お気に入りに追加

帝王の娘 スベクヒャン

制作年:2013年/全108話/本編時間:33分

帝王の娘である“スベクヒャン”の座をめぐり異父姉妹の運命が交錯する。

  • 新作
  • 無料 あり

レンタル料金(税別)

200円/7日間

1760円~/14日間

  • 1話ずつレンタル
  • セットでレンタル
  • List
  • Grid

第17話  

医者のもとに向かう途中でミョンノンと出くわしたソルランは、取り乱したふりをしてやり過ごす。一方、目が見えなくなったチェファは、持っていたかんざしからソルヒをソルランと勘違いし、実の父親が百済(ペクチェ)の武寧(ムリョン)王で、本当の名前はスベクヒャンであることをソルヒに話してしまう。

200円/7日間

第18話  

間違ってソルヒにソルランの出生を話してしまったことに気づいて、愕然とするチェファ。だが、ソルランに真実を伝えられないまま、チェファはスベクヒャンとだけ言い残して、息絶えてしまう。そんな中、武寧(ムリョン)王は、チェファに会えなかった寂しさを胸に、伽耶(カヤ)の地を後にする。

200円/7日間

第19話  

両親の敵討ちを誓ったソルランは、百済(ペクチェ)・新羅(シルラ)・伽耶(カヤ)の3国に通じる街道の村で荷運び人たちの世話をしながら、村を襲った盗賊たちの情報を仕入れている。そんな中、有力な情報を聞きつけたソルランは、その盗賊団の住みかに向かおうとするが、そこへソルヒも一緒についてくる。

200円/7日間

第20話  

盗賊の住みかの近くで待ち伏せするソルランとソルヒ。だが、ソルランが百済(ペクチェ)王の娘だと知ったソルヒは、ソルランがそばを離れた隙に、ひとりで百済の都、熊津(ウンジン)城へと向かう。城門の前で倒れ、ヘ・ネスクの夫人に助けられたソルヒは、結願鼓(キョロンゴ)を叩けば王に拝謁できるかもしれないと聞く。

200円/7日間

第21話  

結願鼓(キョロンゴ)を叩いて王宮に訴え出たソルヒ。だが、ソルヒの訴えは武寧(ムリョン)王の目に留まらなかった。仕方なくソルヒは、王自ら民の窮状を聞き審理を行う場を訪れて、スベクヒャンと名乗り武寧王の前に進み出る。一方、山中で倒れていたソルランは、トルデとマングに助けられる。

200円/7日間

第22話  

スベクヒャンだと名乗り出て、武寧(ムリョン)王との面会が叶ったソルヒ。ソルヒからチェファが死んだと聞かされた武寧王は、衝撃のあまりその場で倒れてしまう。一方、チェファの娘が現れたことで、チンムは警戒心を強める。ウネ王妃は、ソルヒが王女だと知ると、親しみを覚え始める。

200円/7日間

第23話  

ソルヒを捜すため、トルデやマングと行動を共にするソルランだが、ふたりに騙されて再び独りになってしまう。そんな中、チェファを殺害した盗賊を捕らえるため、ミョンノンが伽耶(カヤ)にやって来る。山中を捜索するミョンノンは崖から足を滑らせてしまうが、そこへソルランが通りかかる。

200円/7日間

第24話  

ミョンノンを助け、あの時は取り乱したふりをしていたと弁明するソルラン。ミョンノンの護衛がピムンだと知ったソルランは、行方不明になった妹のソルヒを捜し出すため、ピムンの力を借りたいとミョンノンに申し出るが、逆にミョンノンはソルランをピムンに誘い、試練を与える。

200円/7日間

第25話  

近くの村で米を手に入れて来るよう、課題を出されたソルランだが、そこは農村ではなく盗賊団の住みかだった。捕らえられたソルランだが、頭目の性格を利用して脱出に成功する。一方、王宮に部屋を与えられたソルヒだが、武寧(ムリョン)王はなかなかソルヒのもとを訪れようとしない。

200円/7日間

第26話  

ミョンノンの試練に見事合格したソルランは、ピムンへの入団を認められ、トルデとマング、それに酒房のおかみのヨオクをも連れて、百済(ペクチェ)の都である熊津(ウンジン)宮に向かう。一方、ソルヒはヘ・ネスクから武寧(ムリョン)王の実の娘かどうか疑いの目を向けられ、チンムはそんなソルヒに接近する。

200円/7日間

第27話  

庭園を散歩中の武寧(ムリョン)王の前にソルヒが現れる。武寧王はチェファと錯覚して近寄るが、勘違いだと気づいて立ち去ってしまう。だが、自責の念からソルヒを遠ざけていたと語った武寧王は、ついにソルヒを王女スベクヒャンとして迎え入れる。一方、ソルランはピムンの訓練を開始する。

