルー[製作著作]「Life 線上の僕ら」製作委員会

関連キーワード

コミック関連作品
(C)「Life 線上の僕ら」製作委員会©常倉三矢/芳文社