お気に入りに追加

帝王の娘 スベクヒャン

制作年:2013年/全108話/本編時間:33分

帝王の娘である“スベクヒャン”の座をめぐり異父姉妹の運命が交錯する。

  • 無料 あり

レンタル料金(税別)

200円/7日間

1760円~/14日間

  • 1話ずつレンタル
  • セットでレンタル
  • List
  • Grid

第49話  

スベクヒャンの侍女ナウンは、ピムンで王女の偵察をしていた。だがナウンは、王女に怪しい素振りはないと証言する。そんな中、ウネ王妃はミョンノンに、太子妃を迎えることを提案する。一方、ミョンノンは、チンムと談笑するソルランを見て、嫉妬を募らせる。

200円/7日間

第50話  

貴族の娘たちが太子妃候補として現れ、気が気ではないソルラン。一方のミョンノンも、チンムがソルランと親しくしていることに、気を揉んでいる。そんな中、ウネ王妃の誕生日を祝う宴が開かれるが、ソルランの存在が邪魔なソルヒは、ソルランに薬を盛って記憶を奪おうとするが…。

200円/7日間

第51話  

記憶を失うことは免れたが、倒れて蔵に閉じ込められてしまったソルラン。そこへ、心配したミョンノンが捜しにやって来て、無事に助け出される。その頃、宴席でタニョンの舞を無事に舞い終えたスベクヒャン王女は、その席で突如、ヘ・ネスクが高句(コグ)麗(リョ)と内通していたと告発する。

200円/7日間

第52話  

スベクヒャン王女の告発によってヘ・ネスクは投獄され、ウネ王妃は王女に怒りをぶつける。一方、ソルランは、遠目に見た王女の姿が妹のソルヒに似ていることに驚く。そんな中、スベクヒャンは高句(コグ)麗(リョ)の将軍ウルミルと密会し、本物の高句麗の刺客を捕らえさせてくれるよう頼む。

200円/7日間

第53話  

ウネ王妃は、スベクヒャン王女の機嫌を取るためソルランを使いに送るが、王女は頑として会おうとしない。チンムの仲介で王女に会おうとするソルランだが、チンムがソルランと一緒だと知るや、スベクヒャンは引き返してしまう。困ったソルランは、ミョンノンに仲介を頼むが…。

200円/7日間

第54話  

ソルランはついにスベクヒャン王女と対面し、王女が紛れもない妹のソルヒであることを知る。密かに姉妹水入らずの時間を過ごすソルランとソルヒ。貴族の夫人たちから自分の出自を疑われているというソルヒの言葉に、ソルランは自分の存在を当分の間、秘密にしておこうと提案する。

200円/7日間

第55話  

ソルヒはわざとウネ王妃を怒らせて、王妃が自分のことを憎んでいる姿をソルランに見せつけ、ソルランはソルヒを守ると約束する。そんな中、武寧(ムリョン)王から事件の真相究明を命じられたトリムは、王女が黒幕だと考え、ヘ・ネスクの潔白を示す証拠が見つかったという噂を王宮内に流す。

200円/7日間

第56話  

トリムの仕掛けた罠にはまって、王女の護衛を務めるサドが捕らえられる。だが、サドは、あくまで金欲しさに自分がしでかしたことであり、王女は自分に利用されただけと言い張ったまま、命を落とす。高句(コグ)麗(リョ)との内通はサドの単独行動との判断が下され、ヘ・ネスクは釈放される。

200円/7日間

第57話  

事件は解決したものの、まだ釈然としない武寧(ムリョン)王。一方、王女は王妃とヘ・ネスクに謝罪をし、一応の和解を果たす。その頃、チンムは、懇意になったクチョンと共に、狩りを楽しんでいた。高句(コグ)麗(リョ)の刺客であるクチョンは、武寧王暗殺の機会を得るために、チンムに接近したのだった。

200円/7日間

第58話  

チンムに連れられて遊郭に泊まるが、気乗りしないクチョン。遊郭の下働きの少年を引き取ったクチョンは、ソルランとソルヒのことを思い出す。一方、ソルランは、母親のチェファが、父親のクチョンを裏切って、武寧(ムリョン)王との間にソルヒをもうけたということが、どうにも信じられない。

200円/7日間

第59話  

王宮内で次第に孤立し、武寧(ムリョン)王からも面会を拒まれる王女。一方、ソルランは、自分の肩に守百香(スベクヒャン)の入れ墨があることを不思議に思う。そんな中、王女の母親が東城(トンソン)王を暗殺した逆賊ペク・カの娘であると知ったソルランは、ペク・カの元使用人が1人だけ、王宮にいることを突き止める。

