• トップ
  • >
  • インタビュー特集:ミムラ

ミムラがおすすめする
「正義が揺らぐ映画」

「年間300本以上は映画を見ています」と、口にする女優のミムラさん。その仕事柄というだけでなく、実はミムラさん、新作、大作、B級、C級、Z級と、製作規模やジャンルにこだわらず、興味を持った作品を次々と見ていく、大の映画好きだったのです。
そんな彼女が選んだ至極の1本とは?

イコライザー
『トレーニング・デイ』のデンゼル・ワシントンがアントワーン・フークア監督と再タッグを組み、『キャリー』のクロエ・グレース・モレッツと共演したアクション大作。昼はホームセンターで働き、夜は仕事請負人として世の不正を抹消している男が、ある娼婦を囲うマフィアの非道を知り、警察も介入できない問題を瞬時に解決していく様を描く。
(C) 2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation and Village Roadshow Films North America Inc. / Village Roadshow Films (BVI) Limited All Rights Reserved. レンタルする

お馴染みの映画かと思っていると、ガツンとやられる

この作品は、引退した元諜報員の主人公が街のトラブルを解決していくという、パッと見はとりたてて物珍しい話ではなく、よくあるダークヒーローものです。しかし、お馴染みのパターンの映画かと思っていると、ガツンとやられます。一説によると、諜報員をリタイアした後に大企業に就職したり、ホワイトカラー系の仕事に就くのはほぼ不可能だそうです。それゆえ、本作の主人公がホームセンターでひっそり働いているという設定が妙にリアルに感じられました。現役諜報員の物語か、諜報員をリタイアしたけれど、何かの事件に巻き込まれて諜報活動に戻らざるを得ない、という物語を私たちはよく目にしていると思うのですが、この作品では、リタイアした諜報員の姿をリアルに描きながらも、“現役時代に担っていた職務によるスキル”と、“それに相対する主人公の人格”の2つの要素によって一気に物語性を高め、これまでの元諜報員ものとは一味違う作品になっています。

アクションによって、その説得力はさらに増しています。敢えて主人公に銃を使わせず、臨機応変に、その場にあるものを生かして戦っていく。この地の利を生かしたアクションは、まさに、大人によるホームセンター版『ホームアローン』とも言えますね。それゆえ、痛々しい場面もありますが、これらの闘いを見て彼が現役時代に潜り抜けてきた修羅場の数、その経験値による重みと辛さも見える。こういう細かな心配りが、作品に真実味を与えるのだと思います。主人公がこの先をどう生きていくのか、という終わりかたも個人的に大好きでした。“また元諜報員モノかぁ…”と、若干飽き気味の方でも、楽しんでいただけると思います。

ミムラ

1984年埼玉県生まれ。2003年にドラマ「ビギナー」(フジテレビ)で主演、女優デビュー。映画「わが母の記」、連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(NHK)、「昨夜のカレー、明日のパン」(NHK-BSプレミアム)、舞台「スタンド・バイ・ユー」など、多数のドラマ、映画、舞台、CM、執筆で活躍中。今夏も「一路」(NHK-BSプレミアム)、「放送90年ドラマ経世済民の男『高橋是清』」(NHK)と出演作が続く。

女優・ミムラの初のエッセイ集『文集』、大好評発売中!!
女優ミムラがしたためてきた書評・エッセイ・公式サイト文章に、これまでの出演作について自身の想いを初めて語った100ページを超える書下ろしエッセイを加えた1冊。
なんと、装丁デザインまでディレクションされたとのこと。
創意と熱意に溢れた全376ページ。 1,080円(税込)

クランクイン!ビデオ おすすめ関連作品
~ミムラさんから、ひとくちコメントいただきました~

ヒックとドラゴン
「リロ&スティッチ」のクリス・サンダース&ディーン・デュボア監督が贈る友情と勇気の感動ファンタジー・アドベンチャー・アニメ。ドラゴンとバイキングが互いに憎しみ合い終わりのない戦いを繰り広げていた時代を舞台に、気弱な少年と傷ついたドラゴンの間に芽生えた奇跡の友情と成長の物語を迫力の3D映像で描き出す。
(C) 2010 DreamWorks Animation L.L.C. All rights reserved. レンタルする

ミムラさんコメント
積極的に謳っているわけではないのですが、ドラゴンが傷つけば人も傷つきと、どちらかが幸せではなく、物語の終わり方がフェアなんです。そこに妙に納得し、鑑賞後に自然と考えさせられてしまいます。本当によくできたアニメーションです。

ノーカントリー
第80回アカデミー賞 作品賞ほか4部門を受賞。興奮と緊張に満ち溢れた魅力的で野心的なアクション・スリラー映画。
舞台は、1980年代のテキサス。麻薬密売に絡んだ大金を手にした男が非情な殺し屋に追われるサスペンス。
(C) 2007 by Paramount Vantage, a Division of Paramount Pictures and Miramax Film Corp. All Rights Reserved. レンタルする

ミムラさんコメント
言わずもがなの有名作ですが、とにかく誰もが何かしらの衝撃を受けてしまうと思います。
ハビエル・バルデムが演じる、おかっぱ頭の殺し屋シガーの存在感が別格で、彼が持っている倫理観や正義が貫かれると、何度観ても自分が間違っているのかとソワソワしてきてしまう。そこまで連れて行ってくれる世界観がすごいです。

HOMELAND/ホームランド
米ゴールデングローブ賞&エミー賞作品賞及び主演女優賞をダブル受賞した話題作! 『24』の製作陣が再び仕掛ける衝撃作。CIAのヒロインと“戦争の英雄”の緊迫感溢れる心理戦に全米釘付け!
2011 Showtime Networks/Inc./a CBS Company. All rights reserved. レンタルする

ミムラさんコメント
ぱっと見てわかるような一級どころではなく、渋い脇役などをやられてきた俳優たちが主演を張っているのですが、その演技がとにかく素晴らしい! なかでも、声の質を変えて役に挑んでいる、主演のクレア・デインズの熱演は必見です。

PAGE TOP