新作 無料あり
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 第2期
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 第2期
0ポイント~

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 第2期

天才魔法律家―六氷透(ムヒョ)と、その助手―草野次郎(ロージー)が帰ってきたー!

初回登録で新作映画が3,000円分楽しめる

14日間無料体験

2020年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第13条 五嶺登場

    ナナのクラスメートのユミとリカが、放課後、『コックリさん』をしていた。ナナはやめるようにと言い、バイトの為、急いで帰る。夜、『六氷魔法律相談事務所』で、ナナからその話を聞いたムヒョは、嫌な予感を抱いた。ロージーとナナがユミの元に駆け付けると、案の定、霊が襲った後であった。すると、瀕死のユミを、二人の魔法律家が救った。それはー『ゴリョーグループ』頭取、五嶺陀羅尼丸と助手の恵比寿花夫であった。

  • 第14条 赤川団地跡

    五嶺は、ムヒョへ、事務所を賭けて勝負を挑んできた。五嶺たちが負ければ、『コックリさん』の霊を除霊した法外な料金をタダにするという申し入れもあり、ロージーはムヒョが負ける訳がないと、その勝負を受けてしまう。舞台は、長い間廃墟となった、霊が巣食うという赤川団地跡。先に霊を倒した側が勝利となる。五嶺とムヒョの、魔法律勝負が始まったー。

  • 第15条 勝敗

    事務所を賭けた、赤川団地跡の勝負が続くー。霊の群れを中空の結界に集める『電磁気吸』の陣を恵比寿が発動した。集めた霊達を、一気に魔法律で片付ける戦略。その中の霊が漏らす声をナナが聞いていた。『会イタイ…』と、それは祈りのような声であった。だが、その時、五嶺の魔法律、『雷獄童子』が執行された。中空へ飛び上がった巨大な童子、『雷獄童子』が口を開け、集めた霊達を飲み込もうとするー。

  • 第16条 出会い

    赤川団地跡の勝負が決した。ムヒョは、先に魔法律を執行したにもかかわらず、敗北を宣言した。事務所は五嶺のものとなったー。後日。魔法律院行きの列車に、ロージーは今井とともに乗り込んだ。魔法律院で改めて勉強することとなったロージーと、ムヒョは、しばし別れることとなった。動き出す列車をムヒョが見送る。走る車内で、ロージーは思い出していた。ムヒョと初めて会った日のことをー。

  • 第17条 検定開始

    今井の家に寄宿することとなったロージーは、ムヒョが自分の何に期待しているのかを知る為にも、自分を知るべきだと、魔法律院主催の魔法律検定を受けることにした。魔法律院には、様々な者達が集まっていた。その中に、ロージーは、五嶺の元をクビになった、恵比寿の姿を見つけた。一方、ヨイチ、ビコと合流したムヒョは、魔法律協会内にある林の中の一軒家にいた。そこで、何かを始める準備をしていたー。

  • 第18条 それぞれの試練

    ロージーら魔法律特別強化合宿の選抜メンバーが宿泊する魔法律院に、いくつもの指をヒトデのように広げた、奇怪な怨霊が現れた。廊下のそこここでは、シャッターが下ろされ、逃げる者の退路をふさぐ。選抜メンバーを閉じ込め、襲いくる霊に立ち向かわせる。恐るべき強化合宿が始まったのだ。その頃。林の中の一軒家では、ムヒョ、ヨイチ、ビコの前に冥王ルアラリエが出現していたー。

  • 第19条 信頼

    第3魔監獄を密かに脱獄した、伝説の悪霊、霧吹き山のブイヨセンが、ロージー達の前に現れた。今井が陣で攻撃するが、ブイヨセンには効かない。ブイヨセンは、念動力を使って、ロージー達を追いつめてゆく。一方、一軒家の外の中空では、冥王とムヒョの使者、幽李が戦っていた。圧倒的な力を誇る冥王の攻撃をかわすだけで精一杯の幽李。だが、ムヒョは逆転の機会をうかがっていたー。

  • 第20条 決着

    ロージーが直式魔縛りの術で、霧吹き山のブイヨセンの背中に印を直接書こうとする。が、その時、煉が足りなくなり、印が途切れてしまう!一軒家の外の中空ではー。使い魔のキリコによる契約の途中放棄を許さぬ冥王が、その姿を巨大な黒い怪鳥に変え、燃え上がる翼から突き出た、『ドゥアトの槍』を手にして、ムヒョたちへ投げつけた。万事休すのムヒョたち。冥王との契約どころか、この攻撃が決まれば、彼らの命はないー。

  • 第21条 草葉の影

    何故、ムヒョはロージーを助手に選んだのか?その命題を、ようやくロージーは理解した。ムヒョとロージーは互いの思いを確認し、再びコンビが復活した。そんな折ー。ナナの携帯にケンジから連絡が入った。ケンジは、慌てた様子で、ムヒョとロージーに、事務所に戻ってくれと言う。仕方なくムヒョ、ロージー、ナナは、今は五嶺のものとなった事務所にやって来たが、そこには不気味な影が…。

  • 第22条 蟲

    エンチューと、彼に忠誠を誓う禁魔法律家達の組織『箱舟』は、遂に禁書を手に入れた。禁書ーそれは、永遠の生と復活を約束する禁魔法律の奥義。その封印が解かれた時、魔法律家達に終わりが訪れるであろう、恐るべきもの。彼らは手始めに、禁魔法律家へ敵対の姿勢を見せた、五嶺家総本山を焼き打ちした。そして、『箱舟』のトーマスが五嶺を倉庫に拉致した。魔法律家に突きつけられたエンチューの新たな挑戦にムヒョはー。

  • 第23条 蠅王の鎧

    五嶺を霊化すべく体内に霊化蟲を入れ、その身を操るトーマス。攻撃はすべて、五嶺が盾となって受け、ムヒョは魔法律を使うことが出来ない。だが、その時ー。ナナがトーマスに向かってカメラのフラッシュを浴びせて、その目を射た。続けて、使い魔のキリコが現れ、術で、霊化蟲を五嶺の体から排出させ、地獄へ送り返そうとする。一方ー。魔法律協会の調査本部では、ペイジが今井にトーマスとの因縁を語る。

  • 第24条 (最終話) 完全なるもの

    蠅王の鎧を身にまとったトーマスがムヒョたちへ襲いくる。トーマスが床と同化した。床は液状化して、崩れ始める。それは、地獄につながる冥府の流砂。食器棚がいくつも浮かび、流れる。ムヒョ達が乗った食器棚が流れゆく中、ムヒョはロージーに、この流砂の中へ飛び込むよう言う。流砂の渦の中心に行って、ある物を破壊する。ロージーならそれが出来ると。ムヒョの信頼にロージーは応えることが出来るのか?その結末はー?

作品詳細

名コンビ、ムヒョとロージーの前に現れたのは、全国九十九カ所に魔法律事務所の支部を持つ、ゴリョーグループの総帥、五嶺陀羅尼丸。そして、その助手である恵比寿花夫であった。両者は、魔法律家のプライドを賭け、勝負をする。そして、その果てに、ムヒョとロージーの関係に、決定的な亀裂が生じることに―!二人は、それぞれにはだかる試練に立ち向かい、ふたたび、最強のコンビを目指す!

スタッフ

[原作]西義之[監督]近藤信宏[シリーズ構成]鈴木やすゆき[キャラクターデザイン]河野紘一郎[音響監督]山本浩司[音響制作]ダックスプロダクション[アニメーション制作]スタジオディーン

関連キーワード

コミック関連作品
(C)西義之/集英社・ムヒョロジ製作委員会 2