• TOP
  • >
  • 洋画
  • >
  • アガサ・クリスティー ねじれた家

お気に入りに追加

アガサ・クリスティー ねじれた家

制作年:2017年/本編時間: 115 分

ミステリーの女王アガサ・クリスティー自身が誇る〈最高傑作〉、初の映画化!!

  • 新作

レンタル料金/購入料金(税別)

HD(高画質) /字幕&吹替

500円/48時間

SD(標準画質) /字幕&吹替

400円/48時間

SD(標準画質)はこちら

HD(高画質)はこちら

作品詳細

アガサ・クリスティー ねじれた家

アカデミー賞(R)受賞脚本家×『サラの鍵』監督×名女優グレン・クローズが挑む、完全無欠のミステリー・エンターテインメント

〈伝説的人物〉の突然の死に、英国中が驚いた。アリスティド・レオニデス、ギリシャで生まれ、若い頃に無一文で英国へ渡り、レストラン経営で大成功を収め、巨万の富を築いた人物だ。その孫娘であるソフィア(ステファニー・マティーニ)が、かつての恋人のチャールズ(マックス・アイアンズ)が営む探偵事務所に現れる。一族の誰かが祖父を殺したにちがいないと打ち明ける彼女は、チャールズに捜査を依頼するのだった。ロンドン警視庁を訪れたチャールズは、タヴァナー主任警部(テレンス・スタンプ)から、レオニデスの死因は毒殺だと知らされる。大豪邸に到着したチャールズを迎えたのは、レオニデスの前妻の姉イーディス(グレン・クローズ)だった。彼女を筆頭に聞き込みを始めるが、強烈な個性を放つ人々を相手に、捜査は一向に進まない。しかも、愛人のいるらしい若い後妻から、破産・倒産寸前の二人の息子とその妻に至るまで、全員に殺害の動機があった。そんな中、レオニデスの遺言書が無効であることが発覚したことから、チャールズは真相が見えたと確信する。ところが、その推理を覆す第2の殺人が起きる―。

スタッフ

[監督]ジル・パケ=ブランネール[製作]ジェームズ・スプリング/サリー・ウッド[製作総指揮]アンドリュー・ボズウェル/アンダース・エアデン/ジェームズ・スウォーブリック/リサ・ウォロフスキー[原作]アガサ・クリスティー[脚本]ジュリアン・フェロウズ/ティム・ローズ・プライス[撮影]セバスティアン・ウィンテロ[プロダクションデザイン]サイモン・ボウルズ[衣装デザイン]コリーン・ケルサル[編集]ピーター・クリステリス[音楽]ヒューゴ・デ・チェア

この作品を見た人におすすめ

フィスト ファイト

X-ファイル 2018

英国総督 最後の家

X-ファイル 2016

スティールワールド

X-ファイル:真実を求めて

X-ファイル シーズン9

X-ファイル シーズン8

X-ファイル シーズン7

X-ファイル シーズン6

X-ファイル ザ・ムービー

X-ファイル シーズン5

X-ファイル シーズン4

X-ファイル シーズン3

X-ファイル シーズン2

X-ファイル シーズン1

ファーザー・フィギュア

ディストピア パンドラの少女

マリリン・モンロー 瞳の中の秘密

102

最近チェックした作品

アガサ・クリスティー ねじれた家



PAGE TOP

無料会員登録で1000円分ポイントが必ずもらえる!!

閉じる