お気に入りに追加

探偵はBARにいる

制作年:2011年/本編時間: 125 分

  • PG12

東直己の人気シリーズ<ススキノ探偵シリーズ>が遂に映画化!

レンタル料金/購入料金(税別)

HD(高画質)

400円/48時間

  • テレビ対応

SD(標準画質)

300円/48時間

SD(標準画質)はこちら

HD(高画質)はこちら

作品詳細

探偵はBARにいる

謎の女との接触が呼び寄せた三つの殺人事件-。不可解な事件の真相は?謎の女の正体は?全てが終わる時、探偵を待つものは?日本推理作家協会賞受賞の東直己の人気シリーズ<ススキノ探偵シリーズ>が遂に映画化!原作はシリーズ第二作目の『バーにかかってきた電話』。2011年、新たなるエンターテインメントが誕生する!!

舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が・・・。職業柄、危険の匂いには敏感なはずが、簡単な依頼だと思い引き受け、翌日実行。だがその直後に拉致され、雪に埋められ、半殺しの目に遭ってしまう。怒りが収まらぬ探偵の元に、再び“コンドウキョウコ”から電話が…。その依頼を渋々こなし、自力での報復に動き出した探偵と高田は、知らず知らずのうちに事態の核心に触れていく。その過程で浮かび上がる、沙織(小雪)という謎の美女と大物実業家・霧島(西田敏行)の存在。そして、探偵は4つの殺人事件にぶつかる…。果たして“コンドウキョウコ”は何を目論んでいるのか?事件と事件のつながりは何なのか?探偵と高田は、今日も街を疾走する。そして最後に待つものとは?

スタッフ

[監督]橋本一[製作][脚本]須藤泰司[原作]東直己[脚本]古沢良太[音楽]池瀬広

この作品を見た人におすすめ

探偵はBARにいる3

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

こんな夜更けにバナナかよ

そらのレストラン

パパはわるものチャンピオン

恋は雨上がりのように

東京喰種 トーキョーグール

アイアムアヒーロー

バケモノの子

駆込み女と駆出し男

トワイライト ささらさや

ぶどうのなみだ

青天の霹靂

清須会議

グッモー・エビアン

しあわせのパン

アフタースクール

ブレイブ ストーリー

羊の木

散歩する侵略者

最近チェックした作品

探偵はBARにいる



PAGE TOP

無料会員登録で1000円分ポイントが必ずもらえる!!

閉じる