お気に入りに追加

テレーズの罪

制作年:2011年/本編時間: 110 分

『アメリ』『ダ・ヴィンチ・コード』の人気女優オドレイ・トトゥ主演!

レンタル料金/購入料金(税別)

HD(高画質) /字幕

500円/48時間

SD(標準画質) /字幕

400円/48時間

SD(標準画質)はこちら

HD(高画質)はこちら

作品詳細

テレーズの罪

ノーベル文学賞作家フランソワ・モーリアックの代表作を名匠クロード・ミレール監督『なまいきシャルロット』)が映像化した、珠玉の文芸ロマン!ノーベル賞作家フランソワ・モーリアックの代表作にして、フランスのカトリック文学史上不朽の名作と言われる小説『テレーズ・デスケルウ』を原作としている。舞台は1920年代のフランス。家同士が決めた政略結婚により、広大な土地を所有するデスケルウ家の当主ベルナールの妻となったテレーズの苦悩を、ひとつの事件を通して描く。テレーズを演じるのは、2001年に主演した『アメリ』が世界中で大ヒットし、一躍脚光を浴びたオドレイ・トトゥだ。本作は、彼女自身が『アメリ』から10年を経て自分を成長させるきっかけとなったと振り返るほどの意欲作で、テレーズという女性の内面の葛藤や変化を表現する渾身の演技を見せている。

1928年、フランス。良家の娘であるテレーズは、幼馴染みのアンヌの兄で、広大な松林を資産として所有するデスケルウ家の長男ベルナールと結婚する。しかし、それは愛情によるものではなく、家柄や経済状況を優先した、いわゆる“政略結婚”と言えた。退屈な結婚生活を続けるうちに、彼女の心には粗野な夫への嫌悪感が育っていく。ベルナールとの間に娘をもうけてからも、母親としての生きがいを見出だすことができないテレーズ。“自由”への渇望からか、次第に彼女は孤独な闇に心を蝕まれていくのだった。そんななか、ベルナールが原因不明の体調不良を訴える。その症状は、日に日に悪化してゆき…。

スタッフ

[監督][脚本]クロード・ミレール[原作]フランソワ・モーリアック[製作]イヴ・マルミオン[脚本]ナタリー・カルテール[撮影]ジェラール・ド・バティスタ[編集]ヴェロニク・ランジュ[衣装デザイン]ジャクリーン・ブシャール

この作品を見た人におすすめ

クリスマス・カンパニー

海へのオデッセイ

エタニティ 永遠の花たちへ

グッバイ、サマー

ココ・アヴァン・シャネル

ダ・ヴィンチ・コード

スパニッシュ・アパートメント

友よ、さらばと言おう

アデル ファラオと復活の秘薬

大人のためのグリム童話 手をなくした少女

彼は秘密の女ともだち

ハート・オブ・マン

ビッチ・ホリデイ

ホワイト・ボーイ・リック

アルファ 帰還(かえ)りし者たち

バハールの涙

ロスト・ストレイト

飛べない鳥と優しいキツネ

蜘蛛の巣を払う女

アリー/スター誕生

最近チェックした作品

テレーズの罪



PAGE TOP

無料会員登録で1000円分ポイントが必ずもらえる!!

閉じる