お気に入りに追加

きみはいい子

制作年:2014年/本編時間: 121 分

抱きしめられたい。 子どもだって。おとなだって。

レンタル料金(税別)

HD(高画質)

500円/48時間

  • テレビ対応

SD(標準画質)はこちら

SD(標準画質)

400円/48時間

HD(高画質)はこちら

作品詳細

きみはいい子

『そこのみにて光輝く』で、モントリオール世界映画祭最優秀監督賞をはじめキネマ旬報監督賞、ブルーリボン賞監督賞など、2014年の日本映画賞を総なめにした呉美保監督が、第28回坪田譲治文学賞、2013年本屋大賞第4位に輝いた『きみはいい子』(中脇初枝著/ポプラ社刊)を映画化! 問題に真っ向から立ち向かえない教師、幼い頃のトラウマによって自分の子どもを傷つけてしまう親。ディスコミュニケーションが叫ばれる現代社会が抱える問題を描きつつも「ひとがひとを愛するということ」を真摯に描いた名作が誕生。かつて子どもだったすべての人に贈る、珠玉の一本。

まじめだが優柔不断で、問題に真っ正面から向き合えず肝心なところで一歩を踏み出すことができない新米の小学校教師・岡野。近所のママ友たちとの表面的な付き合いの陰で自分の娘に手をあげ、自身も親に暴力を振るわれていた過去をもつ雅美。他人と会話をかわすのは、登下校の途中で挨拶をしてくれる名前も知らない小学生のみという、最近感じはじめた認知症の兆しにおびえる独居老人・あきこ。とあるひとつの街に暮らし、さまざまな局面で交差しながら生きているおとなと子どもたち。悩みや問題を抱えて生きる彼らが、人と人とのつながりに光を見いだし、小さな一歩を踏み出していく。

スタッフ

[監督]呉美保[製作]川村英己[プロデューサー]星野秀樹[原作]中脇初枝 『きみはいい子』(ポプラ社刊) [脚本]高田亮[音楽]田中拓人

この作品を見た人におすすめ

月と雷

シン・ゴジラ

ふきげんな過去

悼む人

潔く柔く

ルームメイト

横道世之介

シグナル 月曜日のルカ

苦役列車

きいろいゾウ

ノルウェイの森

雷桜

ボックス!

ソラニン

ハゲタカ

ブルーハーツが聴こえる

いつまた、君と ~何日君再来~

ミュージアム

後妻業の女

起終点駅 ターミナル

最近チェックした作品

きみはいい子



PAGE TOP