お気に入りに追加

帝王の娘 スベクヒャン

制作年:2013年/全108話/本編時間:33分

帝王の娘である“スベクヒャン”の座をめぐり異父姉妹の運命が交錯する。

  • 無料 あり

レンタル料金(税別)

200円/7日間

1760円~/14日間

  • 1話ずつレンタル
  • セットでレンタル
  • List
  • Grid

第33話  

ピムンの新たな訓練として、官吏や女官に変装して王宮内で任務を遂行するソルランたち。醜い女官に変装してミョンノンの殿閣まで花を届けるソルランだが、その途中でスベクヒャンとすれ違う。妹ソルヒの声に似ていると思ったソルランは、思わずスベクヒャンの後をつけるのだが…。

200円/7日間

第34話  

ウネ王妃の助手として刺繍会に参加したスベクヒャンは、その席で自分を軽蔑する高官の夫人たちを一喝する。一方、ミョンノンに不甲斐なさを指摘されたソルランは、訓練に精を出し急速に実力を上げていく。そんな中、高句(コグ)麗(リョ)がトゥジャン城を攻撃したとの伝令が届く。

200円/7日間

第35話  

高句(コグ)麗(リョ)侵攻の知らせに騒然となる王宮。その昔、武寧(ムリョン)王の父、百済(ペクチェ)21代王・蓋鹵(ケロ)王は、高句麗の密偵であった僧侶のトリムに騙されて、旧都の漢城(ハンソン)を奪われ、非業の死を遂げたのだった。長らくその名を口にすることすら禁じられていたトリムは、実は女で、百済の王宮に今も仕えていた。

200円/7日間

第36話  

王宮の懿花園(ウィファウォン)にいるトリムから高句(コグ)麗(リョ)王の性格を聞いた武寧(ムリョン)王は、高句麗軍の動向を探るためピムンを派遣する。敵陣の偵察に行ったソルランだが、まだ若い敵兵を殺せずに戻ってくる。一方、高句麗側は、休戦会談を百済(ペクチェ)で開く代わりに、王女のスベクヒャンを人質として求めてくる。

200円/7日間

第37話  

訓練生から晴れて正式にピムンの一員となったトルデたちだが、敵兵を殺せなかったソルランだけは、ミョンノンから、商人に扮した高句(コグ)麗(リョ)の密偵の殺害を命じられる。一方、スベクヒャンは自ら高句麗に人質として向かうことを申し出るが、武寧(ムリョン)王は危険な敵地に王女を送れないと言う。

200円/7日間

第38話  

ミョンノンは、最後の関門を通過したソルランをトリムのもとに預け、真の女人として育てさせる。一方、スベクヒャンを高句(コグ)麗(リョ)に人質として送るよう王命が下ったと聞いたチンムは、スベクヒャンのもとを訪れる。武寧(ムリョン)王から人質には送らないと聞いていたスベクヒャンは動揺する。

200円/7日間

第39話  

ミョンノンが武寧(ムリョン)王を守るために、王女の存在を高句(コグ)麗(リョ)に伝えたと知ったスベクヒャンは、自分を王女として受け入れてもらえるよう、百済(ペクチェ)の王族の女性に伝わるタニョンの舞を習い始める。一方、トリムから真の女人になるための特訓を受けるソルランも、タニョンの舞を伝授される。

200円/7日間

第40話  

武寧(ムリョン)王に気に入られようと、必死にタニョンの舞を練習するスベクヒャン。一方、ソルランは、ミョンノンに振り回されるうちに、しきりとミョンノンの顔が思い浮かぶようになる。ソルランは、真の女人になるための特訓が、王女スベクヒャンの身代わりを務めるためだと聞かされる。

200円/7日間

第41話  

ソルランは、懿花園(ウィファウォン)で会ったチンムに、なぜか親近感を覚える。そんな中、正式なピムンとなった証しに、獏(ばく)の入れ墨を授けられるソルランは、肩にある醜いほくろのところに彫ってもらおうとするが、トリムから、それはほくろではなく、百済(ペクチェ)を守る花、守百香(スベクヒャン)の入れ墨だと言われる。

200円/7日間

第42話  

ミョンノンから獏(ばく)の入れ墨を授けられたソルランは、人質の身代わりにされると知って悩むが、必ず妹を捜し出すという思いに、ついに覚悟を決める。侍女のナウンから聞いたスベクヒャン王女の性格が、妹のソルヒに似ていると知って、ソルランは身代わりを務めることに自信を持つ。

200円/7日間

第43話  

武寧(ムリョン)王と対面したソルランは、身代わりを成功させるため、自分を実の王女と思うように言う。そして、加林(カリム)城に到着し、高句(コグ)麗(リョ)側に軟禁されるソルラン。一方、スベクヒャンは、自分の身代わりを務めた娘の特徴が姉のソルランに似ていると思い、不安を募らせる。

