お気に入りに追加

破門 疫病神シリーズ

制作年:2015年/全8話/本編時間:59分

作家・黒川博行氏の大人気ハードボイルド作品“疫病神シリーズ”をドラマ化。

レンタル料金(税別)

ドラマセットでもポイントがご利用いただけます。(2017/12/31まで)
この機会にお得なセットでドラマをお楽しみください。

プレミアムプラン

月額900円で2,000円分の映画・ドラマが楽しめるお得なプラン

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

1120円/30日間

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

200円/7日間

  • 1話ずつレンタル
  • List
  • Grid

第1話 

大阪は西心斎橋に事務所を構える建設コンサルタント・二宮啓之(濱田岳)。建設現場に妨害をしにくるヤクザを、別のヤクザを使って抑える「サバキ」の仲介を担う彼が、小畠総業の社長(赤井英和)からの依頼により、産業廃棄物処分場をめぐるトラブルに巻き込まれた。そのトラブルシューティングのために、なりゆきでコンビを組むことになったのは、二蝶会のヤクザ・桑原保彦(北村一輝)。金の匂いを敏感に嗅ぎ付ける嗅覚と、頭の回転、腕っ節の強さは大阪屈指の極道。全くと言っていいほど、噛み合ない二人。二宮は、桑原を「疫病神」と感じ、さけるようになるが、再びトラブルに巻き込まれ、桑原の助けを請うことになる…。

200円/7日間

第2話 

桑原(北村一輝)の助けにより、一命をとりとめた二宮(濱田岳)。二宮を襲った野球帽の男(川岡大次郎)には、以前、水利組合の組合長・橋本健夫(岡田浩暉)を尾行したときにも遭遇したことがある。小畠一三(赤井英和)の処分場建設を邪魔している人物が野球帽の男のバックにいると推測した二人は、男の肩に入っていた蜥蜴の刺青を手がかりに彫り師のもとを訪ね、男が陵南組の三好茂夫であることを聞き出す。三好の住居に侵入した二人は、そこで隠し撮りした橋本の写真を発見。三好も橋本を調べていたのだ。写真を手に橋本と交渉し、同意書と引き換えに元愛人・西村亜美(中村ゆり)にヨリを戻すよう説得すると約束するが…。

200円/7日間

第3話 

橋本(岡田浩暉)から水利組合の同意書を手に入れた桑原(北村一輝)と二宮(濱田岳)は、小畠総業の入口で本蔵環境開発常務・水谷仁志(永澤俊矢)と宮本昌輝(神尾佑)に遭遇する。小畠(赤井英和)が処分場建設の権利を本蔵環境開発に譲ったので、同意書を100万円で渡してほしいと請求する水谷。しかし、本当の狙いは小畠の妨害と推測した桑原は、取引を拒否する。二人は電話に出ない小畠に会うため、彼が向かったという行政書士の事務所で待ち伏せすることに。夜になり、二宮は事務所の窓ガラスに怪しげな光がチラつくのを発見する。中からスポーツバッグを抱えて現れたのは、陵南組の三好のツレ、川路勝弘(島津健太郎)だった…。

200円/7日間

第4話 

謎の男たちのもとから自力で脱出した二宮(濱田岳)は、桑原(北村一輝)と再会。脱出後から自分を尾行していた男たちの後を追い、彼らが本蔵環境開発のビルへ入っていくのを目撃する。そのビル脇にはなぜか、以前、二宮が稲田解体工業に依頼された古川橋の現場を邪魔してきた原田勇の車があった。訝しみながらセツオ(牧田哲也)のアパートへ向かった二人は、待ち伏せていた水谷(永澤俊矢)と宮本(神尾佑)に対面する。水利組合の同意書を1000万円で譲るよう要求する水谷。桑原が拒否すると、元ボクサーの宮本が攻撃をしかけてきた。このままでは自分もやられる―。攻撃される桑原を置き去りにし、二宮はその場から逃げ出してしまう…。

200円/7日間

第5話 

白耀会の邪魔が入り、小畠(赤井英和)の拉致計画は失敗に終わってしまった。舟越建設から直接金を請求しようと決めた桑原(北村一輝)と二宮(濱田岳)は、FKエステート常務取締役開発部長の坂本秀一(遠山俊也)のもとへ。申請書類をエサに坂本を脅迫し、真相を聞き出すことに成功する。事の発端は天瀬の大地主・加見山総一郎が亡くなり、保有していた加見沢谷に最終処分場を建設するビッグプロジェクトを計画。その搬入道路として、小畠から三沢谷を奪う必要があったのだ。そのとき、舟越建設に勤める二宮の知人から、プロジェクトの検討委員会のメンバー表が届く。最終カードを手にした二宮と桑原は、ついに舟越建設へと向かう…。

