• TOP
  • >
  • 海外ドラマ
  • >
  • キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン2

お気に入りに追加

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン2

制作年:2009~2010年/全24話/本編時間:41分

キレイめ刑事×キレモノ作家  スタイリッシュな謎解きに、誰もがハマリ、クセになる!

レンタル料金(税別)

200円/48時間

3840円/30日間

  • 1話ずつレンタル
  • List
  • Grid

第1話   盗まれた死体

街路樹にぶらさがった謎の男__キャッスルの最新作「ニッキー・ヒート:長い酷暑」の出版を控えマスコミが沸き立つ中、街路樹に死んだ男が引っかかっているとの通報が入った。首を絞められた痕から殺人事件と断定したキャッスルとベケット。しかし、2人は微妙な状態に陥っていた。母の死の謎を勝手に探り出したキャッスルに、ベケットは憤慨、絶縁を言い渡していたのだ。そんな最悪な状況下で、男の死体が搬送中に盗まれるという事件も勃発。この不可解な事件を解明すべく、険悪な2人は捜査で競い始めてしまい…。

200円/48時間

第2話   2つの殺人事件

憎しみを顔に刻まれたセラピスト__32歳のセラピスト、アシュリーが勤務先のクリニックで銃殺体となって発見された。顔には憎しみを込めた言葉が書きなぐられ、キャッスルとベケットは怨恨による事件と捜査を開始。一方、殺人課の同僚であるライアンとエスポジートのチームは、同夜発生した別の殺人事件の担当となった。そこでキャッスルは、どちらのチームが先に事件を解決できるか、ライアンたちを賭けに誘う。かつてない強力タッグを組み、捜査に挑むキャッスルとベケットだが、そこには意外な結末が待っていた。

200円/48時間

第3話   新人モデルの悲劇

噴水の光を浴びたモデル__ファッションウィークで盛り上がるNY。街中の噴水から、びしょ濡れで冷たくなった女性の刺殺体が見つかった。遺留品から身元は有名デザイナーに抜擢され、トップモデルも目前だったモデルのジェナと判明した。NYセレブ界に精通していると豪語するキャッスルの案内の下、ベケットたちは野心的なデザイナー、女癖が悪いカメラマン、嫉妬深く陰険なモデル仲間たち、そして夫と、聞き込みを始める。過酷なファッション業界の現実を目の当たりにした2人は、容疑者を断定できず混乱していくが…。

200円/48時間

第4話   殺された詐欺師

北極で銃撃された詐欺師__北極探検を生中継していた探検家フレッチャーが、すさまじい銃声音とともに、いきなり画面から消えた。中継を授業の一環としていた小学校からの通報で、ベケットたちが捜査を始めると、映像の嘘をすぐさま発見。中継現場はNYのアパート、フレッチャーという名前も偽名で、彼は詐欺の常習犯であるとわかった。また、資産家の令嬢と婚約していた事実もつかむと、キャッスルはCIAまで巻き込み調査を敢行するが、次第に自分が詐欺師に翻弄されているような感覚に陥り、苛立ちを募らせる。

200円/48時間

第5話   我が子の秘密

マンホールの暗闇に沈んだ女性__死後2日は経ち、腐敗も進んだ女性の遺体が、マンホールの中から発見されると、キャッスルとベケットは身元確認を急ぎ、捜査を進めた。しかしキャッスルはこの日、エージェントから英国で最高峰のスパイシリーズの執筆依頼が来ていると聞き、複雑な想いを抱えていた。この事件がベケットとの最後の仕事になるかもしれない…。しかもその晩、皮肉なことにベケットをモデルとした最新作「ニッキー・ヒート:長い酷暑」の出版記念パーティーが開かれる。果たしてキャッスルの出す答えは?

