お気に入りに追加

キャットウーマン

制作年:2004年/本編時間: 104 分

究極のヒロインが今解き放たれる―

レンタル料金(税別)

SD(標準画質) /字幕

300円/48時間

作品詳細

キャットウーマン

これまでの常識を切り裂く、100%超絶アクション

ペイシェンス・フィリップス(ハル・ベリー)は、自己主張のできない内気な広告デザイナー。高慢な社長とイメージモデルも務める社長夫人ローレル・ヘデア(シャロン・ストーン)が実権を握る巨大化粧品会社ヘデア社に勤めている。仕事ではせっかくの豊かな芸術的才能を浪費し、家に戻れば夜中まで騒々しい音をたててパーティを開いている隣人に苦情すら言えない、うだつのあがらない女性だった。そんなある日、ペイシェンスは間もなく発売になる若返りクリーム、“ビューリン”の広告デザインを届けにヘデア社の工場まで足を運ぶ。しかし、そこで彼女が目にしたものは、その“ビューリン”がもたらす恐ろしい副作用だった。しかもヘデア社はその事実を知りながらも発売を強行しようとしていたのだ。陰謀を知ってしまったペイシェンスは、何者かに追われ命を落としてしまう。しかし死は終わりを意味していなかった。命を落としたその瞬間、ペイシェンスの中に<何か>が生まれた。それは“キャットウーマン”としての新しい命だった。その日を境に、ペイシェンスの中に潜んでいた野生が徐々に開花していく。やがて欲望のままに行動し、夜の街を飛び回るキャットウーマンの存在は、トム・ローン刑事(ベンジャミン・ブラット)の関心をひくことになる。さらにそのミステリアスで不可解な行動を悪用しようと企む何者かによって、キャットウーマンはあらぬ殺人の罪を着せられてしまうことになるのだった…。

スタッフ

[監督]ピトフ[製作]デニーズ・ディ・ノヴィ/エドワード・マクドネル[製作総指揮]アリソン・グリーンスパン/ベンジャミン・メルニカー/マイケル・E・ウスラン[キャラクター創造]ボブ・ケイン[原案]テレサ・レベック/ジョン・ブランカトー/マイケル・フェリス[脚本]ジョン・ブランカトー/マイケル・フェリス/ジョン・ロジャース[撮影]ティエリー・アルボガスト[編集]シルヴィ・ランドラ[音楽]クラウス・バデルト

この作品を見た人におすすめ

キングスマン:ゴールデン・サークル

X-MEN:フューチャー&パスト

クラウド アトラス

ニューイヤーズ・イブ

X-MEN:ファイナル ディシジョン

X-MEN2

ソードフィッシュ

X-MEN

潜在殺意

パパと呼ばれて大迷惑!?

ドクター・ストレンジ

デンジャラス・ビューティー

ニューヨーク・ジャスティス/許された犯罪

ニューヨーク、愛を探して

アルティメット・サイクロン

コールド・クリーク/過去を持つ家

ラストダンス

フランス組曲

アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場

ビリー・バスゲイト

最近チェックした作品

キャットウーマン



PAGE TOP