200円/7日間

第6話 

小清水隆夫(木下ほうか)が映画「フリーズムーン」の製作費を持って逃亡した。嶋田(鶴見辰吾)が自分の名義で出資してくれていたことを知った二宮(濱田岳)は、桑原(北村一輝)と共に小清水の行方を探し始める。まずは小清水の自宅を訪ねたが本人はおらず、そこには同じく映画に出資をしたらしい滝沢組の久保恭介(三浦力)、磯辺淳二(一ノ瀬ワタル)の姿があった。セツオ(牧田哲也)の調べで、小清水が養成学校TASの雇われ校長をやっていたことを知った二人は、TASの理事長金本総業・金本賢治(三上市朗)のもとを訪れ、小清水の恋人・玲美(宮地真緒)の存在を聞き出し、彼女の名義で借りていたというマンションへ向かうが…。

200円/7日間

第7話 

滝沢組とのトラブルで、重傷を負った桑原(北村一輝)。なんとか一命を取り留めたものの、嶋田(鶴見辰吾)から呼び出され、滝沢組組長・滝沢五朗(山路和弘)が桑原の処分を要求された話を聞かされる。滝沢組は二蝶会の本家筋であり、喧嘩を売っていい相手ではなかったのだ。処分を免れるには、滝沢組が小清水に融資した手形を決済しなければならない。大阪府警4課の中川克彦(高杉亘)の協力を得た桑原と二宮(濱田岳)は、小清水(木下ほうか)と恋人・真鍋恵美(宮地真緒)の逃亡先である東京へと向かう。宿泊先のホテルを突き止め、そこで二人は、今回の事件のバックに滝沢の補佐役・初見裕之(橋本じゅん)がいることを教えられる…。

200円/7日間

第8話 

嶋田(鶴見辰吾)の前に、滝沢(山路和弘)が再び交渉にやってきた。二蝶会の組長・森山毅(中村育二)と話し合った結果、今回の騒動の処分として、桑原(北村一輝)の破門は免れないという。二宮(濱田岳)から処分について聞かされた桑原は、亥誠組の本部長・布施洋佑(国広富之)のもとへ。布施の立場を利用し、滝沢の要求を抑えてほしいと交渉を持ちかける。一方、桑原たちのもとから逃亡した小清水(木下ほうか)は、滝沢組の追手からも逃れ、行方をくらましていた。中川(高杉亘)の調査により、小清水が真鍋恵美(宮地真緒)の本籍地である愛媛県・今治にいることを突き止めた二人は、彼らが身を潜める今治のアパートへと向かう…。

200円/7日間

作品詳細

第151回直木賞受賞作『破門』(原作:黒川博行/角川書店)とそのシリーズの第一作目となる『疫病神』(角川文庫・新潮文庫)を、北村一輝、濱田岳ダブル主演でドラマ化!!

イケイケヤクザの桑原(北村一輝)と、建設コンサルタントの二宮(濱田岳)のミステリ史上最凶の“疫病神コンビ”が、大阪を舞台に、金の臭いに群がる悪党たちを相手に暴れ回る!予想を裏切るストーリー、大阪弁の軽妙な会話、そして炸裂するバイオレンス。BSスカパー!初の連続ドラマで人気を博した本作。スリルと衝撃が疾走する本格ハードボイルドドラマをお楽しみ下さい。

スタッフ

[監督]木村ひさし/森淳一/藤澤浩和[制作]小牧次郎/宍戸健司[企画]森元光一/渡部康弘/安藤親広[プロデューサー]長谷川晴彦/清野正一郎[原作]黒川博行[脚本]酒井雅秋[音楽]末廣健一郎

この作品を見た人におすすめ

螻蛄 疫病神シリーズ

寄生獣 完結編

テルマエ・ロマエII

トリック劇場版 ラストステージ

KILLERS

劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇

劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇

真夏の方程式

ナイトピープル

テルマエ・ロマエ

容疑者Xの献身

血と骨

本能寺ホテル

グッドモーニングショー

世界から猫が消えたなら

信長協奏曲

杉原千畝 スギハラチウネ

ボクは坊さん。

舞妓はレディ

偉大なる、しゅららぼん

最近チェックした作品

破門 疫病神シリーズ



PAGE TOP