200円/48時間

第6話   吸血鬼たちの週末

杭で打ち殺された吸血鬼__吸血鬼の格好をした男性が、心臓に杭を打たれ、墓地で死んでいた。キャッスルは、被害者が吸血鬼マニアのグループのひとりだと断定し、ベケットとともに身元調査に向かった。マニアたちに聞き込みをすると、被害者は“クロウ”と呼ばれたコミック作家であり、“デーモン”という男性の恋人がいると知らされた。また、被害者には意外なトラウマもあることがわかり、2人は事件との関連性を探っていく。同時にベケットは、殺人に興味が尽きないキャッスルのトラウマも解明しようと彼を追及する。

200円/48時間

第7話   ラストソングの秘密

逆さ吊りにされた歌姫__人気ロックバンド“ブルーピル”の元ボーカル、ヘイリーが死んだニュースは、瞬く間にネットを駆け巡った。ひと足早く娘のアレクシスから情報を得たキャッスルは、ベケットからの連絡と同時に現場へと向かった。真っ赤な口紅を乱暴に塗られ、非常階段に逆さに吊るされた姿で発見された彼女は、リハビリ施設を出たばかりの麻薬常習者であり、バンドメンバーと揉め事が絶えない問題児だった。キャッスルは娘からの助言により、彼女の歌に込められた謎を解き、犯人の正体を暴き出していく。

200円/48時間

第8話   1年前の事件の謎

激突死した罪なきメッセンジャー__マンハッタンを駆け抜ける自転車メッセンジャーが、車に激突され即死した。犯人は、メッセンジャーが手にしていた配送中の荷物を奪い、そのまま車で逃走。捜査によると、奪われた荷物は刑務所から、ベケットの上司であるモンゴメリー警部に宛てたものだった。送り主は、10年前にモンゴメリーが逮捕した、女性殺害事件の犯人ブレディーとわかるが、彼もまたその日、刑務所内で殺害されていた。キャッスルとベケットはNYのある資産家一家に目をつけ、事件の再捜査と真相追及を進める。

200円/48時間

第9話   ダントンは誰だ?

ボンネットに叩きつけられた地方検事補__運転中の車のボンネットに突然、男性の死体が落ちてきたと通報があった。目の前のビルの屋上から、被害者の所持品とみられる鞄と片方の靴が見つかり、身元は地方検事補ジャック・バックリーと判明。彼は多数の犯罪者を刑務所に送った実績があり、キャッスルは収監された犯罪者の怨恨による犯行と疑った。しかし、捜査を進めるとバックリーは、売春斡旋業者のボスである“ダントン”という男とトラブルを起こしており、しかも2人は驚くべき関係で結ばれていた事が明らかになる。

200円/48時間

第10話   二重生活の末に

ダストシュートに埋まった二つの顔を持つ男__アパートのダストシュートで、血まみれの男性の遺体が、ゴミの中に埋もれていた。身分証明書によれば、コネチカット州在住のサム・パーカーだった…はずだが、遺体確認に来た妻と婚約者と名乗る女性の出現により、被害者は二重生活を送っていたことが明らかになる。婚約者サラと再就職した会社では、“ジェイク・ホランド”と偽っていたとわかると、キャッスルは再就職先の調査を進める。しかし一方、娘のアレクシスが警察でボランティアを始め、なにかと気になって仕方がない。

200円/48時間

第11話   5つ目の銃弾

真紅の血しぶきで画廊を染めた男__画廊のオーナーであるフィンクが銃殺体で発見された。店内を囲む白い壁には、彼の血が方々に飛び散り、真紅のまだら模様を描いていた。現場には5発分の薬きょうが落ちていたが、銃弾は4つしかみつからず、キャッスルたちは被害者はもう1人いると推測した。後日、記憶喪失の男が画廊付近で保護された。彼の所持品を探ると、5つ目の銃弾がめり込んだ本がみつかった。彼も殺人現場にいたはずだが、記憶を失くした相手に捜査は難航。そこでキャッスルはオーナーの裏の顔を探り始める。

200円/48時間

第12話   元カノの結婚式

結婚式を悪夢で魅せる花嫁付添人__結婚式が行われるホテルで挙式当日、花嫁付添人のソフィーが部屋のクローゼットで死んでいた。現場に向かったキャッスルは、花嫁を見るや言葉を失った。なんと花嫁のキーラは、学生時代につきあっていた昔の彼女だったのだ。いつもと様子の違うキャッスルに気づいたベケットは、事情を聞くとクールな素振りを見せるが、苛立つ気持ちは抑えられない。そんな中、捜査を進めていくと、ソフィーが花婿と関係を持っていたとわかり、ベケットはキャッスルに「キーラを疑っている」と告げる。

