お気に入りに追加

64-ロクヨン-前編

制作年:2016年/本編時間: 121 分

横山秀夫による究極のミステリー『64(ロクヨン)』が感動の人間ドラマとしてついに映画化!

レンタル料金(税別)

配信終了日:2017年11月30日 23時59分

プレミアムプラン

月額900円で2,000円分の映画・ドラマが楽しめるお得なプラン

HD(高画質)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ
  • TV

500円/48時間

SD(標準画質)

対応デバイス

  • PC
  • スマホ

400円/48時間

作品詳細

64-ロクヨン-前編

物語は、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐事件、通称「ロクヨン」の真相を巡る究極のミステリー。かつては刑事部の刑事で、現在は警務部の広報官として事件に挑む主人公・三上義信を演じるのは、日本映画界が誇る名優・佐藤浩市。さらに、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、永瀬正敏、三浦友和ら豪華俳優陣が重要な役柄として出演する。

昭和64年1月5日。関東近県で漬物工場を営む雨宮芳男(永瀬正敏)の娘・翔子が誘拐された。犯人の指示に従い、スーツケースに入れた身代金2000万円を郊外の橋から川に投下するも、後日、被害者の少女は死体となって発見された。たった7日間で終わった昭和64年に発生し、迷宮入りとなったこの少女誘拐殺人事件は、県内内部で「64(ロクヨン)」と呼ばれることになった。平成14年12月。県警で、かつて刑事部の刑事として「ロクヨン」の捜査にも加わっていた三上義信(佐藤浩市)は、警務部秘書課広報室広報官のポストにあった。三上をはじめとする、諏訪(綾野剛)、美雲(榮倉奈々)らの広報室スタッフは、ある交通事故の加害者を匿名で発表したため、県警記者クラブからの突き上げにあっていた。そんな中、時効が1年後に迫った「ロクヨン」担当捜査員を激励するため、警察庁長官が視察に訪れるという話が持ち上がる。

スタッフ

[監督]瀬々敬久[企画]越智貞夫[原作]横山秀夫『64(ロクヨン)』(文藝春秋刊)[脚本]瀬々敬久/久松真一

この作品を見た人におすすめ

64-ロクヨン-後編

続・深夜食堂

起終点駅 ターミナル

GONIN サーガ

アンフェア the end

愛を積むひと

幕末高校生

清須会議

許されざる者(2013)

草原の椅子

遺体 明日への十日間

のぼうの城

あなたへ

アンフェア the answer

最後の忠臣蔵

アマルフィ 女神の報酬

誰も守ってくれない

秋深き

ザ・マジックアワー

天然コケッコー

最近チェックした作品

64-ロクヨン-前編



PAGE TOP