キリング/26日間<セカンド・シーズン>
キリング/26日間<セカンド・シーズン>
165ポイント~

キリング/26日間<セカンド・シーズン>

アメリカを震撼させた大注目のサスペンスドラマのセカンドシーズン!

初回登録で新作映画が3,000円分楽しめる

14日間無料体験

2012年 13話

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 決意

    リンデンが逮捕したリッチモンド議員が銃で撃たれたというニュースを空港で知ったリンデン。逮捕の鍵となった写真が偽造だったと知った彼女はリッチモンドが無実かもしれないと思い、上司オークスの家を訪ねる。リンデンはシアトルに残って捜査を続けることにする。

  • 第2話 挑発

    ラーセン家の玄関に誰かがロージーのリュックを置いて行った。スタンは真犯人がいるのではと刑事に詰め寄るが、取り合ってもらえない。リュックの鑑識の件で不審に思ったホールダーは自分のリュックを鑑識に渡す。一方、リンデンは真相究明のためタコマに向かう。

  • 第3話 麻痺

    リンデンがボー・ソレイユのパソコンを押収しようと令状を出したが、新しい警部補カールソンに阻まれ、手に入れられないまま店が全焼してしまう。一方、リッチモンドは両足に太陽の温かさを感じたと主張し、リハビリを受けたいと医師に訴える。

  • 第4話 タトゥーの男

    リンデンとホールダーは和解し、再び相棒となる。二人はロージーと自転車で出かけ、ラーセン運送のトラックを運転し、ボー・ソレイユを放火したタトゥウーの男を追っていた。一方、半身不随になったリッチモンドは市長選への出馬を取りやめると弱気な発言をする。

  • 第5話 過去の亡霊

    サラたちはタトゥーの男の正体が、スタン・ラーセンに父親を殺されたアレクシー・ミカエルスキーだということを突き止める。彼を捕まえて事情聴取を始め、ロージーが恐れていた男の正体を聞こうとした矢先、ヤクネが雇った弁護士がアレクシーを連れ帰ってしまった。

  • 第6話 思い出の箱

    アレクシーからロージーはスタンの実子ではないことを聞いたリンデンは、スタンを訪ねて問いただす。ロージーが真実を知ったとすれば、ミッチの思い出の箱をみたからではないかという。一方、市長選に復帰を決めたリッチモンドは独占インタビューを受けテレビに出演する。

  • 第7話 警告

    ロージーの留守電に録音されていた音をレイが分析した結果、彼女がカジノ内の工事現場から電話をしていた可能性が高いとわかった。リンデンとホールダーは再びカジノの捜査を始めるが、島の立ち入り禁止地区に入ったリンデンはワピ居留地の住民たちに警告を受ける。

  • 第8話 立ちはだかる壁

    携帯電話からホールダーの悲鳴を聞いたリンデンはカールソンを脅し、捜索隊を出させて先住民居留地を捜索する。明け方にホールダーは瀕死の状態で発見され、病院に入院することに。一方、リッチモンド陣営は有権者の信用を取り戻すため、新聞の1面を飾る話題を探していた。

  • 第9話 守りたい秘密

    ロージー事件の捜査権はシアトル警察から郡警察に移ったと同時に、捜査資料が消えてしまったことを知ったリンデンたちは、事件を迷宮入りさせようと市長が裏で動いているのではないかと睨む。一方、ミッチは元恋人のデビッドに会い、ロージーが彼に会いに来たと知って驚く。

  • 第10話 72時間

    カジノの10階で何者かに襲われたリンデンは、精神科隔離病棟のベッドの上で目覚めた。自殺する危険性があるいうことで、リンデンは72時間、強制的に入院させられたのだ。一方、市長選まであと72時間。リッチモンドはグウェンに市長との関係を問い正す。

  • 第11話 告白

    ウェブでの映像が功を奏してリッチモンド陣営は、現市長アダムズと2ポイント差、というところまで追い上げた。一方、ロージー事件当日、リッチモンドが自殺を図ったことを知ったアダムズは、出馬中止を発表しないと全国に公表するとリッチモンドに脅しをかけてきた。

  • 第12話 2人の容疑者

    投票前日にリッチモンド議員が衝撃的な告白をしたことが話題となっていた。カジノで見つけた市役所のカードキーの持ち主がリッチモンド陣営の誰かだとわかったリンデンとホールダーはアダムズ市長に取引を持ちかける。一方、スタンの元に妻のミッチが戻ってきた。

  • 第13話 (最終話) 私が知っていること

    カジノの映像に写っていたジェイミーを探すため、結果発表を待つリッチモンド陣営の集会場を訪れたリンデンとホールダー。ジェイミーが殺人事件に関与したことは事実だが、リンデンには気にかかる点が残っていた。一方、スタン一家は思いもよらぬところから事件の真実を知る。

作品詳細

ロージー・ラーセン殺人事件の捜査は続く。次から次へと現れる容疑者、不気味で複雑な人間関係、背後に隠された謎などが緻密に絡んだ巧妙なストーリー展開。26日間の怒涛の展開が遂に終盤を迎える。

殺人課のリンデン刑事はロージー・ラーセンの事件が解決したと思っていた。これでやっとシアトルから旅立てると思っていた矢先、逮捕の決め手となった写真が偽造だということがわかり、ダレン・リッチモンド議員は無罪である可能性がでてきた。パートナーのホールダーとの関係は? ロージー・ラーセン殺人事件の真犯人は見つかるのか? ダレン・リッチモンド議員の将来はどうなる? など、事件捜査は思いもよらない方向へ進んでいく。シーズン2は事件発生から14日目から始まり、26日目までを描いている。

スタッフ

[企画][監督][製作総指揮]ヴィーナ・サド
(C) 2012 American Movie Classics Company LLC. All rights reserved.