200円/7日間

第60話  

チェファの侍女だったマックムは、“彩花(チェファ)商団”という商団を運営する傍ら、チェファの行方を捜していた。一方、ソルランは、マックムの行方を捜し始める。そんな中、王宮内で茶会が開かれるが、武寧(ムリョン)王や王妃の側で談笑するソルランの姿を見たソルヒは、ますます孤独感を強める。

200円/7日間

第61話  

王女とチンムが親しくしていると知って、不安を覚える武寧(ムリョン)王。そんな中、王宮に伽耶(カヤ)・キムン国の王スニムンの刺客が侵入するが、ソルランとミョンノンの機転により事なきを得る。ソルランは刺客を捕らえた褒美に5日間の休暇をもらい、友人の見舞いと偽って、マックムを捜しに行く。

200円/7日間

第62話  

家を出るソルランの前に、お忍び姿のミョンノンが現れる。一方のソルヒは、ならず者を使ってソルランの動向を探らせる。ソルランとミョンノンは、マックムの手がかりを得られないまま街を歩き回っていたが、スニムンの放った刺客に襲われ、小屋に閉じ込められてしまう。

200円/7日間

第63話  

キムンの王スニムンの刺客によって、小屋に閉じ込められてしまったソルランとミョンノン。外に助けを求めようとするが、なかなか思った通りにはいかず、そうこうしているうち、ふたりの距離は自然と縮まっていくのだった。そんな中、スニムンが不意に百済(ペクチェ)の王宮を訪れる。

200円/7日間

第64話  

スニムンは、ミョンノンがキムンの行宮に侵入を図って捕らえられたとほのめかし、武寧(ムリョン)王を脅迫する。その頃、閉じ込められているソルランとミョンノンは、何とかして小屋から脱出しようとするが、見張りのせいで全く身動きが取れないまま、時間だけが過ぎていくのだった。

200円/7日間

作品詳細

時は6世紀の百済(ペクチェ)、第24代王東城(トンソン)王の治世末期。加林(カリム)城の城主 ペク・カの娘チェファは、王の従兄にあたるユンと密かに情を通じており、彼の子を身ごもっていた。ユンは佐平(チャピョン)として戦に明け暮れ、チェファが身ごもっている事実を知らなかった。そんなある日、戦地から帰ったユンはもし子供が出来、娘だったら百済を守る花という意味の“スベクヒャン”と名付けようとチェファに話す。その頃、チェファの父ペク・カは東城王によって屈辱を受け、怒りを募らせていたが、娘とユンの関係を知り、東城王がいなくなれば娘が王妃になるのではと考えていた。そんな中、ユンの側近ヘ・ネスクから“ユンも東城王の死を望んでいる”とそそのかされ、東城王の暗殺を実行する。東城王を敬遠していたようにみえたが敬愛していたユンは、これに激怒しペク・カを自害に追い込む。ネスクはチェファがユンの子を宿していることを知るが、ユンを王にするためその事実を隠し、ユンにはチェファが命を落としたと伝える。ペク・カの屋敷が炎に包まれ、父の側を離れようとしないチェファを家来のクチョンが助け、伽耶(カヤ)へ逃げると、そこで女の子を出産し、その子にユンと約束した“スベクヒャン”ではなくソルランと名付ける。一方で、ユンは第25代王 武寧(ムリョン)王として即位し、“息子を守ってほしい”という東城王の遺言に従い、よく似ていると言われる自分の息子と彼の息子を入れ替え、側におくことで身を守り、そして王位につけようと考える。時が立ち、チェファとクチョンの間に生まれたソルヒは、異父姉ソルランが武寧王の娘だと知って彼女に成り済ますことを考える。こうして激動の時代に翻弄されながらも次第に権力を掌握していくスベクヒャンの波乱に満ちた物語がはじまる…。

キャスト

スタッフ

[演出]イ・サンヨブ[脚本]ファン・ジニョン

この作品を見た人におすすめ

大好きだから

火の女神ジョンイ

福寿草

楚喬伝 ‐いばらに咲く花‐

琅や榜 <弐>~風雲来る長林軍~

昭王~大秦帝国の夜明け~

逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン-

三国志~趙雲伝~

皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて

チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~

オクニョ 運命の女(ひと)

ポンダンポンダン 王様の恋

琅や榜 ~麒麟の才子、風雲起こす~

武則天 -The Empress-

皇后的男人 ~紀元を超えた愛~

華政[ファジョン]

神雕侠侶 ~天翔ける愛~

朝鮮ガンマン

続・宮廷女官 若曦(ジャクギ)~輪廻の恋

イニョプの道

最近チェックした作品

帝王の娘 スベクヒャン



PAGE TOP

無料会員登録で1000円分ポイントが必ずもらえる!!

閉じる