200円/7日間

第28話  

教官テウンのもと、男たちに交じって激しいピムンの訓練に身を投ずるソルラン。トルデたちに助けられながら、厳しい訓練を生き延びてゆく。一方、王女スベクヒャンとして迎えられたソルヒは、チンムから以前伽耶(カヤ)で会ったことがあると言われるが、あくまで人違いだと言い張る。

200円/7日間

第29話  

ピムンの厳しい訓練に必死で食らいつくソルランに対し、ミョンノンは何かと世話を焼くようになる。そんなある夜、武寧(ムリョン)王は、20年前の事実を語る。武寧王は、東城(トンソン)王の息子チンムに殺意を抱くことを恐れ、チンムと自分の息子ミョンノンのふたりを、密かにすり替えていたのだった。

200円/7日間

第30話  

ウネ王妃の母が占い師の老婆を宮中に連れてくる。老婆は武寧(ムリョン)王に対して、偽の子を抱いていると言い放ち、偽物が父親の目をくり抜くだろうと予言する。そんな中、歴代王の肖像画を祭った部屋で、チンムと会ったスベクヒャンは、チンムが東城(トンソン)王より武寧王に似ているようだと言う。

200円/7日間

第31話  

占い師の老婆の予言通り、武寧(ムリョン)王の肖像画の目を指で突いてしまうスベクヒャン。怯えるスベクヒャンだが、チンムは腕利きの絵師に肖像画を修復させる。一方、亡き父、東城(トンソン)王を恋しがるチンムの姿を目にした武寧王は、寝殿にチンムを呼んで、温かい言葉をかけてやる。

200円/7日間

第32話  

武寧(ムリョン)王とチョポノリの約束をしたチンムだが、王宮に向かう途中でもめ事が起き、機会を逃してしまう。翌日、武寧王はスベクヒャンを交えて家族の肖像画を描かせるが、チンムは家族として肖像画に入ることを許されず、失望のあまりスベクヒャンが偽物だと暴いて、武寧王の幸せを潰そうと企む。

200円/7日間

作品詳細

時は6世紀の百済(ペクチェ)、第24代王東城(トンソン)王の治世末期。加林(カリム)城の城主 ペク・カの娘チェファは、王の従兄にあたるユンと密かに情を通じており、彼の子を身ごもっていた。ユンは佐平(チャピョン)として戦に明け暮れ、チェファが身ごもっている事実を知らなかった。そんなある日、戦地から帰ったユンはもし子供が出来、娘だったら百済を守る花という意味の“スベクヒャン”と名付けようとチェファに話す。その頃、チェファの父ペク・カは東城王によって屈辱を受け、怒りを募らせていたが、娘とユンの関係を知り、東城王がいなくなれば娘が王妃になるのではと考えていた。そんな中、ユンの側近ヘ・ネスクから“ユンも東城王の死を望んでいる”とそそのかされ、東城王の暗殺を実行する。東城王を敬遠していたようにみえたが敬愛していたユンは、これに激怒しペク・カを自害に追い込む。ネスクはチェファがユンの子を宿していることを知るが、ユンを王にするためその事実を隠し、ユンにはチェファが命を落としたと伝える。ペク・カの屋敷が炎に包まれ、父の側を離れようとしないチェファを家来のクチョンが助け、伽耶(カヤ)へ逃げると、そこで女の子を出産し、その子にユンと約束した“スベクヒャン”ではなくソルランと名付ける。一方で、ユンは第25代王 武寧(ムリョン)王として即位し、“息子を守ってほしい”という東城王の遺言に従い、よく似ていると言われる自分の息子と彼の息子を入れ替え、側におくことで身を守り、そして王位につけようと考える。時が立ち、チェファとクチョンの間に生まれたソルヒは、異父姉ソルランが武寧王の娘だと知って彼女に成り済ますことを考える。こうして激動の時代に翻弄されながらも次第に権力を掌握していくスベクヒャンの波乱に満ちた物語がはじまる…。

キャスト

スタッフ

[演出]イ・サンヨブ[脚本]ファン・ジニョン

この作品を見た人におすすめ

大好きだから

火の女神ジョンイ

福寿草

楚喬伝 ‐いばらに咲く花‐

琅や榜 <弐>~風雲来る長林軍~

昭王~大秦帝国の夜明け~

逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン-

皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて

チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~

オクニョ 運命の女(ひと)

ポンダンポンダン 王様の恋

琅や榜 ~麒麟の才子、風雲起こす~

武則天 -The Empress-

皇后的男人 ~紀元を超えた愛~

華政[ファジョン]

オレンジ・マーマレード

神雕侠侶 ~天翔ける愛~

朝鮮ガンマン

トキメキ!弘文学院

続・宮廷女官 若曦(ジャクギ)~輪廻の恋

最近チェックした作品

帝王の娘 スベクヒャン



PAGE TOP

好評配信中!本年度アカデミー賞最多4冠!ボヘミアン・ラプソディを今すぐ観る!

閉じる