200円/48時間

第13話   母親殺しの真相

血の海に浮かぶ用心棒__マンションの一室で男が殺害された。体中30ヶ所もメッタ刺しにされ、床一面は血の海と化し、階下の部屋にまで血は滴り落ちていた。被害者の身元はすぐに判明。ウェスティーズというアイリッシュ・マフィアの用心棒として、名を馳せていたジャック・クーナンだった。ジャックは殺害される直前、麻薬密売に関わる組織をFBIに密告しようとしていた事がわかるが、同時に検視の結果が出ると彼とベケットの母親が同じ犯人に殺害されていたことも判明する。ベケットは捜査から離れようと決意するが…。

200円/48時間

第14話   第3の男

留守宅で逝った見知らぬ男__ダイソン一家が旅行から戻ると、子供部屋のベッドに若い男の遺体が残されていた。被害者は、旅行会社勤務のダグラス・ビショップといい、麻薬を打たれ殺されたことが判明した。現場に残っていたカメラには、留守宅のダイソン家の部屋の数々と、容疑者とおぼしき男の姿も残されてあり、ベケットとキャッスルは写真の男の捜査に乗り出した。間もなくして、男は無断居住の常習犯である新聞配達員ミッキーとわかり、彼を追及すると、別の留守宅でもダグラスと怪しい2人の男を目撃したと言う。

200円/48時間

第15話   スター選手の秘密

バッドで頭を割られたスター選手__キューバから渡米し、メジャー・リーグのスター選手となったカノ・ヴェガが、バッドで殴り殺されていた。野球場のマウンドに倒れていた死体には、ピッチングマシーンの剛球が次々と浴びせられ、その惨い状況から、ベケットとキャッスルは、ヴェガに根深い恨みを持っていた者を容疑者とし、探し出していく。捜査を進めると、彼が高利貸から借金をしていたり、キューバに愛人がいたりと、次々に秘密が明らかになるが、ひょんな事からキャッスルの出生に関わる父の秘密も暴かれていく。

200円/48時間

第16話   ムチと女と殺人

遊具に縛れた甘い香りの女子大生__公園の遊具に下着姿の若い女性の遺体が吊るされていた。現場検証するベケットは、遺体の体に塗りたくられたキャラメルソース、遺体を吊るしたSM用の手枷、そして下着姿から、フェティストの犯行と断定した。手枷が特殊なオーダーメードだった事から、ベケットはキャッスルとボンデージショップに行き、購入した男を突き止める。男は被害者ジェシカの恋人で、彼女は大学院でSMを研究。調査対象はボンデージクラブで働くヴェノム女王と聞き、2人は客を装いクラブへ乗り込むが…。

200円/48時間

作品詳細

全米が大注目し、回を追うごとに記録的高視聴率を生みだしたシーズン2は、キャッスルの昔の彼女も登場する純愛話に加え、出生に関わる秘密や、殺人に興味を持つきっかけとなったトラウマも描かれる。そして遂に、ベケットの母親殺害の犯人に繋がる容疑者も現れ、事件はより複雑に、2人の関係はより深く、ドラマチックに盛り上がる。

スタッフ

[製作総指揮]アンドリュー・W・マーロウ/ロブ・ボウマン

この作品を見た人におすすめ

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン8

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン7

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン6

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン5

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン3

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン1

顔のないスパイ

パーソン・オブ・インタレスト<ファイナル・シーズン>

ホワイトカラー シーズン6

クロッシング・ライン シーズン2

リュック・ベッソン ノーリミット3

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン9

ブロード・チャーチ ~殺意の町~ シーズン1

クロッシング・ライン シーズン1

ホワイトカラー シーズン5

THE FALL 警視ステラ・ギブソン シーズン1

リュック・ベッソン ノーリミット2

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン8

ホワイトカラー シーズン4

最近チェックした作品

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン2



PAGE TOP