200円/7日間

第44話  

自分の身代わりを務めた娘が姉のソルランだと知って衝撃を受けたスベクヒャンは、その娘が高句(コグ)麗(リョ)の密偵かもしれないと称して、自ら加林(カリム)城へと向かう。加林城で王女の姿をしているソルランを見たソルヒは、抵抗することのできない運命の力を思い知るのだった。

200円/7日間

第45話  

高句(コグ)麗(リョ)の将軍ウルミルに見とがめられたソルヒは、自分こそが本物の王女スベクヒャンであると言い放つ。ソルランが偽の王女であることが暴露され、休戦交渉において窮地に立たされる武寧(ムリョン)王。一方、ミョンノンは武寧王に対し、高句麗側に捕らえられたソルランの救命を願い出る。

200円/7日間

第46話  

ミョンノンの嘆願にもかかわらず、武寧(ムリョン)王はソルランが高句(コグ)麗(リョ)の密偵だという情報に警戒を強め、ソルヒはわざとソルランを脱獄させる。一方、ミョンノンはソルランから、高句麗王の興安(フンアン)が太子時代、百済(ペクチェ)に密偵として滞在していた際に情人がいたという情報を聞き、その女を捜し求める。

200円/7日間

第47話  

ソルランは釈放され、高句(コグ)麗(リョ)との休戦会談も無事に終了する。ソルランの手柄を認めた武寧(ムリョン)王は、必ず妹を捜し出すと約束し、それを聞いたソルヒは愕然とする。一方、百済(ペクチェ)の王に家族を殺され、憎悪を抱いているという高句麗の刺客が、熊津(ウンジン)へと向かう。実は生きていたクチョンであった。

200円/7日間

第48話  

晴れて自宅を与えられるが、広い家に独りで落ち着かないソルラン。そんな中、ソルランは、武寧(ムリョン)王からスベクヒャン王女の話し相手になるよう頼まれるが、スベクヒャンはそれを拒絶する。代わりにソルランはウネ王妃の話し相手を任され、王妃や武寧王に気に入られてゆく。

200円/7日間

作品詳細

時は6世紀の百済(ペクチェ)、第24代王東城(トンソン)王の治世末期。加林(カリム)城の城主 ペク・カの娘チェファは、王の従兄にあたるユンと密かに情を通じており、彼の子を身ごもっていた。ユンは佐平(チャピョン)として戦に明け暮れ、チェファが身ごもっている事実を知らなかった。そんなある日、戦地から帰ったユンはもし子供が出来、娘だったら百済を守る花という意味の“スベクヒャン”と名付けようとチェファに話す。その頃、チェファの父ペク・カは東城王によって屈辱を受け、怒りを募らせていたが、娘とユンの関係を知り、東城王がいなくなれば娘が王妃になるのではと考えていた。そんな中、ユンの側近ヘ・ネスクから“ユンも東城王の死を望んでいる”とそそのかされ、東城王の暗殺を実行する。東城王を敬遠していたようにみえたが敬愛していたユンは、これに激怒しペク・カを自害に追い込む。ネスクはチェファがユンの子を宿していることを知るが、ユンを王にするためその事実を隠し、ユンにはチェファが命を落としたと伝える。ペク・カの屋敷が炎に包まれ、父の側を離れようとしないチェファを家来のクチョンが助け、伽耶(カヤ)へ逃げると、そこで女の子を出産し、その子にユンと約束した“スベクヒャン”ではなくソルランと名付ける。一方で、ユンは第25代王 武寧(ムリョン)王として即位し、“息子を守ってほしい”という東城王の遺言に従い、よく似ていると言われる自分の息子と彼の息子を入れ替え、側におくことで身を守り、そして王位につけようと考える。時が立ち、チェファとクチョンの間に生まれたソルヒは、異父姉ソルランが武寧王の娘だと知って彼女に成り済ますことを考える。こうして激動の時代に翻弄されながらも次第に権力を掌握していくスベクヒャンの波乱に満ちた物語がはじまる…。

キャスト

スタッフ

[演出]イ・サンヨブ[脚本]ファン・ジニョン

この作品を見た人におすすめ

大好きだから

火の女神ジョンイ

福寿草

楚喬伝 ‐いばらに咲く花‐

琅や榜 <弐>~風雲来る長林軍~

昭王~大秦帝国の夜明け~

逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン-

三国志~趙雲伝~

皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて

チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~

オクニョ 運命の女(ひと)

ポンダンポンダン 王様の恋

琅や榜 ~麒麟の才子、風雲起こす~

武則天 -The Empress-

皇后的男人 ~紀元を超えた愛~

華政[ファジョン]

神雕侠侶 ~天翔ける愛~

朝鮮ガンマン

続・宮廷女官 若曦(ジャクギ)~輪廻の恋

イニョプの道

最近チェックした作品

帝王の娘 スベクヒャン



PAGE TOP

無料会員登録で1000円分ポイントが必ずもらえる!!

閉じる